849件中 21 - 30件表示
  • 倉敷県

    倉敷県から見た備後国備後国

    倉敷県(くらしきけん)は、1868年(慶応4年)に美作国、備中国、備後国内の幕府領・旗本領を管轄するために明治政府によって設置された県。管轄地域は何度か変遷しているが、現在の岡山県、広島県、香川県に広く分布している。倉敷県 フレッシュアイペディアより)

  • 国分氏 (薩摩国)

    国分氏 (薩摩国)から見た備後国備後国

    国分友員 備後守。弘長2年務京都大番役。【友成之孫・友成―友行―友員】国分氏 (薩摩国) フレッシュアイペディアより)

  • 江木鰐水

    江木鰐水から見た備後国備後国

    江木 鰐水(えぎ がくすい、1811年1月16日(文化7年12月22日) - 1881年(明治14年)10月8日)は、江戸時代後期から明治期の備後福山藩(現広島県)の儒学者、洋学者、開港論者。江木鰐水 フレッシュアイペディアより)

  • 上道斐太都

    上道斐太都から見た備後国備後国

    のち、右兵衛督・中宮大夫・宮内大輔といった京官や、出身地方に近い播磨守・備前守・備中守・備後守などの地方官を歴任、また、天平宝字6年(762年)には淳仁天皇の側近として勅旨の宣布・伝達を行うために中宮院に侍すなど、仲麻呂政権下において地方豪族としては異例の抜擢を受けた。仲麻呂に接近することで昇進を図ったことについては、同じ吉備地方の豪族出身の下道真備(吉備真備)が朝廷ですでに重用されていたことへの対抗意識によるものとも考えられる。なお、仲麻呂政権下では正道を名乗っている。上道斐太都 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯麻呂

    佐伯麻呂から見た備後国備後国

    佐伯 麻呂(さえき の まろ、生年不詳 - 養老7年3月14日(723年4月23日))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族。佐伯東人の子とする系図がある。官位は従四位下・備後守。佐伯麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 菅野佐世

    菅野佐世から見た備後国備後国

    斉衡2年(855年)外従五位下に叙せられる。翌斉衡3年(856年)助教に任ぜられるたのち、明経道の学者として大学助・大学博士などを歴任する一方、備後権介・越前権介など地方官も務めた。またこの間の貞観5年(863年)には、同族の皇太后宮大進・御船彦主や内蔵少属・御船氏柄ら男女6人とともに菅野朝臣に改姓し、貞観10年(868年)従五位上に叙せられている。なお、佐世は儒学者として、以下の活動を行ったことが『六国史』に記載されている。菅野佐世 フレッシュアイペディアより)

  • 備北

    備北から見た備後国備後国

    備後国北部・広島県北東部の地域。奥備後。 ⇒ 備北 (備後国)備北 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯子房

    佐伯子房から見た備後国備後国

    佐伯 子房(さえき の こふさ、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。佐伯良成の子とする系図がある。官位は従五位上・備後権守。佐伯子房 フレッシュアイペディアより)

  • 吉備津神社 (福山市)

    吉備津神社 (福山市)から見た備後国備後国

    吉備津神社(きびつじんじゃ)は、広島県福山市新市町宮内にある神社。備後国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。吉備津神社 (福山市) フレッシュアイペディアより)

  • 広島県道76号神辺大門線

    広島県道76号神辺大門線から見た備後国備後国

    小田県時代(1871年 - 1875年)に小田県庁があった備中笠岡(現?岡山県笠岡市)と備後府中(現?広島県府中市)を結ぶ幹線道として整備するつもりだったが、小田県が岡山県と合併した後、旧備後国が広島県に編入となり頓挫した。広島県道76号神辺大門線 フレッシュアイペディアより)

849件中 21 - 30件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード