849件中 31 - 40件表示
  • 安芸福原氏

    安芸福原氏から見た備後国備後国

    安芸国の国人領主であった毛利元春の五男広世が、縁戚の備後長井氏へ養子に入り、後に内部荘福原を所領としたことか安芸福原氏 フレッシュアイペディアより)

  • 椙杜氏

    椙杜氏から見た備後国備後国

    椙杜氏は大江広元同様朝臣であったが、鎌倉幕府に仕えて問注所初代執事となった三善康信を祖とする。鎌倉時代中期、三善康連は備後国世羅郡太田庄を領して太田氏を称した。建武の新政の後、太田時直は足利尊氏に従って活動し、祖父の太田貞連から周防国玖珂郡椙杜郷の地頭職を譲られた。椙杜氏 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予河野氏の蜂起

    伊予河野氏の蜂起から見た備後国備後国

    平家方である備後国の住人額入道西寂(沼賀高信)が討伐軍として伊予国へ攻め寄せ、通清は翌養和元年初めころ、高縄城で敗死した(通清の戦死は『吉記』によれば養和元年8月)。通清が討たれた時、子の通信は母方の伯父である安芸の奴田次郎のところ(広島県三原市)にいた。伊予河野氏の蜂起 フレッシュアイペディアより)

  • 堅部人主

    堅部人主から見た備後国備後国

    左大史を経て、天平神護3年(767年)外従五位下に叙せられる。神護景雲3年(769年)修理次官を兼ね、称徳朝末の神護景雲4(770年)備後介として地方官に遷る。堅部人主 フレッシュアイペディアより)

  • 大神全雄

    大神全雄から見た備後国備後国

    左大史在職中の貞観4年(862年)弟の良臣とともに真神田朝臣から大神朝臣に改姓する。貞観5年(863年)外従五位下に叙せられる一方、備後介に任ぜられて地方官に転じる。翌貞観6年(864年)但馬介と引き続き地方官を務め、貞観8年(866年)には内位の従五位下に叙爵する。貞観10年(868年)勘解由次官に任ぜられ、京官に復している。大神全雄 フレッシュアイペディアより)

  • 天神山城の戦い

    天神山城の戦いから見た備後国備後国

    こうした状況を打破すべく宇喜多直家は小早川隆景に書状を送り、対して浦上宗景も吉川元春に書状を送ったが、毛利は宇喜多を支援することで決定した。この毛利の決定に反発したのが宇喜多と長年争ってきた備中の三村元親であり、三村との関係を悪化させてまで宇喜多と結ぶ事には吉川元春らが反対したものの小早川隆景・安国寺恵瓊ら賛成派が押し切った。三村元親は天正2年(1574年)8月の時点で既に織田信長から「備中の本領に加えて備後一国を与える」というの条件で調略を受けていたが、毛利が宇喜多と同盟したことにより著しく関係が悪化したに目をつけた大友宗麟の要請で三浦家臣の牧尚春が三村氏に調略を仕掛け毛利との手切れを勧めた。この調略に毛利との関係維持を唱えた三村親成ら一部を除く元親始め三村一門は賛同の意を示し、ついに三村氏は毛利と手切れして織田信長と同盟し、身の危険を感じた親成らは毛利を頼って備中を脱した。三村が毛利から離反した事により宇喜多は三方を敵領に囲まれる事となったが、毛利の対応は迅速であり、同年11月には早くも三村討伐軍を編成し備中に大軍を送り込んだ(備中兵乱)為、三村軍は毛利への対応で手一杯であり、浦上への助けとはならなかった。天神山城の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 松平光長

    松平光長から見た備後国備後国

    裁決の翌年(1680年)、第4代将軍・徳川家綱が死去し、第5代将軍・徳川綱吉の代に至り、綱吉は越後騒動に対し異例の再審議を、これもまた異例の将軍直裁にて行った。綱吉の裁断により高田藩は改易となり、光長は伊予松山藩へ、綱国は備後福山藩に配流され、藩士らにも大量の処分者を出した。また、親戚であり騒動の処理に関わっていた出雲広瀬藩主・松平近栄(3万石→1万5,000石)・播磨姫路藩主・松平直矩(15万石→豊後日田7万石)が連座して処分となった。松平光長 フレッシュアイペディアより)

  • 石川継人

    石川継人から見た備後国備後国

    延暦13年(794年)従五位下に叙爵し、延暦16年(797年)備後守に任ぜられる。大同3年(808年)従五位上・玄蕃頭に叙任される。石川継人 フレッシュアイペディアより)

  • 素盞嗚神社 (福山市新市町戸手)

    素盞嗚神社 (福山市新市町戸手)から見た備後国備後国

    素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は、広島県福山市新市町大字戸手にある神社。式内社で、備後国一宮を称する。旧社格は県社。素盞嗚神社 (福山市新市町戸手) フレッシュアイペディアより)

  • 児玉元茂

    児玉元茂から見た備後国備後国

    天文22年(1553年)、備後国三谿郡の旗返城主・江田隆連が尼子晴久と誼を通じて大内義長から離反したことで、晴久は同年4月に備後国へ侵攻した。5月7日の備後国三上郡高における合戦で、元茂は敵中に一人で乗り込み敵を討ち取った。元就と隆元は元茂の働きを褒め称え、5月9日に一際多くの褒美と感状を与えた。さらに8月3日から備後国三若要害の尼子軍と戦い、10月19日夜に三若要害の尼子軍が夜陰に乗じて脱出しようとしたところを攻撃。この戦闘で元茂は村上孫右衛門を討ち取った。この武功に対し、元就と隆元は10月26日に感状を元茂に与えた。児玉元茂 フレッシュアイペディアより)

849件中 31 - 40件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード