583件中 41 - 50件表示
  • 安国寺恵瓊

    安国寺恵瓊から見た備後国備後国

    しかし義昭が信長からの人質提出を求めるなどしたため交渉は決裂、このとき、恵瓊は義昭が西国に来ないよう要望している。天正4年(1576年)に足利義昭が備後鞆に入り鞆幕府が設立された後も宇喜多直家と結ぶ事をやめて織田信長と結ぶべきと主張していたが受け入れられなかった。安国寺恵瓊 フレッシュアイペディアより)

  • 備後福山藩

    備後福山藩から見た備後国備後国

    福山藩(ふくやまはん)は、主に備後国(広島県東部)南部、備中国南西部周辺を領有した藩。藩庁は福山城(福山市)。石高(表高)は10万石で、阿部家7代藩主阿部正弘から11万石。備後福山藩 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県

    岡山県から見た備後国備後国

    6世紀前半に大和朝廷への臣従したのち、吉備国は勢力抑圧のために備前国、備中国、備後国の3国に分割され、さらには備前国から美作国が分国された。国府は現在の岡山市(備前国)、総社市(備中国)、津山市(美作国)にそれぞれ置かれた。岡山県 フレッシュアイペディアより)

  • 信長包囲網

    信長包囲網から見た備後国備後国

    足利義昭 - 京都より追放され、各地を転々とした後、備後鞆に落ち着く。信長包囲網 フレッシュアイペディアより)

  • 水野氏

    水野氏から見た備後国備後国

    天正3年(1575年)水野信元は佐久間信盛の讒言により信長に武田勝頼への内通を疑われ、徳川氏を頼り逃亡をはかるが、織田信長の命を受けた徳川家康により殺害された(これには織田・徳川両氏の陰謀による水野氏排斥であったとする見方もある)。ここに水野氏は断絶となるが、難を逃れた一族は佐久間信盛が失脚すると再興を許され、水野忠政4男水野忠守は尾張国小河(緒川)の、水野忠政9男水野忠重は刈谷の旧領に復した。宗家を継いだ忠重は織田信雄に仕え、信雄が羽柴秀吉と講和してからは秀吉の家臣となった。秀吉の命令で一時伊勢国神戸に転封されるも、ほどなく刈谷に復し、秀吉の死後は徳川家康に従うが、関ヶ原の合戦直前の1600年に石田三成方の加賀井重望に殺害された。家督を継いだ長男水野勝成と4男水野忠清は共に家康に仕え、勝成は備後福山藩・下総結城藩水野家の祖となり、忠清は駿河沼津藩水野家および上総鶴牧藩水野家の祖となった。また水野忠政4男水野忠守は出羽山形藩水野家の祖であり、さらに水野忠政8男水野忠分の子水野分長と水野重央は、それぞれ安中藩水野家と紀伊新宮藩水野家の祖である。水野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 高山城 (安芸国)

    高山城 (安芸国)から見た備後国備後国

    土肥実平は、源頼朝の元で平家討伐に功績を挙げ、吉備三国(備前・備中・備後)の惣追捕使(守護)に任ぜられた。高山城 (安芸国) フレッシュアイペディアより)

  • 大山道 (鳥取県)

    大山道 (鳥取県)から見た備後国備後国

    大山は古くから人々の信仰を集め、山腹にある大山寺(現鳥取県西伯郡大山町)を中心に、「坊領(ぼうりょう)道」、「尾高(おだか)道」、「溝口(みぞぐち)道」、「横手(よこて)道」、「川床(かわとこ)道」の五つの参詣道が発達した。また、山陽道の人たちも、五穀豊穣を祈願する「奥参り」と称して、出雲大社(現島根県出雲市)、美保関明神(現島根県松江市・旧八束郡美保関町)と共に大山参詣を行っていたため、備前国、備中国、備後国、美作国方面からの道も発達した。大山道 (鳥取県) フレッシュアイペディアより)

  • 灰塚ダム

    灰塚ダムから見た備後国備後国

    「中国太郎」と呼ばれ、中国地方最大の河川である江の川は流域の大部分が山地であり、平地は三次盆地や河口部の江津市などわずかであった。そのわずかな平地に耕地が開発され、人口が集中していった。特に三次盆地は備後北部の交通の要衝であり、江戸時代には広島藩の支藩である三次藩も置かれた。五万石の城下町として発展をしていた三次市であるが、大雨の際には度々洪水による被害を受けていた。これは三次盆地の地形的要因によるものが大きい。灰塚ダム フレッシュアイペディアより)

  • 盆燈籠

    盆燈籠から見た備後国備後国

    ただしその外周地域でもこの風習は知名度が高く、県東部(備後国)の三原市・尾道市・福山市でも寺院や地域によって行っているところもかなりある。県北の三次市や庄原市、さらに島根県内でも同様である。一方で山口県には浸透しておらず、広島都市圏に含まれる山口県東端の岩国市の一部で行われる程度である。広島とつながりの深い愛媛県でも同様に行われていない。盆燈籠 フレッシュアイペディアより)

  • 屯倉

    屯倉から見た備後国備後国

    『日本書紀』安閑天皇元年(532年)に過戸廬城部(あまるべのいほきべ)屯倉が安芸に、翌年には備後国に後城(しつき)・多禰(たね)・来履(くくつ)・葉稚(はわか)・河音(かわと)の各屯倉、婀娜国(あなのくに)に膽殖(いにえ)・膽年(いとし)部屯倉が設置されたことがみえる。屯倉制度は、土地支配でなく、地域民衆の直接支配である。屯倉 フレッシュアイペディアより)

583件中 41 - 50件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード