849件中 41 - 50件表示
  • 大神虎主

    大神虎主から見た備後国備後国

    文徳朝でも引き続き侍医を務める傍ら、斉衡元年(854年)三河掾、斉衡2年(855年)備後介、天安元年(857年)伊予権掾と地方官を兼帯し、斉衡3年(856年)内位の従五位下に叙せられる。また、斉衡元年(854年)には、一族の木並・己井らとともに、神直から大神朝臣へ改姓している。大神虎主 フレッシュアイペディアより)

  • 多賀山通続

    多賀山通続から見た備後国備後国

    多賀山 通続(たがやま みちつぐ)は、戦国時代の武将。多賀山氏は備後山内氏の庶流で、備後国恵蘇郡高野(現在の広島県庄原市高野町)の蔀山城を本拠とした国人。はじめ尼子氏や大内氏に属し、後に毛利氏に属する。多賀山通続 フレッシュアイペディアより)

  • 善道真貞

    善道真貞から見た備後国備後国

    仁明朝では、承和3年(836年)朝臣姓に改姓した後、承和5年(838年)正五位上、承和6年(839年)従四位下と昇進する。承和8年(841年)には皇太子・恒貞親王の東宮学士に任ぜられるが、承和9年(842年)に発生した承和の変により恒貞親王が皇太子を廃されると、真貞も備後権守に左遷される。承和11年(844年)国家に功労のある老臣であるとして仁明天皇が憐れんで、真貞は平安京に呼び戻される。諸学者は当代で『春秋公羊伝』を読解できるのは真貞のみであると言ったことから、この学問が廃れるのを防ぐために、真貞は特に命じられて大学で『春秋公羊伝』の講義を行ったという。翌承和12年(845年)2月20日自宅にて卒去。享年78。最終官位は散位従四位下。善道真貞 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信房 (小幡藩嫡子)

    織田信房 (小幡藩嫡子)から見た備後国備後国

    織田 信房(おだ のぶふさ、元禄16年(1703年)- 享保18年7月9日(1733年8月18日))は、上野小幡藩の第4代藩主・織田信就の長男。通称は仁十郎。官位は従五位下備後守。正室は仙石政明の娘・勝姫(のち離婚)。織田信房 (小幡藩嫡子) フレッシュアイペディアより)

  • 清峯門継

    清峯門継から見た備後国備後国

    淳和朝では昇進の機会がなかったが、天長10年(833年)仁明天皇の即位に伴い内位の従五位下に叙せられる。仁明朝では、駿河介・長門守・典薬頭・備後守・縫殿頭と内外の諸官を歴任した。またこの間、承和3年(836年)に宿禰から朝臣に改姓している。承和13年(846年)正五位下、承和15年(848年)従四位下と仁明朝末に昇進した。清峯門継 フレッシュアイペディアより)

  • 吉備国

    吉備国から見た備後国備後国

    後の令制国では備前国・備中国・備後国・美作国にあたる。吉備国 フレッシュアイペディアより)

  • 山田春城

    山田春城から見た備後国備後国

    弘仁15年(824年)大学に入学し、未成人であったが、講堂の後ろで晋書の聴講に参加したという。のちに、嵯峨上皇が皇子・源明を官吏登用試験に挑ませるために、大学生の学友を求めた際、春城はこれに応じ、春城と源明は同じ部屋で諸子百家を共に学んだという。のちに、勉学の資とするために、丹波権博士の官職を授けられた。承和9年(842年)嵯峨上皇が崩御し春城は悲嘆に暮れるが、春城の本業を遂げさせるために、仁明天皇は春城に校書殿に侍することを命じ、朝廷で保管している書籍を閲覧させるとともに、日々の生活のために内蔵寮の物資を与えたという。備後少目・備中権少目を経て、承和12年(845年)対策に及第し、翌承和13年(846年)少外記に任ぜられる。山田春城 フレッシュアイペディアより)

  • 布野崩れ

    布野崩れから見た備後国備後国

    布野崩れまたは府野崩れ(ふのくずれ)は、天文13年(1544年)7月28日に、備後国比叡尾山城(広島県三次市)に攻め寄せた尼子軍を、大内軍(毛利氏・三吉氏)が迎え撃った戦い。毛利元就の命令で出陣した毛利軍は敗北するが、翌日に三吉軍が油断していた尼子軍を奇襲で破ったため、大内軍の勝利となった。布野崩れ フレッシュアイペディアより)

  • 村上吉充 (3代)

    村上吉充 (3代)から見た備後国備後国

    村上吉充(むらかみよしみつ)は、15世紀後半の備後の武将。因島村上氏の3代当主。新蔵人。吉光。義光。2代当主村上吉資の子で4代当主村上吉直、村上吉房の父。曽孫にあたる6代当主村上又三郎吉充と同名のため3代をつける。村上吉充 (3代) フレッシュアイペディアより)

  • 備中国

    備中国から見た備後国備後国

    7世紀後半に、吉備国を備前国、備中国、備後国に三分して設けられた。はじめのうち、吉備道に属する一国とされたらしく、吉備道中国(きびのみちのなかつくに)と書いた木簡が見つかっている。また平安時代の『和名類聚抄』でも、備中国の和訓を「きびのみちのなかつくに」としている。備中国 フレッシュアイペディアより)

849件中 41 - 50件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード