583件中 51 - 60件表示
  • 山名豊頼

    山名豊頼から見た備後国備後国

    推定永正10年(1513年)2月10付『萩藩閥閲録』所収「山名豊頼書状」によれば山名誠豊の意向を備後国人・杉原氏に取り次いでいることから、山名致豊との強いつながりがあった兄・豊重と同様に但馬惣領家の強い影響下に置かれていたようである。山名豊頼 フレッシュアイペディアより)

  • 大庭景兼

    大庭景兼から見た備後国備後国

    同年に備後国の地頭に任じられている景連は、その兄弟か子息、あるいは近親者と思われる。大庭景兼 フレッシュアイペディアより)

  • 平信基

    平信基から見た備後国備後国

    その後審議を経て、備後国へ流罪となる。文治5年(1189年)には赦免されて帰京するが、その後は任官せず蟄居生活を送った。弟の信季の子親輔を養子として後を継がせたが、その子孫は後世において西洞院家、平松家、交野家など数家に分かれて繁栄した。平信基 フレッシュアイペディアより)

  • 新・忠臣蔵

    新・忠臣蔵から見た備後国備後国

    浅野家赤穂藩藩主浅野内匠頭が備後国三次藩浅野家の息女阿久里を正室として迎えるところから始まり、元禄赤穂事件までのエピソードを描いている。新・忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 山名持熙

    山名持熙から見た備後国備後国

    永享9年(1437年)7月11日、大覚寺義昭が大覚寺を出奔する事件が起きるが、この時、持熙が義昭に従っていたという噂が流れる。また、義昭の叛乱に「山名宮内少輔」が味方しているという噂も流れた。そして、噂通り持熙は挙兵し、7月25、26日に山名氏分国の一つ備後国へ乱入、国府城に立て籠もった。しかし、持豊の軍勢に敗れ持熙は討死、7月30日に首級は京都へ送られた。山名持熙 フレッシュアイペディアより)

  • 宮の前廃寺跡

    宮の前廃寺跡から見た備後国備後国

    宮の前廃寺は、その名のとおり仏教寺院として存続しておらず、神社の境内に位置している。かつては「海蔵寺」の名の寺院であったといわれ、「日本霊異記」にある「深津市」、「法隆寺伽藍縁起并流記資財帳」にみる「深津荘」などの文献にある集落付近に建立されていたと考えられている。これは当地が備後国の国府の外港として栄えていた深津湾岸(近世までの郡名は「深津郡」)の港が存在していたとされており、律令時代の貴重な遺跡といえる。宮の前廃寺跡 フレッシュアイペディアより)

  • 備北 (備中国)

    備北 (備中国)から見た備後国備後国

    備北とは、広島県北東部、備後国北部、さらに両地域を合わせた意味でも使われる。備北 (備中国) フレッシュアイペディアより)

  • 山名豊重

    山名豊重から見た備後国備後国

    永正9年(1512年)11月21日、備後守護代還補の件を備後国人・上山加賀守に告げたのが史料上で確認される最後の姿である。山名豊重 フレッシュアイペディアより)

  • 乳団子

    乳団子から見た備後国備後国

    現在では広島県東部を代表する土産菓子のひとつであり、庄原市周辺だけでなく、福山市や広島市のデパート等でも販売されている。またRCCラジオやHFMでも、「備後名物・乳団子」としてCMもしばしば流れ、広島県民にその知名度も高い。乳団子 フレッシュアイペディアより)

  • 和智誠春

    和智誠春から見た備後国備後国

    和智 誠春(わち まさはる、 - 永禄11年(1568年))は、備後の国人和智氏の当主。父は和智豊郷で子は和智元郷。湯谷久豊は弟。妻は毛利氏家臣の福原広俊の娘。和智誠春 フレッシュアイペディアより)

583件中 51 - 60件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード