849件中 51 - 60件表示
  • 水野氏

    水野氏から見た備後国備後国

    忠重の跡を継いだ長男水野勝成は、若い頃は乱暴者であったが知勇に秀で、特に大坂夏の陣では抜群の軍功をあげ備後福山藩10万石を有する大名となった。水野氏 フレッシュアイペディアより)

  • 卜部平麻呂

    卜部平麻呂から見た備後国備後国

    天安2年(858年)神祇権大佑に任ぜられ宮主を兼ね、貞観8年(866年)三河権介を経て、貞観10年(868年)内位の従五位下に叙位。こののち、備後介・丹波介と清和朝後半以降は地方官を歴任するとともに、真雄から平麻呂に改名している。卜部平麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 上原元将

    上原元将から見た備後国備後国

    上原 元将(うえはら もとすけ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。上原氏は元々備後国の国人で、後に毛利氏に属する。毛利元就の娘婿。上原元将 フレッシュアイペディアより)

  • 源行家

    源行家から見た備後国備後国

    寿永2年(1183年)、義仲とともに入京、後白河院の前では義仲と序列を争い、相並んで前後せずに拝謁した。朝議の結果、勲功の第一が頼朝、第二が義仲、第三が行家という順位が確認され、従五位下・備後守に叙任されるが、義仲と差があるとして不満を述べ、すぐに備前守に遷任する。更に平家没官領のうち90か所余りを与えられている(『延慶本平家物語』)。山村育ちで無骨な義仲が法皇や貴族達の不興を買う一方、近畿育ちで弁舌が立つ行家は院内にいりびたり、法皇の双六の相手などをして取り入った。しかしほどなく義仲とも不和となり、身の危険を感じて、平家討伐に名を借りて京を脱出。播磨国で平知盛・重衡軍との室山の戦いでまたしても敗北を喫し、河内国の長野城へ立て籠もったが、そこでも義仲が派遣した樋口兼光に敗れて紀伊国の名草へ逃げ込んだ。生来交渉力があり、扇動者としての才と権謀術数に長けてはいたが、軍略面での才能には乏しかったようである。源行家 フレッシュアイペディアより)

  • 楢崎信景

    楢崎信景から見た備後国備後国

    楢崎 信景(ならさき のぶかげ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。備後国芦田郡久佐の朝山二子城(楢崎城)を本拠とした国人・楢崎氏の当主。後に毛利氏の家臣となる。楢崎信景 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部正桓

    阿部正桓から見た備後国備後国

    阿部 正桓(あべ まさたけ、嘉永4年12月29日(1852年1月20日) - 大正3年(1914年)8月19日)は、備後福山藩の第10代(最後の)藩主。阿部家宗家14代。阿部正桓 フレッシュアイペディアより)

  • 上山重広

    上山重広から見た備後国備後国

    上山 重広(かみやま しげひろ)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。毛利氏と同族の長井氏の庶流であり、備後国世羅郡上山郷を本拠とした国人・上山氏の当主。初め大内氏に属し、後に毛利氏家臣となる。上山重広 フレッシュアイペディアより)

  • 上山元忠

    上山元忠から見た備後国備後国

    上山 元忠(かみやま もとただ)は、戦国時代から安土桃山時代の武将。毛利氏と同族の長井氏の庶流であり、備後国世羅郡上山郷を本拠とした国人・上山氏の当主。毛利氏家臣。上山元忠 フレッシュアイペディアより)

  • 保命酒

    保命酒から見た備後国備後国

    保命酒は大坂の医師中村吉兵衛が考案した薬用酒で万治2年(1659年)に備後国鞆で製造を始め代々中村家が独占的に製造・販売を行っていた。明治時代になると複数の業者が類似の酒を製造し保命酒として販売し始め、現在は4社が製造を行っている。中村家の保命酒は製造法を門外不出としたまま明治時代に廃業したことなどから、近年まで正確な成分は不明となっていたが、2006年に中村家の古文書から保命酒の製法についての記述が見つかり、地黄、当帰など13種類の生薬が用いられていたことが明らかになった。このため、保命酒の正式名称とされる「十六味地黄保命酒」はこれに醸造成分の焼酎、もち米、麹を加えて16味としていたことになる。保命酒 フレッシュアイペディアより)

  • 備後福山藩

    備後福山藩から見た備後国備後国

    福山藩(ふくやまはん)は、主に備後国(広島県東部)南部、備中国南西部周辺を領有した藩。藩庁は福山城(福山市)。石高(表高)は10万石で、阿部家7代藩主阿部正弘から11万石。備後福山藩 フレッシュアイペディアより)

849件中 51 - 60件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード