583件中 61 - 70件表示
  • 生口景守

    生口景守から見た備後国備後国

    生口 景守(いくち かげもり、生没年不詳)は、戦国時代の武将で河野氏に仕え、後に小早川水軍の一翼を担った水軍衆。刑部丞。通称・孫三郎。備後国茶臼山城もしくは俵崎城(出城とも)を居城とした。生口景守 フレッシュアイペディアより)

  • 頭崎城

    頭崎城から見た備後国備後国

    天文9年(1540年)、大内義隆の命を受けた毛利元就がこの高屋保へと進出、頭崎城を攻略した。敗れた興貞は出家して、平賀氏の家督は興貞の嫡子である隆宗が相続した。平賀隆宗は大内方として活躍するが、天文18年(1549年)に備後国神辺城を攻撃中に死去した。祖父の平賀弘保は家督を平賀広相に継がせようと考えたが、大内義隆の策謀によって平賀氏の家督は小早川氏庶流の義隆の寵童が改名して相続し、平賀隆保と名乗った。頭崎城 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部氏 (徳川譜代)

    阿部氏 (徳川譜代)から見た備後国備後国

    宗家 - 武蔵国鳩ヶ谷藩(0.5万石→1万石)→上総国大多喜藩(3万石)→相模国小田原藩(5万石)→武蔵国岩槻藩(5.5→9.9万石)→丹後国宮津藩9.9万石→下野国宇都宮藩10万石→備後国福山藩(10→11万石)阿部氏 (徳川譜代) フレッシュアイペディアより)

  • 光崎検校

    光崎検校から見た備後国備後国

    門弟の一人に備後国の葛原勾当(八重崎検校の門人でもある)がおり、中国系地歌箏曲の元となった。光崎検校 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予河野氏の蜂起

    伊予河野氏の蜂起から見た備後国備後国

    平家方である備後国の住人額入道西寂(沼賀高信)が討伐軍として伊予国へ攻め寄せ、通清は翌養和元年初めころ、高縄城で敗死した(通清の戦死は『吉記』によれば養和元年8月)。通清が討たれた時、子の通信は母方の伯父である安芸の奴田次郎のところ(広島県三原市)にいた。伊予河野氏の蜂起 フレッシュアイペディアより)

  • 鞆ノ平武右衛門

    鞆ノ平武右衛門から見た備後国備後国

    鞆ノ平 武右衛門(とものひら たけえもん、嘉永2年9月18日(1849年11月2日) - 明治34年(1901年)11月25日)は、備後国沼隈郡鞆(現在の広島県福山市)出身で雷部屋(入門時は玉垣部屋、大坂相撲では湊部屋)所属の明治時代に活躍した元大相撲力士。本名は、村上武右衛門(むらかみ たけえもん)。現役時代の体格は身長170cm、体重96kg。得意手は左四つ、寄り。最高位は関脇。鞆ノ平武右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 卜部平麻呂

    卜部平麻呂から見た備後国備後国

    天安2年(858年)神祇権大佑に任ぜられ宮主を兼ね、貞観8年(866年)三河権介を経て、貞観10年(868年)従五位下に叙位。こののち、備後介・丹波介と地方官を歴任した。元慶5年(881年)12月5日死去。享年75。最終官位は従五位下行丹波介。卜部平麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 堀井氏

    堀井氏から見た備後国備後国

    新潟県に住む人の家に伝わる古文書には、次のような記載がある。「堀井氏、京都北野社社家。宇多皇帝敦実親王十二代孫源広綱の後裔。尚大和国、備後国、丹波国にもこの氏が住んでいる。」堀井氏 フレッシュアイペディアより)

  • 吉松十左衛門

    吉松十左衛門から見た備後国備後国

    吉松 十左衛門(よしまつ じゅうざえもん、生没年未詳)は、戦国時代の武将。長宗我部氏の家臣。諱は光久(みつひさ)。通称は十左衛門。父は吉松光義。正室は長宗我部元親の娘。子に光勝。備後守。吉松十左衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 四方田氏

    四方田氏から見た備後備後国

    四方田氏(よもだし、よもたし)とは、平安時代から鎌倉時代にかけて武蔵国で群雄割拠した武蔵七党の一角を占める武士団にして最大勢力を有した児玉党を構成する氏族。庄氏より分派した氏族で、庄二郎弘高(児玉党本宗家4代目庄太夫家弘の次男)が四方田に住み、四方田二郎弘高を名乗った事から始まる。四方田二郎弘高は源頼朝に仕え奥州征伐に従い、その功績により備後御調本北条の地頭となる。『吾妻鏡』にも弘高をはじめ、四方田氏一族の名が見える(『吾妻鏡』には、四方田三郎弘長として記されているが、諸々の研究から二郎弘高の誤記と考えられる)。四方田氏 フレッシュアイペディアより)

583件中 61 - 70件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード