849件中 61 - 70件表示
  • 稲生正令

    稲生正令から見た備後国備後国

    稲生 正令(いのう まさよし、享保20年(1735年)- 享和3年(1803年))は、江戸時代中期の武将。備後国三次の住人、のち安芸国広島藩藩士。通称は武太夫、のちに忠左衛門と改める。幼名は平太郎。寛延2年(1749年)の体験に基づくという『三次実録物語』を著す。稲生正令 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野長治

    浅野長治から見た備後国備後国

    浅野 長治(あさの ながはる、1614年5月4日(慶長19年3月26日) - 1675年2月13日(延宝3年1月19日))は、江戸時代前期の大名。備後三次藩初代藩主。正室は常陸笠間藩主浅野長重の娘。通称は又六郎(またろくろう)。官位は従五位下因幡守。浅野長治 フレッシュアイペディアより)

  • 毛利隆元

    毛利隆元から見た備後国備後国

    本姓は大江氏。家系は大江広元の四男・毛利季光を祖とする国人領主・毛利氏。周防・長門・安芸・備後・備中守護職として、毛利氏による中国地方支配を正当かつ盤石なものとした。官位は従四位下・大膳大夫。贈正三位。毛利隆元 フレッシュアイペディアより)

  • 山名氏

    山名氏から見た備後国備後国

    時氏から惣領を継いだ長男の山名師義は丹後・伯耆、次男の義理は紀伊、3男の氏冬は因幡、4男の氏清は丹波・山城・和泉、5男の時義は美作・但馬・備後の守護となった。師義の3男の満幸は新たに播磨の守護職も得ている。全国66か国のうち11か国で山名氏が守護領国となり「六分一殿」と呼ばれた。山名氏 フレッシュアイペディアより)

  • 芸予諸島

    芸予諸島から見た備後国備後国

    芸予諸島は広島県本土(本州)と愛媛県本土(四国)の間に位置する。広島県(旧備後国を含む)呉市から東の島すべてと、愛媛県旧越智郡島嶼部および若干の付属島嶼、大小数百の島から成る。目安としては、東端が広島県福山市鞆の浦と愛媛県今治市を結ぶ線、西端が能美島・倉橋島までで狭義においては広島湾内は含まない。西に防予諸島、東に笠岡諸島がある。かつては下蒲刈島から大崎上島・大三島の周辺のみの狭いエリアを芸予諸島と呼ぶことがあった。また、芸備群島の一部と備後群島・走島群島は厳密に言えば旧備後国に属しており、かつてはこれを含めない場合があった。芸予諸島 フレッシュアイペディアより)

  • 和智誠春

    和智誠春から見た備後国備後国

    和智 誠春(わち まさはる)は、戦国時代の武将。備後国の国人で、毛利氏の家臣となる。和智誠春 フレッシュアイペディアより)

  • 国府八幡宮

    国府八幡宮から見た備後国備後国

    備後国:府中八幡神社 (広島県府中市出口町)国府八幡宮 フレッシュアイペディアより)

  • 南淵永河

    南淵永河から見た備後国備後国

    大同4年(809年)嵯峨天皇の即位に伴い民部少丞に任ぜられ、弘仁4年(813年)従五位下・但馬介に叙任される。民部少輔・治部少輔・備後守を経て、弘仁10年(819年)従五位上・権左少弁に叙任されると、弘仁11年(820年)右近衛少将に右中弁、弘仁12年(821年)には正五位下・左中弁に蔵人頭を兼ねるなど嵯峨朝後半は文武の要職を歴任した。しかし、弘仁13年(820年)蔵人頭の官職を解かれている。南淵永河 フレッシュアイペディアより)

  • 南天山城

    南天山城から見た備後国備後国

    南天山城(なんてんざんじょう)は備後国三谿郡(現・広島県三次市吉舎町)にあった日本の城(山城)。吉舎の市街地と馬洗川を隔ててすぐ西のところに位置する、南天山に広がって残り、戦国時代のこの地方を代表する本格的なものである。南天山城 フレッシュアイペディアより)

  • 比叡尾山城

    比叡尾山城から見た備後国備後国

    比叡尾山城(ひえびやまじょう)は、備後国三吉郷(現広島県三次市畠敷町)にあった日本の城である。備後国の国人領主三吉氏が拠点とした。比叡尾山城 フレッシュアイペディアより)

849件中 61 - 70件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード