849件中 71 - 80件表示
  • 三吉隆亮

    三吉隆亮から見た備後国備後国

    三吉 隆亮(みよし たかすけ、生年不詳 - 天正16年(1588年))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。備後国の三次盆地東方の比叡尾山城を本拠とする国人・三吉氏の当主。はじめは大内氏に属し、後に毛利氏の家臣。三吉隆亮 フレッシュアイペディアより)

  • 福山藩の辻堂

    福山藩の辻堂から見た備後国備後国

    福山市、府中市、尾道市、井原市などの備後南部及び備中南部隣接地域を中心に多くみられる。三原市以西には殆ど見られない。2017年現在最も多く存在するのは福山市で250-260か所程が残っているが、次第に数は減ってきている。例えば福山市熊野町地区には、江戸中期の1700年に17カ所の辻堂があったが明治時代には15か所に減り、2015年現在では7カ所を残すのみとなっている。1996年の中国地方9県の534教育委員会を対象とした調査では、広島県の半数を超える市町村で辻堂の存在が確認されており、岡山県と島根県でも半数近い市町村に存在するとされる。一方、山口県や愛媛県では少なく1/3程度の自治体にしか見当たらない。徳島県、高知県では2割にも満たない自治体でしか見られず、中でも香川県は少なく8.6%の自治体にしか存在しない。江戸時代の地域区分で検討すると、備後地区に相当する地区では9割の自治体に、備中地区に相当する地区では8割の自治体に辻堂が存在し、これらは江戸初期の水野藩の領地だった地区と一致する。福山藩の辻堂 フレッシュアイペディアより)

  • 三吉致高

    三吉致高から見た備後国備後国

    三吉 致高(みよし まさたか、生没年不詳)は、戦国時代の武将。備後国の三次盆地東方の比叡尾山城を本拠とする国人・三吉氏の当主。はじめは山名氏、のちに大内氏、さらに尼子氏に属し、毛利氏の家臣。三吉豊高の長男。三吉致高 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原滋望

    藤原滋望から見た備後国備後国

    藤原 滋望(ふじわら の しげもち、生没年不詳)は、平安時代中期の貴族。名は滋茂とも記される。藤原式家、参議・藤原忠文の子。官位は従五位上・備後守。藤原滋望 フレッシュアイペディアより)

  • 尼子晴久

    尼子晴久から見た備後国備後国

    尼子 晴久(あまご はるひさ)は、戦国時代、出雲国の戦国大名、出雲・隠岐・備前・備中・備後・美作・因幡・伯耆の守護大名。尼子経久の嫡孫に当たる。山陰山陽十一カ国のうち、八カ国を領域に置いた。また大内、毛利両軍をよく制した。八カ国守護とも言われる。尼子晴久 フレッシュアイペディアより)

  • 水野勝貞

    水野勝貞から見た備後国備後国

    水野 勝貞(みずの かつさだ、寛永2年6月28日(1625年8月1日)- 寛文2年10月29日(1662年12月9日)は、備後福山藩の第3代藩主。水野宗家3代。水野勝貞 フレッシュアイペディアより)

  • 福山藩の砂留

    福山藩の砂留から見た備後国備後国

    福山藩の砂留(ふくやまはんのすなどめ)は、江戸時代に福山藩が藩内の備後地方、現在の広島県福山市に普請した砂防堰堤である。福山藩の砂留 フレッシュアイペディアより)

  • 水野勝岑

    水野勝岑から見た備後国備後国

    水野勝岑(みずの かつみね、元禄10年2月10日(1697年3月2日) - 元禄11年5月5日(1698年6月12日))は、江戸時代の譜代大名。備後福山藩の第5代藩主。水野宗家5代。水野勝岑 フレッシュアイペディアより)

  • 山口佐美麻呂

    山口佐美麻呂から見た備後国備後国

    山口 佐美麻呂(やまぐち の さみまろ、生没年不詳)は、奈良時代の貴族。名は沙弥万呂・沙美万呂とも記される。正六位上・山口田主の子。官位は従五位下・備後介。山口佐美麻呂 フレッシュアイペディアより)

  • 尼子経久

    尼子経久から見た備後国備後国

    永正9年(1512年)、備後国人の大場山城主・古志為信の大内氏への反乱を支援している。この時期に次男の尼子国久は細川高国から、3男の塩冶興久は大内義興から偏諱を受けており、両者との関係を親密にしようとしていたものと思われる。尼子経久 フレッシュアイペディアより)

849件中 71 - 80件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード