583件中 71 - 80件表示
  • おばりよん

    おばりよんから見た備後国備後国

    また、備後国の比婆郡地方(現・広島県庄原市)では「おいがかり」といって、歩いている人の背後に覆いかかってくる妖怪が伝わっているが、これもおばりよんの一種と考えられている。おばりよん フレッシュアイペディアより)

  • 白山城 (安芸国)

    白山城 (安芸国)から見た備後国備後国

    白市は江戸時代に入ると、交通の要衝として栄え、元和3年(1617年)に牛馬市が開かれるようになると、その発展を加速させた。この白市の牛馬市は中国地方の三大市と呼ばれ、伯耆国大山、備後国久井とともに、明治から昭和の戦前にかけて大いに賑わった。白山城 (安芸国) フレッシュアイペディアより)

  • 承応の変

    承応の変から見た備後国備後国

    牢人の別木庄左衛門が、同士数人とともに徳川秀忠夫人崇源院の27回忌が増上寺で営まれるのを利用し、放火して金品を奪い、老中を討ち取ろうと計画した。しかし、前年に起こった慶安の変同様に仲間の1人が老中松平信綱に密告したため、別木庄左衛門らが捕らえられ、処刑された。備後福山藩士で軍学者の石橋源右衛門も、計画を打ち明けられていながら幕府に知らせなかったという理由で、ともに磔刑に処せられている。また、老中阿部忠秋の家臣である山本兵部が別木庄左衛門と交際があったということで、同僚である松平信綱は忠秋に山本の切腹を命じた。承応の変 フレッシュアイペディアより)

  • 小早川扶平

    小早川扶平から見た備後国備後国

    小早川 扶平(こばやかわ すけひら)は、戦国時代の武将。安芸・備後の国人領主。沼田小早川氏の当主。小早川扶平 フレッシュアイペディアより)

  • 小早川敬平

    小早川敬平から見た備後国備後国

    明応2年(1493年)に帰国した後は、幕府との関係を後ろ盾にして備後などに勢力を拡大する一方で、奉行制度を確立するなどして戦国時代における小早川氏の基礎を築き上げた。明応8年(1499年)4月17日に死去。享年48。跡を長男の扶平が継いだ。小早川敬平 フレッシュアイペディアより)

  • 小早川弘景 (二代)

    小早川弘景 (二代)から見た備後国備後国

    この頃の小早川氏は沼田・竹原両家に分裂しており、その対立は根深いものがあった。応仁元年(1467年)から始まる応仁の乱では沼田小早川氏と袂を分かち、西軍に味方する。文明5年(1473年)、沼田小早川氏当主の小早川煕平が死去すると、西軍の大将足利義視は、煕平の所領を弘景に与える御内書を発した。これを口実に安芸・備後国境付近の西軍の主力として、沼田小早川氏の本拠である高山城を攻撃した。小早川弘景 (二代) フレッシュアイペディアより)

  • 帝釈川ダム

    帝釈川ダムから見た備後国備後国

    この地域は帝釈峡と呼ばれる中国地方を代表する峡谷が形成されている。本来カルスト台地であった所が長い歳月を経て帝釈川に浸食され、石灰岩による断崖絶壁や奇岩を形成した。ダム建設中の1923年(大正12年)には文化財保護法に基づく国指定の名勝に、「帝釈川の谷」として指定されている。さらに1963年(昭和38年)には比婆道後帝釈国定公園に指定され、以後現在に至るまで備後地域の主要な観光地として年間約70万人の観光客を集めている。帝釈川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 矢野温泉

    矢野温泉から見た備後国備後国

    矢野温泉(やのおんせん)は、広島県府中市上下町(旧国備後国)にある温泉。矢野温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 長尾一勝

    長尾一勝から見た備後国備後国

    1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの後、福島正則が安芸国に入ると、備後国東城五品嶽城主となった。長尾一勝 フレッシュアイペディアより)

  • 仁木義長

    仁木義長から見た備後国備後国

    尊氏が室町幕府を開いて初代将軍となると、義長は京都に上り、備後・遠江・伊勢・伊賀・志摩等の守護や侍所頭人などを歴任した。仁木義長 フレッシュアイペディアより)

583件中 71 - 80件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード