583件中 81 - 90件表示
  • 大神虎主

    大神虎主から見た備後国備後国

    承和2年(835年)左近衛医師に任ぜられ、のち侍医に転じた。承和15年(848年)外従五位下に叙せられ、斉衡元年(854年)三河掾、斉衡2年(855年)備後介の兼務を経て、斉衡3年(856年)従五位下に叙爵。また、斉衡元年(854年)には、一族の木並・己井らとともに、神直から大神朝臣へ改姓している。天安元年(857年)伊予権掾を兼ねる。大神虎主 フレッシュアイペディアより)

  • 井上春策因碩

    井上春策因碩から見た備後国備後国

    井上春策因碩(いのうえ しゅんさくいんせき、安永3年(1774年) - 文化7年(1810年)5月8日)は、江戸時代の囲碁棋士で、家元井上家九世井上因碩。備後国出身、七段上手。元の姓は佐藤。本因坊元丈、安井知得仙知、林元美ら同世代で拮抗し、最も早く家督を継いだが、病弱だったとされ、37歳で夭逝した。井上春策因碩 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原季通

    藤原季通から見た備後国備後国

    藤原 季通(ふじわら の すえみち、生没年未詳)は平安時代末期の廷臣、歌人。権大納言藤原宗通の三男。母は六条修理大夫藤原顕季の女。同母兄弟に伊通(太政大臣)、成通、重通らがある。正四位下、左少将、備後守、肥後守。藤原季通 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦正俊

    三浦正俊から見た備後国備後国

    三浦 正俊(みうら まさとし、生年不詳 - 1565年(永禄8年))は、戦国時代の武将。今川氏の家臣。内匠助、備後守を名乗る。真俊は子。三浦正俊 フレッシュアイペディアより)

  • 白井賢胤

    白井賢胤から見た備後国備後国

    天文22年(1553年)、備後国旗返城の領有問題を契機に陶氏と毛利氏の関係が決定的に悪化。天文23年(1554年)同年5月には居城の仁保島城が毛利軍によって攻撃され、賢胤は府中出張城に逃亡。9月には折敷畑の戦いで陶家臣宮川房長が毛利元就の奇襲で討死する大敗を喫する。白井賢胤は大内水軍の主力として仁保島城奪回を目指し攻撃するも、仁保島城将香川光景に撃退された。白井賢胤 フレッシュアイペディアより)

  • 赤川氏

    赤川氏から見た備後国備後国

    相模国の御家人であった小早川氏当主小早川茂平の子小早川忠茂は父から信濃国赤川の所領を贈与され、その子の政忠の時に在名を取り赤川と称した。これが赤川氏の発祥である。赤川忠政の代に毛利時親の家臣となって、その安芸国下向に追従した。もしくは室町時代初期の応永15年(1408年)に室町将軍足利義満の命によって、下野国那須郡佐々山城から備後国に転封され、青嶽山に青影城を築城したともされる(庄原市教育委員会ではこの説を採用している)。赤川氏 フレッシュアイペディアより)

  • 森下博

    森下博から見た備後国備後国

    備後国沼隈郡鞆町(現広島県福山市鞆町)に沼名前神社の宮司の長男として生まれる。しかし父は宮司を辞め煙草の製造販売に転業。博も9歳の時、学校を辞めさせられ煙草商に見習奉公に出された。満足に学校に通うことも出来なかったが、奉公先近くの学校の先生の勧めで『學問ノスヽメ』など福澤諭吉の著書を読み大きな感銘を受けた。森下博 フレッシュアイペディアより)

  • 三吉氏

    三吉氏から見た備後国備後国

    12世紀に兼範が近江国から備後国三吉郷に下向、その子兼宗が三吉大夫と称し、三吉氏の初代となった。比叡尾山城を拠点とし、国人領主として備後国内で勢力を拡大していった。三吉氏 フレッシュアイペディアより)

  • 一色藤長

    一色藤長から見た備後国備後国

    元亀4年(1573年)に足利義昭が織田信長によって京を追放され、備後鞆へ移った際は、これに同行せず、細川藤孝を頼っている。以後の動静の記録は、細川家で催された能会に出席したことに関する記述が大半で、合戦の参加記録などはない。後になって義昭のもとへ挨拶へ向かっている。一色藤長 フレッシュアイペディアより)

  • 南天山城

    南天山城から見た備後国備後国

    南天山城(なんてんざんじょう)は備後国三谿郡(現・広島県三次市吉舎町)にあった山城。南天山城 フレッシュアイペディアより)

583件中 81 - 90件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード