前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示
  • 備後国

    備後国から見た備中国

    吉備国を備前国(後に美作国も再分割)、備中国、備後国に三分して設けられ、はじめのうちは吉備道に属する一国と考えられる。藤原宮からでた木簡に吉備後と表記したものがある。平安時代の『和名類聚抄』は、備後国を「きびのみちのしりのくに」と読む。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た安芸国

    1府県に1社が基本である「指定護国神社」が、特例で旧備後国と旧安芸国各々1社ずつ創建されており、今なお続く広島県を二分する帰属意識が住民にはあったと見られる。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た広島市

    福山市、府中市、尾道市等は、広島市とは別の独立した経済圏域を形成し、旧吉備国の岡山県とのつながりも今でも密である。また、神石郡や庄原市東部(東城町等)は岡山県北西部と繋がりがとても強いが三次市、庄原市西部の備後地方北部一帯は交通網の関係で広島市や島根県石央地方との結びつきも強い。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た豊前国

    江戸時代には、有力外様大名がひしめく山陽道に睨みをきかす意味で備後国南東部と備中国南西部の一部に備後福山藩が置かれ、初代の水野勝成をはじめとする有力譜代大名や徳川一門が藩主を勤めた。尾道は安芸広島藩領の港町として栄えた。三原には安芸広島藩の支城が設けられ代々広島藩筆頭家老の浅野家が城主を務めた。三次にも当初、安芸広島藩の支藩があったが取り潰された。後に一部は豊前国中津藩領となる。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た備前国

    吉備国を備前国(後に美作国も再分割)、備中国、備後国に三分して設けられ、はじめのうちは吉備道に属する一国と考えられる。藤原宮からでた木簡に吉備後と表記したものがある。平安時代の『和名類聚抄』は、備後国を「きびのみちのしりのくに」と読む。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た美作国

    吉備国を備前国(後に美作国も再分割)、備中国、備後国に三分して設けられ、はじめのうちは吉備道に属する一国と考えられる。藤原宮からでた木簡に吉備後と表記したものがある。平安時代の『和名類聚抄』は、備後国を「きびのみちのしりのくに」と読む。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た稲垣重定

    稲垣重定:近江山上藩初代藩主備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た太田資言

    太田資言:太田家8代。遠江掛川藩第4代藩主備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た山名宗全

    1433年?1454年 - 山名持豊備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た藤原忠平

    藤原忠平:寛平9年(897年)任官(権守)備後国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
142件中 1 - 10件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード