142件中 91 - 100件表示
  • 備後国

    備後国から見た曾我野藩

    戸田忠綱:下野高徳藩第2代藩主・下総曾我野藩初代藩主備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た尾道

    海岸部は瀬戸内海の中間点に位置し、鞆の浦(福山市)や尾道(尾道市)は重要な港として古代より栄え続けた。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た倉敷県

    明治維新後の廃藩置県に伴って、備後国東南部に現在の福山市を県庁とする福山県が 設立され、続いて隣接の倉敷県と統合されて現在の福山市を県庁とする深津県が設立されたが、短期間で県庁が現在の笠岡市に変更となり小田県へと改称した。1875年(明治8年)には小田県が岡山市に県庁を置く岡山県へ編入された。1876年(明治9年)に再び備後地方のみ分割され、広島県へと編入されたまま今日に至る。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た安国寺 (福山市)

    備後安国寺 - 福山市鞆町後地。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た刈谷藩

    三浦明喬:三河刈谷藩第2代藩主備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た木簡

    吉備国を備前国(後に美作国も再分割)、備中国、備後国に三分して設けられ、はじめのうちは吉備道に属する一国と考えられる。藤原宮からでた木簡に吉備後と表記したものがある。平安時代の『和名類聚抄』は、備後国を「きびのみちのしりのくに」と読む。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た鞆の浦

    海岸部は瀬戸内海の中間点に位置し、鞆の浦(福山市)や尾道(尾道市)は重要な港として古代より栄え続けた。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た備後都市圏

    福山市、府中市、尾道市等は、広島市とは別の独立した経済圏域を形成し、旧吉備国の岡山県とのつながりも今でも密である。また、神石郡や庄原市東部(東城町等)は岡山県北西部と繋がりがとても強いが三次市、庄原市西部の備後地方北部一帯は交通網の関係で広島市や島根県石央地方との結びつきも強い。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た鞆町

    備後安国寺 - 福山市鞆町後地。備後国 フレッシュアイペディアより)

  • 備後国

    備後国から見た川越藩

    酒井忠利:駿河田中藩初代藩主・武蔵川越藩初代藩主・老中備後国 フレッシュアイペディアより)

142件中 91 - 100件表示

「備後南部のできごと」のニューストピックワード