前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 武装すり団

    武装すり団から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2004年ごろから東京都内で武装スリ団による被害が急増した。使われる武器はナイフ、電子銃(スタンガン)、催涙スプレーなどである。武装すり団 フレッシュアイペディアより)

  • 護身術

    護身術から見た催涙スプレー催涙スプレー

    日本では、防犯グッズであっても、人の生命を害したり、人の身体に重大な害を与えるような攻撃性のある器具を正当な理由がなく持ち歩けば軽犯罪法1条2号に違反する。これらの器具には例えばスタンガン・特殊警棒が該当する。防犯ブザーや警笛など、攻撃性のない防犯器具はそもそも軽犯罪法1条2号には該当しない。催涙スプレーに関しては、護身用として携帯し軽犯罪法違反で起訴されたが最高裁で無罪とされた判例がある(催涙スプレー参照)。護身術 フレッシュアイペディアより)

  • 暗殺指令

    暗殺指令から見た催涙スプレー催涙スプレー

    今回の作戦では、実行部隊に所属。ドイツ製の警棒兼催涙ガス発射装置と、同じくドイツ製の3段になる全長40センチの特殊警棒を携行する。暗殺指令 フレッシュアイペディアより)

  • 防犯装備士

    防犯装備士から見た催涙スプレー催涙スプレー

    防犯装備士(ぼうはんそうびし)とは特定非営利活動法人日本防犯装備協会が、警棒・催涙スプレー・刺又(さすまた)・スタンガン等の防犯装備品に関する基礎的な知識および使用に関する技能をもっている者に発行する民間資格である。防犯装備士 フレッシュアイペディアより)

  • 京四郎

    京四郎から見た催涙スプレー催涙スプレー

    主人公。清水ヶ丘高校1年→3年生。中学 - 高1までのトレードマークはサングラス(中学1年は四角の黒サングラス、その時スペアとして現在の丸サングラスを持っており、中2以降はこれで定着する。高2進級時には外している。理由は、相沢と被る為)金髪なのは中1初期と彼女がいる時限定らしい(彼女がいない中1後期 - 中2夏は黒髪オールバック)。中学1年迄は名古屋に住んでいて、中学2年時に長野に引っ越してきた。先輩の鬼頭良男の紹介により第35代MAXの幹部となる(ただし3年時の回想シーン等では「単なる下っ端」となっている)。その後相沢白夜との対決の為、解散したMAXを復活させ、36代目MAX総長となる。釘バットを花束で包んだ「花バット」や催涙スプレー、特殊警棒、模擬刀等武器を主体にして喧嘩をする。一方で武器に頼った喧嘩の欠点も理解しており、ここぞという時には素手でも無類の強さを発揮する。中学生時代には保護観察処分や少年院送致も何度か経験するなど、一時期はかなり荒んでいたらしい。野球では投手、捕手、外野が守れる。パワーヒッターでもあり、甲子園優勝を決めるサヨナラホームランを打った。喧嘩でも野球でも、大胆かつ繊細な戦略を立てるのが得意。愛車はスーパーカブ(みどりについて行けた程のカブである)と鬼頭から10万で譲ってもらったCBX。相沢白夜との抗争で、大幅にカスタマイズした。小学生時代にボーイスカウトを経験しており、アウトドア方面の知識実践に詳しい一面を持つ。霊感が強く、見えてはいけない物が良く見える。その影響か、妖怪や幽霊の知識も豊富。かなりの酒豪であり、地元商店街において居酒屋の店員やバーのママ等顔も広い。最終話で大学浪人を経て母校の教師となる。京四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中国自動車道女子中学生手錠放置事件

    中国自動車道女子中学生手錠放置事件から見た催涙スプレー催涙スプレー

    7月24日夜にFはツーショットダイヤルを通じて被害者と知り合い、JR吹田駅前で被害者と落ち合った。2人はワゴン車に乗り込み宝塚インターチェンジから中国自動車道に入った。途中、Fは後部座席に乗っていた被害者に手錠を掛けて、催涙スプレーを吹きかけた。神戸市北区に差しかかったあたりで被害者は手錠姿のまま後部座席のドアを開けて、時速80kmで走っていた車内から飛び降りた。Fはすぐに被害者の転落に気づいたが、そのまま逃げ去った。中国自動車道女子中学生手錠放置事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日本防犯装備協会

    日本防犯装備協会から見た催涙スプレー催涙スプレー

    特定非営利活動法人 日本防犯装備協会 (とくていひえいりかつどうほうじん にほんぼうはんそうびきょうかい)とは神奈川県が認証(神奈川県指令県総協 第1348号)した特定非営利活動法人(NPO法人)であり、日本で初めて警棒・防犯スプレー・催涙スプレー・刺又(さすまた)・スタンガン等の防犯装備品に関して、一般市民に対して使用方法を教授するNPO法人である。日本防犯装備協会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本防犯装備協会

    日本防犯装備協会から見た防犯スプレー催涙スプレー

    特定非営利活動法人 日本防犯装備協会 (とくていひえいりかつどうほうじん にほんぼうはんそうびきょうかい)とは神奈川県が認証(神奈川県指令県総協 第1348号)した特定非営利活動法人(NPO法人)であり、日本で初めて警棒・防犯スプレー・催涙スプレー・刺又(さすまた)・スタンガン等の防犯装備品に関して、一般市民に対して使用方法を教授するNPO法人である。日本防犯装備協会 フレッシュアイペディアより)

  • 有害玩具

    有害玩具から見た催涙スプレー催涙スプレー

    スタンガン、催涙スプレー 他 : これら相手の行動の自由を奪う器具による暴行事件や強盗事件、恐喝事件も発生している。なおスタンガンや催涙スプレーの使用は刑法上では傷害として扱われるため、これらを用いて上記犯罪を行った場合は肉体的な損傷の有無に関わらず強盗傷害事件や暴行傷害事件、または恐喝傷害事件として扱われ、それ相応に重い求刑と民事上の制裁(噴射された施設側や被害者による損害賠償や治療費の請求など)が成される。ただ、護身具として催涙スプレーなどの所持は、犯罪被害から逃れるために有効であるとする最高裁の判例があり、実際に難を逃れた事例も少なくはないため、一概に有害だとして社会から排除することはできない。有害玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 防犯装備

    防犯装備から見た催涙スプレー催涙スプレー

    例えば、能動的手段である警棒・特殊警棒といったものから、非殺傷性ではあるがやはり攻撃的手段である催涙スプレーやスタンガン、また受動的だが効果的に防御力を向上させるボディアーマー・防刃ベスト、防刃手袋やヘルメット、盾(ライオットシールド)といった防具、また警笛や防犯ブザーのように周囲に助けを求めるための道具、カラーボール・防犯カラースプレーやカラーボール発射機「一発チェッカー」といった被害を最小限に抑えつつ逃走する犯人を追跡可能にさせ検挙を助ける道具がある。防犯装備 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード