55件中 11 - 20件表示
  • ウォール街を占拠せよ

    ウォール街を占拠せよから見た催涙スプレー催涙スプレー

    9月30日には金融だけでなく、警察や劣悪な労働環境を批判する者も加わり数千人が集結。また警官が取り締まりの際に催涙スプレーの一種であるトウガラシスプレーを使用した映像がネットで流され、これを批判する抗議活動がマンハッタンの市警察本部前で行われ、約1000人が参加した。同日、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグがデモに対する何らかの抑制措置を行うことを示唆した。9月下旬には次第にデモはウォール街にとどまらずアメリカ全土に飛び火していき、シカゴやサンフランシスコ、フィラデルフィアなどで座り込みが始まった。ウォール街を占拠せよ フレッシュアイペディアより)

  • 禅・水心流護身道

    禅・水心流護身道から見た催涙スプレー催涙スプレー

    他、ガスガン及び電動ガンを使用した射撃訓練や催涙スプレー、フラッシュライト、特殊警棒による実戦訓練も行っている。禅・水心流護身道 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの銃規制

    イギリスの銃規制から見た催涙スプレー催涙スプレー

    また、イギリスにおける武器の所持の規制は厳しく、空気銃は未成年を除けば競技用は無免許で使用が出来るものの、スタンガンや催涙スプレー、手之内(刃の付いていない隠し武器)などの所持は禁止されている。日本では、手之内、スタンガンや催涙スプレーは許可を取る必要もなく所持が可能である。イギリスの銃規制 フレッシュアイペディアより)

  • 防犯ブザー

    防犯ブザーから見た催涙スプレー催涙スプレー

    1960年代から痴漢や強盗被害防止のため女性向けに松下電工など家電メーカーから販売されていたが、1990年代にはストーカーや恐喝事件、2000年代にはマスメディアで大きく取り上げられるようになった児童誘拐、強制猥褻、変質者付きまとい事件を鑑み、保護者、教育委員会、地方自治体などが児童に持たせるケースも増加している。警察は、警棒や催涙スプレーなど攻撃的防犯グッズの携行には否定的だが、護身手段として防犯ブザーの所持を奨励している。防犯ブザー フレッシュアイペディアより)

  • 海兵隊マーシャルアーツプログラム

    海兵隊マーシャルアーツプログラムから見た催涙スプレー催涙スプレー

    MCMAPに使われる技術は致死性によって等級が分けられており、使用者は最適な(通常は最低限の)力加減を選ぶことができる。例えば海兵隊員が、暴力を用いてこないものの反抗的な対象と接触した際には、最小限の苦痛とダメージを与えることで任務を達成するため、素手による抑止を行うことができる。さらに攻撃的な対象であれば、絞め技、締め技、殴打技で応戦することができる。致死的な攻撃が対象に用いられるのは、最後の手段としてである。武器の有無にかかわらず、多くの技術は防御的にも攻撃的にも用いることができ、戦闘及び警護活動や人道支援など、自己防衛のみならず戦争以外の作戦行動にも使えるため、海兵隊員の柔軟性を高めている。インストラクターは、例えば憲兵が催涙スプレーの攻撃を受けた後に実力行使を行うなど、特別な部隊の状況に合わせるため、、訓練の機会を増やすことができる。海兵隊マーシャルアーツプログラム フレッシュアイペディアより)

  • 貴重品輸送警備

    貴重品輸送警備から見た催涙スプレー催涙スプレー

    走行中・停車中に関わらず、窓ガラスを開けてはならない。攻撃(催涙スプレー等)の隙を与えることになる。貴重品輸送警備 フレッシュアイペディアより)

  • トウガラシスプレー

    トウガラシスプレーから見た催涙スプレー催涙スプレー

    トウガラシスプレーは猛獣や暴徒などに対する自衛手段として用いられる催涙スプレーの一種である。主成分はカプサイシンで、吹きかけられると目や粘膜の痛みと一時的な盲目を引き起こす。後遺症が残らないため非致死性の兵器、護身用具として用いられる。強い怒りや薬物等で興奮状態に陥ったりした人間の制圧にも効果がある。別名オレオレジン・カプシカム(Oleoresin Capsicum、略称OC)ガスとも呼ばれる。カプシカムはトウガラシ属の学名である。トウガラシスプレー フレッシュアイペディアより)

  • ペラルゴン酸

    ペラルゴン酸から見た催涙スプレー催涙スプレー

    ペラルゴン酸のアミドである4-ノナノイルモルホリンは、催涙スプレーの活性成分である。ペラルゴン酸 フレッシュアイペディアより)

  • クロロアセトフェノン

    クロロアセトフェノンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    クロロアセトフェノン(CN, chloroacetophenone)とは催涙剤の一種で、防犯グッズの催涙スプレーとして市販されている。また、世界各国の警察が暴徒鎮圧用として使用しており、日本の警察も保有している。塩化フェナシル (phenacyl chloride)、CNガス とも呼ばれる。クロロアセトフェノン フレッシュアイペディアより)

  • 防犯

    防犯から見た催涙スプレー催涙スプレー

    また、通り魔や暴漢に対処するため、スタンガン、催涙スプレー等のいわゆる護身用具の所持、あるいは年少者に対する誘拐等に対処するため、防犯ブザーやGPS(携帯電話に内蔵するものが多い)を児童に所持させる例が、2004年頃から急増している。防犯 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード