55件中 21 - 30件表示
  • 武器

    武器から見た催涙スプレー催涙スプレー

    致死性はごく低いものの催涙弾、催涙スプレーなども化学兵器の一種といえる。武器 フレッシュアイペディアより)

  • バチカンのスイス衛兵

    バチカンのスイス衛兵から見た催涙スプレー催涙スプレー

    1970年代にパウロ6世が騎馬衛兵、宮殿衛兵を廃止したために、衛兵としての任務に限定された。装飾的な制服と武器はサーベルと斧槍のみであるなど儀仗兵としての性格が強くなったが、1982年のヨハネ・パウロ2世狙撃事件以降、催涙スプレー、小型拳銃の携行が導入されるなど実際的な教皇の身辺警護に対応できるように改められた。これら近代的な装備や訓練の実態は国家機密になっている。バチカンのスイス衛兵 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年香港反政府デモ

    2014年香港反政府デモから見た催涙スプレー催涙スプレー

    2014年9月26日から、香港の高校生と大学生を中心とした、授業のボイコット及び「真の普通選挙」を求めるデモが、香港中文大学内で繰り広げられていた。当初は平和な座り込み、週末からは秩序のある街の占拠が見られた。9月30日0時に至るまで、中環、金鐘、銅鑼湾、旺角など、香港の繁華街や商業エリアは依然占拠され続けている。警察はデモ隊に対し、28日から何度も催涙スプレーや胡椒スプレーを使い、武器を持たない一般市民を「鎮圧」した。警察側は、一日で計87発の催涙弾が使用されたと公表している。市民は武装警察に対し、引き続き平和を強調し、ただ両手を挙げ、無抵抗な姿勢を見せていた。デモ参加者は、かさ・ゴーグル・マスク・ポンチョなどを持参することで、警察が使用する催涙ガス類から身を守っていた。2014年香港反政府デモ フレッシュアイペディアより)

  • 学校施設

    学校施設から見た防犯スプレー催涙スプレー

    学校職員(高校・特別支援学校では一般的には教員)が執務する部屋。授業準備等を行うため、教材や教具も多く置いてある。また、学校内を児童・生徒が安全に生活できるようにするための管理設備が集約されていることも多く、防災コントロール設備が設置されているほか、近年では学校を巻き込む殺傷事件も起きていることから、同室内に刺又(さすまた)や防犯スプレー等の防犯用具、また、校内監視カメラなどの監視設備が設けられている所も見られる(警備会社による警報・監視システムを用いる場合もある)。学校施設 フレッシュアイペディアより)

  • 皇宮護衛官

    皇宮護衛官から見た催涙スプレー催涙スプレー

    警察官の拳銃、特殊銃(機関けん銃)、警棒、催涙スプレー等の使用・取扱いは各種の国家公安委員会規則により定められているが、これらはいずれも皇宮護衛官にも準用される。また、制服・制帽・階級章・識別章は基本的に警察官と同一であるが、上着の両襟の部分に皇宮護衛官であることを示す「皇宮護衛官章」が付くほか、警笛を吊る警笛吊り紐がえんじ色である点が一般の警察官と異なる。また制服の上衣の右上腕部のエンブレムの文字が「皇宮」となっている(一般の警察官の場合は「警視庁」または「道府県」名、本来は警察庁であるべきところ「皇宮」となっている)。その他、警察手帳の記章に示される所属本部名は「皇宮警察」である。皇宮護衛官 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン絞殺魔事件

    ボストン絞殺魔事件から見た催涙スプレー催涙スプレー

    一連の事件はすべて室内での犯行であったが、女性たちの恐怖心は外出時も収まることはなく、日没後の外出を避ける女性が増え、どうしても外出が必要な際は2人以上で出かけたり、番犬を連れたり、催涙スプレーやナイフを携帯する者もいた。ボストン絞殺魔事件 フレッシュアイペディアより)

  • 三貴

    三貴から見た催涙スプレー催涙スプレー

    過去、日本で最大級の宝石強盗被害に遭ったことがある。1991年12月に銀座にオープンし、かつて同社のフラッグシップ店だった「ル・シュプール・ディアマン・クチュール・ド・マキ」に2004年3月5日、外国人風の2人組の男が客を装って店内に入り、催涙スプレーをかけて30億円相当のダイヤのネックレスなど計12点・総額35億円相当を奪って逃げた事件があり、当時マスコミから注目を浴びた。三貴 フレッシュアイペディアより)

  • カプサイシン

    カプサイシンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    催涙スプレーやトウガラシ忌避剤の成分にされ、対人、対獣の防御用などに用いられる。浴びると皮膚や粘膜がひりひりとした痛みを感じたり、咳や涙が止まらなくなったりする。カプサイシン フレッシュアイペディアより)

  • 散歩

    散歩から見た防犯スプレー催涙スプレー

    夕方や夜間の散歩では、犯罪に巻き込まれないように注意をする必要がある。ひったくりや痴漢などから身を守るため、念のため防犯ブザーや防犯スプレーを携帯する人もいる。散歩 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・バラカン

    ピーター・バラカンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    2007年12月8日、クエーカーのキリスト友会東京月会(東京都港区三田)で行われた音楽と平和をテーマとしたトークショーの準備中に、男から催涙スプレーを吹きかけられる被害にあった。ピーター・バラカン フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード