48件中 21 - 30件表示
  • 防犯ブザー

    防犯ブザーから見た催涙スプレー催涙スプレー

    1960年代から痴漢や強盗被害防止のため女性向けに松下電工など家電メーカーから販売されていたが、1990年代にはストーカーや恐喝事件、2000年代にはマスメディアで大きく取り上げられるようになった児童誘拐、強制猥褻、変質者付きまとい事件を鑑み、保護者、教育委員会、地方自治体などが児童に持たせるケースも増加している。警察は、警棒や催涙スプレーなど攻撃的防犯グッズの携行には否定的だが、護身手段として防犯ブザーの所持を奨励している。防犯ブザー フレッシュアイペディアより)

  • トウガラシスプレー

    トウガラシスプレーから見た催涙スプレー催涙スプレー

    トウガラシスプレーは猛獣や暴徒などに対する自衛手段として用いられる催涙スプレーの一種である。主成分はカプサイシンで、吹きかけられると目や粘膜の痛みと一時的な盲目を引き起こす。後遺症が残らないため非致死性の兵器、護身用具として用いられる。強い怒りや薬物等で興奮状態に陥ったりした人間の制圧にも効果がある。別名オレオレジン・カプシカム(Oleoresin Capsicum、略称OC)ガスとも呼ばれる。カプシカムはトウガラシ属の学名である。トウガラシスプレー フレッシュアイペディアより)

  • おたく狩り

    おたく狩りから見た催涙スプレー催涙スプレー

    カッターナイフやその他の鋭利な工具(ドライバー、ペンチなど)の所持については軽犯罪法1条2項に抵触する場合があるが、刑事訴訟法199条1項の規定により、原則としてそれを理由に逮捕することはできない。また、開梱や運送などの作業で必要があって所持する場合も「正当な理由」に該当するため、逮捕することはできない。また、(護身用であれども)催涙スプレー、スタンガンなどを所持するのも同じく「任意出頭」させられる原因となるため、有用な護身術が制限される問題もある。おたく狩り フレッシュアイペディアより)

  • 捕具

    捕具から見た催涙スプレー催涙スプレー

    中身を抜いた卵殻に目潰し・鼻潰し用に一味唐辛子、粉山椒などを入れ抵抗する犯人の行動力を奪うために投擲して用いた。催涙兵器の一種。捕具 フレッシュアイペディアより)

  • 貴重品輸送警備

    貴重品輸送警備から見た催涙スプレー催涙スプレー

    「窓を開けるな」・・・走行中・停車中に関わらず窓ガラスを開けてはならない。攻撃(催涙スプレー等)の隙を与えることになる。貴重品輸送警備 フレッシュアイペディアより)

  • 主権回復を目指す会

    主権回復を目指す会から見た催涙スプレー催涙スプレー

    平成22年(2010年)1月24日、在特会主催の外国人参政権に反対するデモ行進に参加した主権回復を目指す会のメンバーが華僑に催涙スプレーやスタンガンで襲撃される。主権回復を目指す会 フレッシュアイペディアより)

  • 綜合警備保障

    綜合警備保障から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2006年1月にオンラインショップ「ガードマンショップ.com」を開店し、防犯ブザーなどの防犯グッズ、刺又や盾、催涙スプレーなどの護身用品、防災グッズ、ギフト商品の販売を行う。綜合警備保障 フレッシュアイペディアより)

  • 三貴

    三貴から見た催涙スプレー催涙スプレー

    過去、日本で最大級の宝石強盗被害に遭ったことがある。1991年12月に銀座にオープンし、かつて同社のイメージシンボル店だった「ル・シュプール・ディアマン・クチュール・ド・マキ」に2004年3月5日、外国人風の2人組の男が客を装い店内に入り、催涙スプレーをかけて30億円相当のダイヤのネックレスなど計12点・総額35億円相当を奪って逃げた事件があり、当時マスコミから注目を浴びた。三貴 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た催涙スプレー催涙スプレー

    4月6日 - 東京都荒川区の西日暮里駅で、警察官に職務質問された韓国人スリグループとみられる男ら4人の内1人が、催涙スプレーを噴射。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 皇宮護衛官

    皇宮護衛官から見た催涙スプレー催涙スプレー

    警察官の拳銃、特殊銃(機関けん銃)、警棒、催涙スプレー等の使用・取扱いは各種の国家公安委員会規則により定められているが、これらはいずれも皇宮護衛官にも準用される。また、制服・制帽・階級章・識別章は基本的に警察官と同一であるが、上着の両襟の部分に皇宮護衛官であることを示す「皇宮護衛官章」が付くほか、警笛を吊る警笛吊り紐がえんじ色である点が一般の警察官と異なる。また制服の上衣の右上腕部のエンブレムの文字が「皇宮」となっている(一般の警察官の場合は「警視庁」または「道府県」名、本来は警察庁であるべきところ「皇宮」となっている)。その他、警察手帳の所属本部名は「皇宮警察本部」ではなく本来の所属の「警察庁」となっている。皇宮護衛官 フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード