48件中 31 - 40件表示
  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た催涙スプレー催涙スプレー

    催涙スプレーについて「その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具」に該当すると判断した判例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 警備員

    警備員から見た催涙スプレー催涙スプレー

    護身用具は警戒棒など(詳細は後述)を携帯している程度である。なお、国家公安委員会の定めた基準に基づく都道府県公安委員会規則では(たとえ第三者の護衛であれども)催涙スプレー・スタンガンなどの携帯は認められていない。また、護身用具の携帯は「禁止の例外」であって「特別に許可されている」ものではないことに注意が必要である。警備員 フレッシュアイペディアより)

  • 催涙剤

    催涙剤から見た催涙スプレー催涙スプレー

    なお催涙剤は軍隊や警察用以外に護身・防犯用途として市販されており、日本でも催涙スプレーとして個人で購入することができる。催涙剤 フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見た防犯スプレー催涙スプレー

    この他、基本的な対策として、入店者の人相が判り難いフルフェイスヘルメット着用者の入店拒否、未成年者への酒・タバコの販売拒否、強盗に狙われやすい店頭レジの保管金額を抑える、夜間には事務所の金庫 の開扉をシステム的に不可能にするなどの工夫が成されている。特に個人オーナーが直接店長を務める店では、店長の個人的な判断により、木刀やバット、特殊警棒、刺又、防犯スプレーなどで武装するケースまで見られ、過去にはこれらによる撃退事例も報告されている。また、海外では拳銃などの装備も見られる。また深夜などの治安が低下する危険な時間帯も営業しているため、地元警察と連携を取る動きも見られる。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • Happy Tree Friends

    Happy Tree Friendsから見た催涙スプレー催涙スプレー

    名前の通り、踊りが好きなダンサー。「Oh yeah!!」が口癖。30代という設定らしい。ギグルスとペチュニアをよくナンパしており(2人はそれを嫌がっている)、ペチュニアにキスをしようとして催涙スプレーをかけられて目が傷んだこともある(Blind Date)が、以降も全く懲りていない。そればかりか、 不注意なのか、ノリがよすぎるのか、主役を務める作品ではトラブルメーカーとなることが多い。以前は踊った拍子に誰か(大体ギグルス、ペチュニア、フレイキー)を突き飛ばし、危険に巻き込み、自分はそのまま近くでのんきに踊っているというパターンが多かったが、近年は、ダイエットしようとジムに通った際に騒動になる(Ipso Fatso)など、踊りは無関係である場合が目立つ。最近では中年の肥満体質であるという設定が加わったらしく、前述した通りジムに通ったり、油分の多い食事で発作(心筋梗塞)を起こして病院に送られたり(A Change Of Heart)と、彼が主演の話は生活習慣病を暗示している部分も見られる。因みに死亡率は、登場回数の割にはかなり高い。また、生きていてもランピーの都合によって鯨の心臓を移植される、増毛剤を使用した際に毛が眼球に生えるなど、悲惨な目にあうケースも多い。Happy Tree Friends フレッシュアイペディアより)

  • 4月6日

    4月6日から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2006年 - 西日暮里駅で韓国人の武装すり団が催涙スプレーを噴射。負傷者22人。4月6日 フレッシュアイペディアより)

  • 武器

    武器から見た催涙スプレー催涙スプレー

    致死性はごく低いものの催涙弾、催涙スプレーなども化学兵器の一種といえる。武器 フレッシュアイペディアより)

  • 化学兵器

    化学兵器から見た催涙スプレー催涙スプレー

    個人の護身目的の使用については規定が無いため、催涙スプレーなどに条約で禁止されている物質が使用されている場合の扱いについては各国の司法判断に任されている。実情として、トウガラシスプレー(OCガス)のような禁止物質を使う市販品は珍しくない。化学兵器 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の警察

    アメリカ合衆国の警察から見た催涙スプレー催涙スプレー

    一般的な制服法執行官の携行装備は、帯革(サム・ブラウン・ベルト)に拳銃と予備弾、警棒、手錠、呼子笛、懐中電灯、時計(ここまでは服装及び装備規程で必携、従わない場合は懲戒対象となる事が多い)。ベルトに通す順番まで決められている機関もあり、一般にはホルスター周りは銃を抜くのに支障がないようガラ空きにすべきことが定められている。その他、携帯無線機、キーホルダー(車両のエンジンキー、署の通用口やロッカーの鍵、手錠用などをまとめる)、催涙スプレー、スタンガン、ナイフ、応急手当用感染防止手袋、携帯電話、メモ帳、反射ベストなど。最近では核生物化学兵器テロ対策用マスクを携行する組織もある。アメリカ合衆国の警察 フレッシュアイペディアより)

  • 刺又

    刺又から見た催涙スプレー催涙スプレー

    これらでは刺又だけでは制止力に欠けるため、同器具で対象者と距離を取った上で催涙スプレーやスタンガンなどにより相手の行動の自由を奪い捕縛するといった方法もみられる。刺又だけで対象者を制圧する事は困難で技術を要するため、対象者を怯ませて撃退するか、もしくは壁などに押さえ付けて応援を待つために利用される。刺又 フレッシュアイペディアより)

48件中 31 - 40件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード