55件中 31 - 40件表示
  • 涙

    から見た催涙スプレー催涙スプレー

    玉ねぎを切った時に出るガスや、催涙ガス、催涙スプレーなどの異物の刺激が、角膜、結膜、または鼻粘膜を含む目の環境を刺激し、眼神経のTRPチャネルの引き金を引くことで、涙を出す反応を示す。この反応は、強い光、熱い物や刺激物が口内で感じた時、嘔吐、咳やあくびなどによっても引き起こされる。これらの反応は、目などに入った異物を洗い流すための涙である。 フレッシュアイペディアより)

  • 外国人参政権反対デモ

    外国人参政権反対デモから見た催涙スプレー催涙スプレー

    外国人参政権反対デモ(がいこくじんさんせいけんはんたいデモ)とは日本国内で日本における外国人参政権を在日外国人に授与する事に反対する事を目的として実施されているデモ活動。このデモ活動は在日特権を許さない市民の会などといった行動する保守団体によって実施されており、多い時には1000人以上が集まっている。2010年1月16日には当時に民主党党大会が開かれていた日比谷公会堂周辺でデモ活動が実施され、1500人以上が集まった。2010年1月24日には在特会が新宿でデモ活動を行っていた際に、華僑の高校生から催涙スプレーで襲撃されるという事件が起きた日本における外国人参政権。在特会会長の桜井誠は外国人参政権が成立した日を「Xデー」として、一人でも国会に乗り込んで小沢一郎の首を取るとしていた1。外国人参政権反対デモ フレッシュアイペディアより)

  • バラエティーショップ・マッド

    バラエティーショップ・マッドから見た防犯スプレー催涙スプレー

    秋葉原に店を構えて30年以上、現在地に移転してから10年以上の営業実績がある。「他店に無い商品」を売りにしており、高性能暗視カメラ、デジタルレコーダー、スタンガン、特殊警棒、防犯スプレー、防犯ブザーなどの防犯用品のほか、各種カメラつき録画機など盗聴・盗撮機器およびそれらの発見器も同時に扱っていた。バラエティーショップ・マッド フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の警察

    アメリカ合衆国の警察から見た催涙スプレー催涙スプレー

    一般的な制服法執行官の帯革に装備する携行品は、拳銃、予備弾、警棒、手錠、催涙スプレー、テーザーガン、スタンガン、ナイフ、携帯無線機、懐中電灯、車両・署の通用口やロッカー・手錠などの鍵をまとめるキーホルダー、呼子笛、応急手当用感染防止手袋など。帯革に通す順番まで決められている機関もあり、一般にはホルスター周りは銃を抜くのに支障がないように空けることが定められている。そのほか、時計、携帯電話、メモ帳、名刺や連絡先カード、防弾ベスト、反射ベストなども装備されることが多い。最近ではボディカメラや核生物化学兵器テロ対策用マスクを採用する組織もある。装備品は服装・装備規程で規定され、違反の場合は懲戒対象となる事もある。アメリカ合衆国の警察 フレッシュアイペディアより)

  • 長良川球場

    長良川球場から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2003年6月11日に行われた中日ドラゴンズ対阪神タイガース14回戦は、7対2で阪神が勝利した。試合終了後、外野スタンド右翼側で両チームのファン同士がトラブルを起こし、揉み合いとなった。この際に何者かが黄色っぽい霧状のスプレーを噴射し、近くにいた約50人が眼や鼻、喉の痛みを訴え、岐阜市消防本部は周辺市町村の協力を得て被害者31人を病院へ搬送し、また球場近くに仮設テントを設けて応急手当に当たった。岐阜北警察署は、異臭の原因は催涙スプレーの可能性があるとして噴射した人物の特定など捜査を行ったが、現在も解決していない。またこれ以降中日と阪神が対戦する地方開催は、中日主催では2013年6月25日に富山市民球場アルペンスタジアムで行われるまでなかった。長良川球場 フレッシュアイペディアより)

  • 主権回復を目指す会

    主権回復を目指す会から見た催涙スプレー催涙スプレー

    平成22年(2010年)1月24日、在特会主催の外国人参政権に反対するデモ行進に参加した主権回復を目指す会のメンバーが華僑に催涙スプレーやスタンガンで襲撃される。主権回復を目指す会 フレッシュアイペディアより)

  • スタンガン

    スタンガンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    近年になって一般化しつつある物では、伸縮式の警棒の中に仕込まれているものや、携帯電話に偽装したモデルも存在する。警棒型は、主に店舗などの防犯用として置かれることが多い。また催涙スプレーと組み合わせた複合的なモデルも存在する。スタンガン フレッシュアイペディアより)

  • Happy Tree Friends

    Happy Tree Friendsから見た催涙スプレー催涙スプレー

    名前の通り、踊りが好きなダンサー。「Oh yeah」が口癖。ギグルスとペチュニアをよくナンパしているが2人はそれを嫌がっており、ペチュニアにキスをしようとして催涙スプレーをかけられて目が傷んだこともあるが、以降も全く懲りていない。 そのせいか自身の不注意さと身勝手さのせいで主役を務める作品ではトラブルメーカーとなることが多い。以前は踊った拍子に誰か(大体ギグルス、ペチュニア、フレイキー)を突き飛ばし、危険物に巻き込み、自分はそのまま近くでのんきに踊っているという腹黒いパターンが多かったが、近年は、ダイエットしようとジムに通った際に騒動になるなど、踊りは無関係である場合が目立つ。肥満体質であるようで、前述した通りジムに通ったり(Ipso Fatso)、油分の多い食事で心臓発作(心筋梗塞)を起こして病院に送られたり(Change of Heart)と、彼が主演の話は生活習慣病を暗示している部分も見られる。因みに死亡率は、登場回数の割にはかなり高い。また、生きていてもランピーの都合によって鯨の心臓を移植される(こちらもChange of Heart)、増毛剤を使用した際に毛が眼球に生え、最終的には全身に毛が生える(Easy Comb, Easy Go)など、悲惨な目にあうケースも多い(しかし後述はOh yeahと発言しているため、寧ろ喜んでいると思われる)。Happy Tree Friends フレッシュアイペディアより)

  • 化学兵器

    化学兵器から見た催涙スプレー催涙スプレー

    個人の護身目的の使用については規定がないため、催涙スプレーなどに条約で禁止されている物質が使用されている場合の扱いについては各国の司法判断に任されている。実情として、トウガラシスプレー(OCガス)のような禁止物質を使う市販品は珍しくない。化学兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 魔王 (2008年のテレビドラマ)

    魔王 (2008年のテレビドラマ)から見た催涙スプレー催涙スプレー

    直人の中学時代の親友で、取立て屋。威圧的な外見とは裏腹に、同級生に対しては優しい部分を見せる。多恵への取立てを最後に取立て屋を辞め、夢であった居酒屋を開こうとしていたが、娘を誘拐されたと勘違いした多恵に防犯スプレーを噴射され、持病であった喘息の発作を起こし、死亡する。魔王 (2008年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード