1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 正当防衛

    正当防衛から見た催涙スプレー催涙スプレー

    閑静な住宅街に住むAは、最近治安が悪化してきたので護身用として催涙スプレーを携帯していた。ある夜の帰り道、暴漢に襲われたので、Aは用意してあった催涙スプレーで反撃した。暴漢は目を痛め、全治二週間の傷害を受けた。正当防衛 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2010年1月24日、在日特権を許さない市民の会主催の外国人参政権反対デモ行進の参加者が催涙スプレーで襲撃される事件が起きた。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • バチカン

    バチカンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    その制服は一説にはミケランジェロのデザインとも言われるが、1914年に制定されたものである。その派手なデザインは、伝統的なスイス傭兵というよりも、むしろランツクネヒトを彷彿とさせる。スイス人衛兵たちは一応武器の携行はしているものの、本質的に儀仗兵である。1981年、ヨハネ・パウロ2世が襲撃された事件以来、教皇が公の場に出て行く時、スイス人衛兵たちは催涙スプレーを常時携行するようになったという。バチカン フレッシュアイペディアより)

  • ベルトラン・ガショー

    ベルトラン・ガショーから見た催涙スプレー催涙スプレー

    しかし、1990年12月に起こした些細なトラブルにより、ガショーのレース人生は暗転する。スポンサー役員との会合のためロンドン市内のホテルに向かっていた際に、車の前に割り込んだタクシー運転手と口論になり、とっさに痴漢撃退用スプレーを噴霧した。先述のハンガリーGP後にこの件の裁判が行われ、過剰防衛の罪で禁固18ヶ月、禁止薬物の所持で6ヶ月追加という判決を受け、刑務所に収監された。この護身用スプレーは恋人の車のドアに備えてあったもので、購入地のフランスでは合法だったが、イギリスの法律ではクロロベンジリデンマロノニトリルなど、いわゆる「催涙ガス」の使用が禁止されていた。この処罰に対してはガショーに同情する声もあり、逮捕後にイギリス国内でも釈放を嘆願する運動が起こった。ベルトラン・ガショー フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た催涙スプレー催涙スプレー

    東京・銀座の宝石店に外国人と見られる男2人が約2億円相当のティアラを強奪し、店員に催涙スプレーを吹き付け逃走。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • カプサイシン

    カプサイシンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    催涙スプレーやトウガラシ忌避剤の成分にされ、浴びると皮膚や粘膜がひりひりとした痛みを感じたり、咳や涙が止まらなくなったりする。カプサイシン フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーとみられるものが噴射され、観客53人が目やのどの痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し(当時の)山田久志中日監督、星野仙一阪神監督、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

  • 防犯スプレー

    防犯スプレーから見た催涙スプレー催涙スプレー

    防犯スプレー フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード