55件中 41 - 50件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た催涙スプレー催涙スプレー

    東京・銀座の宝石店に外国人と見られる男2人が約2億円相当のティアラを強奪し、店員に催涙スプレーを吹き付け逃走。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 警備員

    警備員から見た催涙スプレー催涙スプレー

    護身用具は警戒棒を携帯している程度である。なお、国家公安委員会の定めた基準に基づく都道府県公安委員会規則では(たとえ第三者の護衛であれども)催涙スプレー、スタンガンなどの携帯は認められていない。また、護身用具の携帯は「禁止の例外」であって「特別に許可されている」ものではないことに注意が必要である。さらには、護身用具の携帯自体も都道府県公安委員会規則により警備業務の種類や時間帯などによっては禁止や制限がされている場合がある。警備員 フレッシュアイペディアより)

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンスストアから見た防犯スプレー催涙スプレー

    この他、基本的な対策として、入店者の人相が判り難いフルフェイスヘルメット着用者の入店拒否、未成年者への酒・タバコの販売拒否、強盗に狙われやすい店頭レジの保管金額を抑える、夜間には事務所の金庫 の開扉をシステム的に不可能にするなどの工夫が成されている。特に個人オーナーが直接店長を務める店では、店長の個人的な判断により、木刀やバット、特殊警棒、刺又、防犯スプレーなどで武装するケースまで見られ、過去にはこれらによる撃退事例も報告されている。また、海外では拳銃などの装備も見られる。また深夜などの治安が低下する危険な時間帯も営業しているため、地元警察と連携を取る動きも見られる。コンビニエンスストア フレッシュアイペディアより)

  • 捕具

    捕具から見た催涙スプレー催涙スプレー

    中身を抜いた卵殻に目潰し・鼻潰し用に一味唐辛子、ヒハツ、粉山椒などを入れ抵抗する犯人の行動力を奪うために投擲して用いた。催涙兵器の一種。捕具 フレッシュアイペディアより)

  • 綜合警備保障

    綜合警備保障から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2006年1月にオンラインショップ「ガードマンショップ.com」を開店し、防犯ブザーや防犯カメラなどの防犯グッズ、刺又や盾、催涙スプレーなどの護身用品、防災グッズ、ギフト商品の販売を行う。綜合警備保障 フレッシュアイペディアより)

  • 軽犯罪法

    軽犯罪法から見た催涙スプレー催涙スプレー

    催涙スプレーについて「その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具」に該当すると判断した判例がある。軽犯罪法 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た催涙スプレー催涙スプレー

    2010年1月24日、在日特権を許さない市民の会主催の外国人参政権反対デモ行進の参加者が催涙スプレーで襲撃される事件が起きた。日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 刺又

    刺又から見た催涙スプレー催涙スプレー

    刺又だけでは制止力に欠けるため、同器具で対象者と距離を取った上で催涙スプレーやスタンガンなどにより相手の行動の自由を奪い捕縛するといった方法もみられる。刺又だけで対象者を制圧する事は困難で技術を要するため、対象者を怯ませて撃退するか、もしくは壁などに押さえ付けて応援を待つために利用される。刺又 フレッシュアイペディアより)

  • おたく狩り

    おたく狩りから見た催涙スプレー催涙スプレー

    カッターナイフやその他の鋭利な工具(ドライバー、ペンチなど)の所持については軽犯罪法1条2項に抵触する場合があるが、刑事訴訟法199条1項の規定により、原則としてそれを理由に逮捕することはできない。また、開梱や運送などの作業で必要があって所持する場合も「正当な理由」に該当するため、逮捕することはできない。また、(護身用であれども)催涙スプレー、スタンガンなどを所持するのも同じく「任意出頭」させられる原因となるため、有用な護身術が制限される問題もある。おたく狩り フレッシュアイペディアより)

  • 阪神ファン

    阪神ファンから見た催涙スプレー催涙スプレー

    2003年(平成15年)6月11日、岐阜長良川球場の対中日戦において、阪神が7-2で勝利した後に阪神ファンがグラウンドに乱入し中日ファンを挑発、中日ファンもグラウンドに乱入し乱闘となった。その際に防犯用の唐辛子系催涙スプレーと見られるものが噴射され、観客53人が目や喉の痛みで治療を受け、うち31人が病院搬送、7人が入院する事態となった。岐阜北警察署が捜査したが事件は未解決である。この一件に関し山田久志(当時中日監督)、星野仙一(当時阪神監督)、片岡篤史、桧山進次郎、赤星憲広などが暴挙を非難するコメントを出した(詳細は長良川球場を参照)。この一件以降、中日は阪神と地方試合の開催を2013年(平成25年)まで行わず。また、この事件を受けて阪神甲子園球場では乱入防止用のネットが設置されるなど対応に追われた。阪神ファン フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「催涙スプレー」のニューストピックワード