232件中 91 - 100件表示
  • 通貨スワップ

    通貨スワップから見た債券債券

    海外通貨を調達する際に行われる。外貨を必要とするある企業が、資金をその国の銀行から借り入れたり、外貨建債券を発行して調達する場合、自国内で借り入れるより金利が高くなるのが通例である。これは外国企業は国内企業より与信管理が困難で、貸付のリスクが高いためである。通貨スワップ フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン (重巡洋艦)

    ヒューストン (重巡洋艦)から見た債券債券

    ヒューストンの乗組員はオーストラリア、メルボルンのでパース乗組員と並んで祀られている。また、ヒューストン市民はヒューストンの艦名を甦らせるべく建艦債券の応募に殺到し、大勢のヒューストンの若者が海軍に志願した。ヒューストン (USS Houston, CL-81) は先代を讃えるべく、もともとヴィックスバーグ (Vicksbourg) の艦名で建造されていたクリーブランド級軽巡洋艦の一艦を改名して就役した。ヒューストン (重巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • 過疎対策事業債

    過疎対策事業債から見た債券債券

    過疎対策事業債(かそたいさくじぎょうさい)は、過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)第6条に規定する過疎地域自立促進市町村計画6条に規定する過疎地域自立促進市町村計画に基づいて実施する公共施設や情報通信基盤等整備する事業を対象とする債券である。償還期間は据置期間を含み12年以内である。2010年度(平成22年度)からは、ソフト事業にも充当できるようになり、義務教育学校の統廃合要件も撤廃され、太陽光、バイオマスを熱源とする熱その他の自然エネルギーを利用するための施設にも充当できるようになった。過疎対策事業債 フレッシュアイペディアより)

  • 資本資産価格モデル

    資本資産価格モデルから見た債券債券

    他方、は既存のCAPMについての実証研究が持つ問題点をいくつか提起した。特に有名なものとして、市場ポートフォリオについての批判がある。CAPMは全ての金融資産について成立するものなので、市場ポートフォリオも全ての金融資産の時価総額加重平均ポートフォリオでなくてはならない。しかし既存の実証研究は株式に対するものが主で、市場ポートフォリオも全ての株式に対する時価総額加重平均ポートフォリオが用いられてきた。その意味で株式しか考慮に入っていない市場ポートフォリオを用いた結果の妥当性を判断するのは難しい。よって市場ポートフォリオは株式以外にも債券、不動産、そして人的資本への投資などを含めた時価総額加重平均ポートフォリオであるべきであるという主張になる。資本資産価格モデル フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道債券

    鉄道債券から見た債券債券

    鉄道債券(てつどうさいけん)は公共企業体日本国有鉄道(国鉄)が日本国有鉄道法(昭和23年法律256号)にもとづいて発行した債券をいう。旧商法にもとづく社債および国や地方公共団体による公債には該当しない。鉄道債券 フレッシュアイペディアより)

  • 割引債

    割引債から見た債券債券

    割引債(わりびきさい)は、額面より低い価格で発行される、利息がゼロの債券である。利付債にはあるクーポンが、割引債には付随しない事から、ゼロクーポン債とも呼ばれる。割引債 フレッシュアイペディアより)

  • 公社債投資信託

    公社債投資信託から見た債券債券

    円建ての国債、地方債、金融債、電力債、コール・ローン(短資)、割引手形などに投資し、元本割れを起さず、安定した収益を得ることを運用の目的とする。ただし急激な金利上昇(=債券価格の暴落)があった場合などには、元本割れになる可能性もありうるので注意が必要である。公社債投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • 1873年恐慌

    1873年恐慌から見た債券債券

    貨幣鋳造法は直接銀の価格を低下させた。この事で西部の鉱業事業の利益を損ない、この法を「73年の犯罪」と呼ぶまでになった。その効果は、東洋における貿易ドルで銀を利用することと、ネバダ州バージニアシティで新しい銀の鉱脈が発見された事で幾らか緩和され、鉱業活動への新たな投資を生んだ。しかし貨幣鋳造法は国内の通貨供給量を減らさせ、利率を上げ、それによって重い負債を抱えていた農夫などに悪影響を与えた。その結果生まれた抗議の声は、この新政策がいつまで続くかという重大な疑問を投げかけた。アメリカ合衆国の金融政策が不安定であるという概念によって、投資家達は長期の債券、特に長期国債を避けるようになった。この問題は、当時その後期にあった鉄道ブームによって複雑になった。1873年恐慌 フレッシュアイペディアより)

  • 地方公共団体金融機構

    地方公共団体金融機構から見た債券債券

    貸付対象については地方公共団体のみとしており、地方道路公社、土地開発公社を対象外としている。一方、同機構としての資金調達では、債券を発行するが、この債券は政府保証の付かない一般担保付債券の扱いとなる。ただし、旧公庫から承継した既発の政府保証債の借換分については引き続き政府保証債となる。資金調達は、こうした公募による一般担保付債券の発行を基本としながらも、地方公務員共済組合連合会の引受けによる債券の発行も併せて行っている。なお、2008年11月に第1回の「機構債」(期間10年)500億円の募集が行われたが、国債からのスプレッド幅f29bpと財投機関債並みの発行条件となった(11月25日発行)。平成25年度末現在の同機構の貸付残高は23兆829億円、債券発行残高は19兆5,333億円である。地方公共団体金融機構 フレッシュアイペディアより)

  • 大名債

    大名債から見た債券債券

    大名債(だいみょうさい、)とは、日本国外の発行体が円建てで日本市場に発行する債券のことである。大名債 フレッシュアイペディアより)

232件中 91 - 100件表示

「債券」のニューストピックワード