189件中 91 - 100件表示
  • 信用リスク

    信用リスクから見た債券債券

    信用リスクは、債務者のリスクが反映されるあらゆる取引に波及するリスクである。信用リスクにさらされている金融商品として、代表的なものとしては、貸出債権や国債、社債、金融債等の債券、株式やクレジットデリバティブを挙げることができる。また、預金についても、預金を預けている金融機関がデフォルトした場合、預金が毀損する可能性があるという意味で、間接的には信用リスクにさらされていると考えることができる。信用リスク フレッシュアイペディアより)

  • 内部留保

    内部留保から見た債券債券

    企業が資金調達をする際、株式や債券を発行したり、借金をしたりすると、株主・債権者に配当金や返済などの義務を負う。これに対し、内部留保は投資であると同時に貯蓄でもあるため、そのような義務を負わずに調達できる資金である。そこに着目して、内部留保は「余裕資金」と呼ばれることもある。内部留保 フレッシュアイペディアより)

  • ホー・リー・モデル

    ホー・リー・モデルから見た債券債券

    このモデルは、トマス・S・Y・ホー(Thomas S. Y. Ho) と サンビン・リー(Sang-Bin Lee)により、1986 年に債券価格の二項格子モデルとして導入され、その後以下のとおり連続期間極限モデルに拡張された。ホー・リー・モデル フレッシュアイペディアより)

  • インフレ連動債

    インフレ連動債から見た債券債券

    インフレ連動債(インフレれんどうさい)とは、仕組みにより異なる場合があるが、一般に元本がインフレーション率によって変動する債券である。インフレ連動債 フレッシュアイペディアより)

  • ムーディーズ

    ムーディーズから見た債券債券

    ムーディーズ(Moody's Corporation)は、ムーディーズ・インベスターズ・サービス(MCO)米大手債券格付け機関である。スタンダード&プアーズ(S&P)と並ぶ2大格付け会社の一つで、企業、債券などの信用力を調査し信用格付けを行っている。主に債券の発行会社から格付け手数料収入を得て格付けを行っている。07年からの米国バブル崩壊以後でも、ムーディーズの格付けは世界の投資機関に大きな影響力をもち、世界中の投資機関がムーディーズの格付けを用いて株券や債券の投資決定が行われている。ムーディーズ フレッシュアイペディアより)

  • アモチゼーション

    アモチゼーションから見た債券債券

    債券を額面より高く取得した場合、償還した時に額面と取得価格の差額が損失となる。この損失を保有期間まで均等に配分し、簿価を下げる処理をアモチゼーションと言う。アモチゼーション フレッシュアイペディアより)

  • マーケットメイク

    マーケットメイクから見た債券債券

    マーケットメイクは、株式・為替・債券など、金融商品の市場における取引方法のひとつ。マーケットメイク フレッシュアイペディアより)

  • ボウイ債

    ボウイ債から見た債券債券

    ボウイ債(ボウイさい)とは、ロックミュージシャンのデヴィッド・ボウイが1997年に発行した債券(正確には資産担保証券(ABS))である。ボウイ債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通銀行

    普通銀行から見た債券債券

    地方債又は社債その他の債券の募集または管理の受託普通銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街大暴落 (1929年)

    ウォール街大暴落 (1929年)から見た債券債券

    1929年10月24日(ダウ工業株平均は9月3日に最高値381.17を付けたばかりだった)、市場は遂に崩壊し、恐慌的な売りが始まった。1931年、アメリカ合衆国上院にペコラ委員会が創設され、崩壊の原因を調査することになった。アメリカ合衆国議会は1933年にグラス・スティーガル法を成立させ、預金と貸付を取り扱う商業銀行と、株式、債券など有価証券の引受、発行および配布を行う投資銀行との分離を決めた。ウォール街大暴落 (1929年) フレッシュアイペディアより)

189件中 91 - 100件表示

「債券」のニューストピックワード