189件中 11 - 20件表示
  • 信用創造

    信用創造から見た債券債券

    なお売掛・買掛金や賃金等の月末・期末決済の慣習、手形やCP、個人同士や個人・法人間あるいは法人間での金銭貸借の増加、株式会社等の設立、株式や債券の発行、金銭貸借・債券などの保証や保険契約(CDS等)など、広い意味で信用の決済手段への具象化に関する契約の形態は非常に多種多様であるが、一般には貯蓄銀行機能を媒介したものを「信用創造」と呼び、掛信用や賃金慣習、直接投資による与信創造は信用創造と呼ばれることは稀少である。これは貯蓄銀行機能を媒介とした信用創造は、中央金融当局が比較的容易に調査・計数把握することが可能であるのに対して、金融機関を介しない経路については実効的な把握はきわめて困難なことによる。(参照:公証人、内容証明郵便、登記)信用創造 フレッシュアイペディアより)

  • 供託金

    供託金から見た債券債券

    選挙における供託金は、被選挙人(=候補者)が公職選挙に出馬する際、国によっては選挙管理委員会等に対して寄託することが定められている場合に納める金銭もしくは債券などのことである。当選もしくは一定以上の結果を残した場合には供託金はすべて返還されるが、有効投票総数に対して一定票(供託金没収点)に達しない場合は没収される。この場合において、法定得票と供託金没収点は一致しない(供託金没収点は法定得票より若干少ない)。供託金 フレッシュアイペディアより)

  • キャピタル・ゲイン

    キャピタル・ゲインから見た債券債券

    キャピタル・ゲイン(capital gain)とは債券や株式など資産の価格の上昇による利益のことを言う。資本利得、資産益と訳せる。価格が下がって損をすることもあるが、この場合はキャピタル・ロス(capital loss)と呼ぶ。キャピタル・ゲイン フレッシュアイペディアより)

  • コンソル公債

    コンソル公債から見た債券債券

    コンソル公債(consols)とは、イギリスで発行されている永久に一定額の利子(クーポン)が支払われる債券公債のことである。償還しない代わりに、永久に利子が払われる契約に基づく永久債の代表的な例の一つで、しばしば、経済学で利子率と債券や流動性選好説、流動性の罠を説明する際に用いられる。コンソル公債 フレッシュアイペディアより)

  • 長短金利の逆転

    長短金利の逆転から見た債券債券

    長短金利の逆転(ちょうたんきんりのぎゃくてん)とは、長期金利(償還期間の長い債券の利回り)が短期金利(償還期間の短い債券の利回り)を下回る現象。長短金利の逆転 フレッシュアイペディアより)

  • 郵便貯金切手

    郵便貯金切手から見た債券債券

    戦時郵便貯金切手 - 通称「弾丸切手」。名称は似ているがこちらは債券である。郵便貯金切手 フレッシュアイペディアより)

  • 復興貯蓄債券

    復興貯蓄債券から見た債券債券

    復興貯蓄債券(ふっこうちょちくさいけん)は、復興貯蓄債券法(大正13年7月22日公布)によって日本勧業銀行から発行された債券である。復興貯蓄債券 フレッシュアイペディアより)

  • アクティブファンド

    アクティブファンドから見た債券債券

    アクティブ・ファンドとは、投資信託のうちで運用担当者(ファンド・マネージャー)が株式、債券、その他有価証券等の銘柄及び投資割合を決定する投資信託を指す。アクティブファンド フレッシュアイペディアより)

  • 学校債

    学校債から見た債券債券

    学校債(がっこうさい)とは、日本において学校法人が発行する債券又はその多数の者からのシンジケート・ローンを証する証拠証券をいう。学校債 フレッシュアイペディアより)

  • 市場型間接金融

    市場型間接金融から見た債券債券

    銀行等の金融機関が融資をする点では間接金融と同じだが、株式・債券・現物資産(不動産など)を証券化したもので運用する金融であり、ビークル(システムの介在)により、リスクを分担させる。市場型間接金融 フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示

「債券」のニューストピックワード