189件中 71 - 80件表示
  • 政府保証債

    政府保証債から見た債券債券

    政府保証債(せいふほしょうさい)は、政府関係機関や特殊法人等が発行する債券のうち、政府が元本や利子の支払いを保証しているもの。政府関係機関債のうち政府保証が付与されているものはこれに該当する。政府保証債 フレッシュアイペディアより)

  • 財投機関債

    財投機関債から見た債券債券

    財投機関債(ざいとうきかんさい)は、政府関係機関や特殊法人等が発行する債権のうち、政府が元本や利子の支払いを保証していない債券。2001年の財政投融資改革によって、特殊法人等の新たな資金調達手段として導入された。政府保証はないが、政府関係機関の経営状況が悪化しても政府が支援すると考えられているため、暗黙の政府保証が行われているともいわれるが、金利は政府保証債よりもやや高い。財投機関債 フレッシュアイペディアより)

  • 財政投融資特別会計国債

    財政投融資特別会計国債から見た債券債券

    財政投融資にあてるための資金調達で用いられる債券としては、財投債、財投機関債、政府保証債の3つがある。このうち、財投機関債と政府保証債は特殊法人等の財投機関が発行する債券であるのに対し、財投債は国が発行する債券、すなわち国債(国庫債券)の一種である。財政投融資特別会計国債 フレッシュアイペディアより)

  • ソブリン債

    ソブリン債から見た債券債券

    ソブリン債(ソブリンさい、英:sovereign bond)とは、各国の政府又は政府関係機関が発行し又は保証している債券(国債など)のこと。ソブリン債 フレッシュアイペディアより)

  • アムステルダム証券取引所

    アムステルダム証券取引所から見た債券債券

    アムステルダム証券取引所は世界で最古の証券取引所だと考えられている。1602年にオランダ東インド会社によって、株券や債券を売買するために設立された。それは、かつて有価証券を取引するために設立された取引所の名称を変えて証券取引所としたものである。アムステルダム証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • ザグレブ証券取引所

    ザグレブ証券取引所から見た債券債券

    ザグレブ証券取引所(クロアチア語: 、英語: Zagreb Stock Exchange、ZSE)は、クロアチアの首都ザグレブで運営されている証券取引所。取引対象には、クロアチア企業の株式のほかに、債券、商業手形などがある。ザグレブ証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 地方公共団体金融機構

    地方公共団体金融機構から見た債券債券

    貸付対象については、地方道路公社、土地開発公社を対象外としている。一方、同機構としての資金調達では、債券を発行するが、この債券は政府保証の付かない一般担保付債券の扱いとなる。ただし、既発の政府保証債の借換分については引き続き政府保証債となる。なお、2008年11月に第1回の「機構債」(期間10年)500億円の募集が行われたが、国債からのスプレッド幅f29bpと財投機関債並みの発行条件となった。(11月25日発行)地方公共団体金融機構 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社

    ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社から見た債券債券

    20世紀初め、ニューヨーク・ニュージャージー両州間にはハドソン川を越える橋もくぐるトンネルもなかった。港湾公社の設立に先立って設計と建設が行われてきたホランド・トンネルは1924年に開通した。自動車の交通量が増加するにつれて、ハドソン川を渡る交通手段の需要はより高まっていった。債券を発行し、利益を上げることが許されているという特性を活かし、港湾公社は大規模なインフラ整備プロジェクトを実行・管理してきた。初期のプロジェクトには、スタテンアイランドとニュージャージーとを隔てる海峡、アーサー・キルへの架橋などがあった。そのプロジェクトの1つとして、スタテン島とエリザベスを結ぶゲーソルズ・ブリッジが架けられた。橋の名はパナマ運河建設の総指揮者であったアメリカ合衆国陸軍中佐(当時)、ジョージ・ワシントン・ゲーソルズにちなんでつけられた。並行してアーサー・キルの南端に架けられたアウターブリッジ・クロッシングは、港湾公社最初のトップであったユージニアス・H・アウターブリッジからその名を取っている。この2本の橋はいずれも1928年に完成した。1931年にはスタテン島とその北に位置するバイヨンヌ市とを結ぶバイヨンヌ橋が完成し、スタテン島とジャージーシティ方面とを結ぶ交通路が確立された。ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 フレッシュアイペディアより)

  • 抵当証券

    抵当証券から見た債券債券

    現在の購入単位は50万円ないしは100万円、運用期間は半年?5年程度。元利金は原則として、抵当証券の発行会社が保証する(広義の債券。金融商品取引法では「抵当証券法に規定する抵当証券」は第一項有価証券と定義される)。そのため抵当権の価値に元本が左右される事は無いが、発行会社が倒産した時は元本が戻ってこない危険性(リスク)も有する。そのため、購入の際には発行元の経営状況を確認する必要がある。金利は利息制限法の範囲内で自由に設定でき、金融類似商品として源泉分離課税の対象となっている。抵当証券 フレッシュアイペディアより)

  • 数理ファイナンス

    数理ファイナンスから見た債券債券

    数理ファイナンスにおける価格理論の中で単純な構造を持つブラック-ショールズモデルは、株と債券という2つの価格のわかっている証券を用いて、任意のデリバティブ(株に関するものに限る)の複製を行う。このように、すべてのデリバティブが複製可能なとき、市場は完備であるといわれる。一方で、複製できない商品が存在する市場を非完備市場と呼ぶ。完備なモデルにおいては、無裁定原理からすべてのデリバティブの適正価格が求められるが、非完備なモデルの場合は複製できない商品に関しては無裁定原理とは別の方法によらなくては価格を定義することができない。数理ファイナンス フレッシュアイペディアより)

189件中 71 - 80件表示

「債券」のニューストピックワード