240件中 31 - 40件表示
  • 仮面レンジャー田中

    仮面レンジャー田中から見た恋人恋人

    1号から3号までいる、覆面を付けた一般人。3号のみ彼女がいる。仮面レンジャー田中 フレッシュアイペディアより)

  • 田部シメ子

    田部シメ子から見た恋人恋人

    田部 シメ子(たなべ しめこ 1912年(大正元年)12月2日 - 1930年(昭和5年)11月29日)は作家太宰治の恋人の一人。別名田部あつみ、また田辺あつみとも。太宰の短篇「道化の華」(1935年)に登場する心中事件の相手"園"のモデル。田部シメ子 フレッシュアイペディアより)

  • 慰謝料電卓

    慰謝料電卓から見た恋人恋人

    年齢や性別といった自分のプロフィールを入力後、慰謝料の請求相手とその関係性を恋人や上司など、9種類から選択する。その後、怒りの原因となる出来事を選択した後にその内容を文字で入力する。最後に左下に貼付している「精神的ダメージキー」を気の済むまで連打し、自らの感情が落ち着いたら決定キーを押下することで慰謝料が算出される。なお、金額にするほどでもない場合は「ショウガナイ」などと表示され、慰謝料は算出されない。慰謝料電卓 フレッシュアイペディアより)

  • 15 明刹工業高校ラグビー部

    15 明刹工業高校ラグビー部から見た恋人恋人

    アキラの最初の「友達」で、誰よりもアキラを信じている。首からiPodらしきものを下げているが、音痴らしい。親友の認識がほぼアレ15 明刹工業高校ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • R指定 (リアーナのアルバム)

    R指定 (リアーナのアルバム)から見た恋人恋人

    『R指定』(あーるしてい、原題:Rated R)はバルバドスのレコーディングアーティストリアーナの4枚目のスタジオ・アルバムである。デフ・ジャム・レコードより2009年11月20日に発売された。アルバムの録音は、2009年1月から3月にかけて、いくつかのレコーディングスタジオで行われた。アルバムは主にチェイス・アンド・ステイタス、スターゲイト、ザ・ドリーム、ニーヨ、ブライアン・ケネディによってプロデュースされた。『R指定』はリアーナが当時の恋人クリス・ブラウンから暴力を受けた事件の後にコンセプトが考えられた為、歌詞は不吉な「怒り」の雰囲気を特徴とし、音楽的にはヒップホップ、ロック、ダブステップの要素を取り入れている。R指定 (リアーナのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 今日の早川さん

    今日の早川さんから見た恋人恋人

    眼鏡をかけたOL。本棚に大量のSF小説を詰め込んだ超SF小説オタク。社会人としてはまっとうで家事もきちんとこなせるが、こと読書がらみでは残念な言動を連発する、かなりの非モテ系女子(かつて彼氏がいたこともあるが、SF好きゆえ仲がこじれてしまった)。男にモテたいという気持ちがあるが、自分と同じようなSFマニアの伴侶を求めているため一向にうまくいかない(自身の読書ブログで公開しているセルフポートレートは、画像処理して美人のように見せている)。SF以外にも原付、写真撮影(主に植物昆虫)などの趣味がある。もともとマゾヒストの気やレズの気があるのか、文子の巨乳を見て顔を赤くすることがあったり、百合を過剰に意識することもある。またショタの気もあるようで、富士見延流の弟・紙葉を狙っている。怖いものは苦手だが、田舎育ちのため虫はまったく平気(怖いもの好きだが虫は苦手な帆掛舟とは対照的)。初登場は2006年7月21日(初日)分のブログ。その翌日に「早川さん」という名前が付けられた。今日の早川さん フレッシュアイペディアより)

  • 合方

    合方から見た恋人恋人

    転じて漫才などにおける自身のコンビ役を指す言葉として用いられ、そこから恋人について相方と呼ぶこともある。合方 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスパー (カクテル)

    ヴェスパー (カクテル)から見た恋人恋人

    名称は、小説家イアン・フレミングのジェームズ・ボンド連作小説中、第一作目の『007 カジノ・ロワイヤル』(1953年)に由来し、ジェイムズ・ボンドの恋人役(ボンドガール)として登場するヴェスパー・リンドの名前から付けられた。ヴェスパー (カクテル) フレッシュアイペディアより)

  • ヴィヴァンディエール

    ヴィヴァンディエールから見た恋人恋人

    しかし、秩序は規律は弛緩しており、また、娼婦や恋人といった女性が多く従軍していたため、食料や場所を塞ぐようになった。ヴィヴァンディエール フレッシュアイペディアより)

  • 狂おしき華燭

    狂おしき華燭から見た恋人恋人

    大学二年生。銀行重役の令嬢で、美貌と教養に富んだ美人(美少女)。まだ男性経験の全くない処女で、すでに数え切れないほどデートを重ねた恋人の柴田則人ともいまだキスしかしていない。柴田則人を心から愛していたが、彼と婚約した直後、そこで初めて恋人の意外で異常な正体を知らされる。どれだけ則人の手で苛酷に淫らに責めなぶられ、マゾとして目覚めていってなお、常に彼女本来の羞恥の念を忘れることのない、愛らしく可憐なヒロイン。原型作品『被虐の契り』のヒロイン・松平葉子のほぼ同一存在だが、この雅子の方が本当に微細な部分で、よりお嬢様らしい丁寧な物言いをする。狂おしき華燭 フレッシュアイペディアより)

240件中 31 - 40件表示

「元カレ・元カノ」のニューストピックワード