240件中 61 - 70件表示
  • 飛ぶ教室 (漫画)

    飛ぶ教室 (漫画)から見た恋人恋人

    オサムの彼女でオサムからは「みっちゃん」と呼ばれる。男勝りな少女で一人称はボク。その明るさと元気で皆を引っ張っているが、オサムの前では涙を見せる等女の子らしい可愛い一面も見せている。モデルは本田美奈子。飛ぶ教室 (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • Teddy bear (小説)

    Teddy bear (小説)から見た恋人恋人

    この出会いが2人の運命の出会いだった。2人は何度か逢瀬を重ね、「好き」と冗談で言える関係を経て、ついに恋人同士になった。Teddy bear (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 橋姫

    橋姫から見た恋人恋人

    橋を守る女神として祭られているが、縁切りの神でもあり、悪縁を切るご利益がある。逆に、恋人同士や婚礼の儀で、神社の前を通ったり宇治橋を渡ったりするのはタブーである。橋姫 フレッシュアイペディアより)

  • マリュー・ラミアス

    マリュー・ラミアスから見た恋人恋人

    物語開始当初は地球連合軍の女性士官で、階級は大尉。大西洋連邦のヘブンアイランド技術研究所では、技術士官としてPS装甲の開発に携わっていた。強襲機動特装艦アークエンジェルの副長として、G兵器拝領のためにスペースコロニー・ヘリオポリスへの入港中にザフト軍の襲撃に遭遇し、なしくずし的に同艦の事実上の艦長を務めることになる。基本的には情に厚く、軍人として冷徹さが要求される状況においても情を優先する傾向があるため、軍務の遂行を最優先とする副長兼兵器管制担当のナタル・バジルールとは対立が絶えなかった。しかし、アークエンジェルに乗り合わせた地球連合軍エースパイロットのムウ・ラ・フラガとは、恋人同士となる。マリュー・ラミアス フレッシュアイペディアより)

  • 消費者心理

    消費者心理から見た恋人恋人

    これには消費者の個人的な欲求に加えて、社会的な評価や価値観や、流行などといった社会情勢に対する態度なども含まれている。また同じ商品を購入する場合であっても、それに対する消費者心理とは時と場所によって異なるという性質がある。たとえば高価な宝飾品を買う場合であっても、それは恋人へのプレゼントであるがゆえに大金を支払う場合と、それが蓄財の手段となりうるがゆえに大金を支払うといった具合に意思決定に至る判断が異なる。またマーケティングの分野では、消費者による購入行為におけるリスクをどう位置付けているかもしばしば論じられる。消費者心理 フレッシュアイペディアより)

  • 横恋慕

    横恋慕から見た恋人恋人

    横恋慕(よこれんぼ)は、既婚者や恋人のいる人に対して横合いから恋愛感情を持つこと。横恋慕 フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ピストリウス

    オスカー・ピストリウスから見た恋人恋人

    プレトリアのゲーテッドコミュニティ(要塞都市)にある自宅で恋人のリーバ・スティンカンプを銃で射殺したとして逮捕され、2013年2月14日に国内メディアに報道された。報道では、侵入者と誤認して撃ったとされる。一方、ピストリウスは、過去にDVで通報された経歴があり、南アフリカの検察は「計画的殺人」であると主張している。オスカー・ピストリウス フレッシュアイペディアより)

  • 自己紹介

    自己紹介から見た恋人恋人

    自己紹介が可能な部分はあくまでも自身の認識している範囲内であるため、相手は自己紹介する本人が自分を見る見方を受け取らざるを得ない。基本的に自分の事を知らない人間に自分を知ってもらうための行為である。その相手には、例えば新しい友人や恋人、仕事での同僚や上司や部下、時には新しい家族であることもある。自己紹介 フレッシュアイペディアより)

  • 人違いバラバラ殺人事件

    人違いバラバラ殺人事件から見た恋人恋人

    控訴審の最終尋問が8月20日に開かれたがFはさらなる事件を引き起こした。再び検察側証人として出廷したA子は「勝手に私のことを恋人と思っているだけで、私には関係ない」と断言した。この証言を聞いていたFは激高し、証言台から引き下がろうとしていたA子の胸を、被告人席から隠し持っていた竹べら(前もって房内にあったハエたたきの柄を折って作っていた)で刺した。A子は全治2週間の傷を負った。法曹関係者は「法廷内における証人の保護」について協議する事態となった。人違いバラバラ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 森下知幸

    森下知幸から見た恋人恋人

    2006年12月、取材に来た毎日新聞社の記者に対して「次はクリスマスイブの日にホテルを取ってから取材に来てよ」と要求したうえで「野球部のクリスマスパーティーがあるからそれに出て、その後二人で抜け出そう」などと発言した。驚いた記者は、業務都合で無理だと再三断ったうえで、自分には既に恋人がいると重ねて説明した。しかし、記者から何度断られても「静岡の男は俺に決まりだ」「もう一度俺に恋をさせてくれ」「仕事なんかいいじゃないか」などと執拗に要求した。さらに、記者を飲食店やカラオケに誘い出して、記者に対して腕を組んだり手を握ったりという行為に及び、記者から拒まれても「恥ずかしがり屋だなあ」などと発言していた。森下知幸 フレッシュアイペディアより)

240件中 61 - 70件表示

「元カレ・元カノ」のニューストピックワード