240件中 81 - 90件表示
  • ポリーナ・スースロワ

    ポリーナ・スースロワから見た恋人恋人

    ドストエフスキーの2番目の妻アンナ・スニートキナと違って、スースロワはドストエフスキーの本をほとんど読まなかった。作品を尊敬しているわけでもなく、単純に恋人として接していたのである。ドストエフスキーもスースロワに宛てて「かわいいひと、君を安っぽい至福の境地といったものに誘おうというつもりはありません」という手紙を書いている。破局後、スースロワはこういった手紙を初めとしたあらぬ疑いをまねくような文書を焼き捨てている。そして1867年、ドストエフスキーはアンナ・スニートキナと結婚した。ポリーナ・スースロワ フレッシュアイペディアより)

  • 自虐ネタ

    自虐ネタから見た恋人恋人

    恋人や友人がいるが「二次元」である、というネタ。オタクの中で用いられる。自虐ネタ フレッシュアイペディアより)

  • イム・ホ

    イム・ホから見た恋人恋人

    SBS 恋人 カン・ヨンジェ役イム・ホ フレッシュアイペディアより)

  • チョ・ギョンファン

    チョ・ギョンファンから見た恋人恋人

    2003年「恋人」、「オールイン 運命の愛」(チニの父親役)チョ・ギョンファン フレッシュアイペディアより)

  • 悲しみ

    悲しみから見た恋人恋人

    一般的に愛情、友情、依存、共栄の対象が失われた時に見られる。悲しみは「深い、浅い」と表現され、対象と自身とのつながりが強い程、深い悲しみが訪れる。そういった意味では最大の悲しみは身近な人の死である。しかし「対象が失われる」とは死だけではなく、存在が遠くなる、つまり恋人との別れや夫の単身赴任といったことや大事にしていた物が壊れる、楽しみにしていた行事が無くなるといったことも含まれる。対象が失われる程度についても、悲しみの深さに大きく起因する事項である。悲しみ フレッシュアイペディアより)

  • 鬼の風水

    鬼の風水から見た恋人恋人

    薫の元情人の一人で、薫の想いが卓也に移ったことに嫉妬し、最終的には「七曜会」を裏切って卓也を殺そうと目論むが、当の薫に阻止されて死ぬ。鬼の風水 フレッシュアイペディアより)

  • 空談師

    空談師から見た恋人恋人

    黒の族長。公式対戦成績5位の腕前だが、抗争前日に現れたクダン(ヨエル)と戦って負けた。ミポの彼氏。空談師 フレッシュアイペディアより)

  • 受身 (性風俗)

    受身 (性風俗)から見た恋人恋人

    客は風俗嬢の身体を抱きしめてハグやキスをしたり、また手淫やクンニをしたり、生身の女性に触れられるので恋人と過ごしているかのような疑似体験を得られる。受身 (性風俗) フレッシュアイペディアより)

  • 人間関係

    人間関係から見た恋人恋人

    ひとりの人は誕生したときに、すでに両親との人間関係を持ち、さらにその後、兄弟(姉妹)、友人、恋人、配偶者などとの関係を通じて、様々な人間関係を営んでゆく。ひとりの人の人生は、人間関係の歴史そのものである。その中には、良好な関係もあれば、険悪な関係もある。また、人間関係は、長期間にわたり継続されることもあるが、せっかく築き上げた関係が、短期間で崩壊してしまうこともある。人間関係 フレッシュアイペディアより)

  • ランダム・ウォーク (漫画)

    ランダム・ウォーク (漫画)から見た恋人恋人

    社会派ミステリー作家。暁充の友人で、望の父。優架を気に入り、息子の望あてに優架を恋人にするようにと推薦状を書く。気さくな人柄。ランダム・ウォーク (漫画) フレッシュアイペディアより)

240件中 81 - 90件表示

「元カレ・元カノ」のニューストピックワード