元木 大介

元木大介 ニュース&Wiki etc.

元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「元木大介」のつながり調べ

  • 2013年の日本シリーズ

    2013年の日本シリーズから見た元木大介

    実況:小笠原亘(TBS)、解説:元木大介、リポーター:戸崎貴広(TBS)、飯野雅人(東北放送)(2013年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た元木大介

    過去の例としては木村拓也(日本ハム→広島→巨人、投手以外の全て)、後藤孝志(巨人、三塁手、一塁手、外野手)、元木大介(巨人、内野の全て)、万永貴司(横浜、内野の全て)、秀太(阪神、内野の全て)、飯山裕志(日本ハム、内野の全て)などが挙げられる。現役選手では巨人の寺内崇幸(内野の全て)、阪神の今成亮太(三塁手、一塁手での出場が多いが、左翼手、右翼手、捕手にも対応可能)、DeNAの大和(内野の全て及び外野)、ソフトバンクの明石健志(内野の全て及び外野)、川島慶三(内野の全て及び外野)、中村晃(左翼手、右翼手、一塁手)、日本ハムの杉谷拳士(内野の全て及び外野)、西武の外崎修汰(内野の全て及び外野)、オリックスの大城滉二(一塁手を除く内野の全て、及び外野)、ロッテの中村奨吾(内野の全て及び外野)、東北楽天の渡辺直人(内野の全て)などがこれに該当する。ここに挙げた選手のほとんどは、守備固めで出場することが多いが(中村晃、中村奨吾などのように、複数のポジションで併用されながらレギュラーとして起用される選手も存在する)、主力選手の不調や故障などの非常時のバックアップ要員としてスタメンとしての起用にも対応できることが少なくないため、比較的重宝される傾向にある。(コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

「元木大介」のニューストピックワード