前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
123件中 1 - 10件表示
  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た元木大介元木 大介

    前述の企画から1年半後。マリオ攻略時kikaiさんに最終面クッパ戦手前まで手伝ってもらったことに対し「中井さんの力でやっていないのでは?」との声が出たため白黒つけるべく2つの対戦型ゲーム(す?ぱ?ぷよぷよ、ストリートファイターII)をスーパーファミコンで対決することに。メンバーは中井、中島、勝俣、さいとう、さらに対戦ということでスポーツ界から元木大介(番組に出演した種田の高校の同級生)、竹原慎二、内藤大助の両元世界王者の7名にゲーマーの「ときど」さん「くまちょむ」さんを呼び2チームの対抗戦を行うことに。1人1試合ずつ戦い5試合×2ゲームの勝利数の多いチームは麹町のイタリアンが。負けチームは1.4kgの巨大料理を完食しなければならない。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 李尚勲

    李尚勲から見た元木大介元木 大介

    こうした経緯で、に中日ドラゴンズに入団。宣銅烈、李鍾範と合わせて3人の韓国人選手が在籍したことから三銃士と呼ばれた。日本での初登板は5月9日の対巨人戦(東京ドーム)。最初に対戦した打者元木大介に1ボール2ストライクから投じた5球目を本塁打された。その後の6月6日にナゴヤドームで対戦した際も1死満塁から走者一掃の三塁打を打たれた。1年目は1勝にとどまった。当初は先発だったが、血行障害と大学時代からの持病である習慣性脱臼の影響で、後半から中継ぎに転向し、岩瀬仁紀、落合英二とともに活躍。6勝を挙げてチームのリーグ優勝に貢献。しかし、日本シリーズではひじの故障で出場選手登録から外された。日本シリーズを前にしてマスコミの前で翌年のメジャー挑戦の意向を明らかにした。同年オフに中日を退団し、ボストン・レッドソックスに入団。これで、韓国、日本、アメリカの3か国のプロリーグを経験する選手となった。尚、李より前にスコット・クールボー、後にフリオ・フランコ、具臺晟、高津臣吾らも経験している。李尚勲 フレッシュアイペディアより)

  • 隠し球

    隠し球から見た元木大介元木 大介

    日本プロ野球では、1999年4月3日の読売ジャイアンツ対阪神タイガース戦で、巨人の三塁手・元木大介が隠し球を試みたが、桑田真澄投手がボークをとられたという事例がある。桑田は、左足が投手板をまたいでいるように見えたと審判員から通告されたと語っている。隠し球 フレッシュアイペディアより)

  • THE・サンデー

    THE・サンデーから見た元木大介元木 大介

    1996年に放送時間を30分拡大するとともにスタッフを一新してからは、ワイドショー的な演出手法を取り入れ、芸能コーナーも設置。また、熱狂的なプロ野球・読売ジャイアンツファンとしても知られる徳光と、元巨人で日テレ野球解説者の江川卓との「激論バトル」がスポーツコーナーの大半を占めるようになった(一時期、この2人に加えてこちらも巨人OBの元木大介を入れた3人でバトルを繰り広げたこともあった。なお、元木は日本テレビやラジオ日本の野球解説者ではなく、TBSラジオの野球解説者である)。THE・サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 仁志敏久

    仁志敏久から見た元木大介元木 大介

    ''に二塁手に転向。7月19日のヤクルト戦では、巨人キラーの石井一久に対して、松井秀喜以外はすべて右打者を並べるという監督の長嶋茂雄の采配のためにレフトを守った(二塁が元木大介、三塁が石井浩郎)が、その試合で池山隆寛の高い飛球をランニング本塁打にしてしまい、その後二度と守ることはなかった(試合後、長嶋は自分の起用ミスのせいであると仁志を庇い、先発の斎藤雅樹に謝罪した)。同年は打率.242と前年より下がってしまったが、10本塁打、39打点と本塁打と打点は前年より上がった。小柄な体格だったがコーチの土井正三の熱心な指導もありこれ以降二塁手としての評価を伸ばした。仁志敏久 フレッシュアイペディアより)

  • J SPORTS STADIUM

    J SPORTS STADIUMから見た元木大介元木 大介

    2015年8月21日の対巨人戦はジュピターテレコム(J:COM)が放送権を獲得した。解説を江夏豊(テレビ大阪解説者)と元木大介、実況を島村俊治が担当し、J:COMが視聴できる環境ではサービスへの加入・未加入を問わず誰でも無料で視聴できる「J:COMテレビ」で生中継する。また、J:COMのサービスエリア外である広島県ではちゅピcomふれあい・ひろしま・おのみちの3局で生中継する予定である。当然ながら、他のケーブルテレビ局のサービスが提供されている世帯など、J:COMエリア外ではこの中継を視聴することができない。J SPORTSでは音声差し替えなしの当日録画で対応する。制作体制はJ:COMとJ SPORTSとの共同制作名義となっていた(制作協力:TSSプロダクション、技術協力:テイクシステムズ)。テロップはJ SPORTS仕様のものを使用したが、画面切り替え時及びランニングスコアがJ:COMではざっくぅの入った特別仕様、J SPORTSでは前者はなし、後者はJ SPORTS標準仕様だった。テーマソングもJ:COMでは無音だったがJ SPORTSでは通常通り「スターター」と微妙に異なった。J SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 南 明奈

    南明奈から見た元木大介元木 大介

    愛称「アッキーナ」を名付けたのは『Hana*chu→』編集部のスタッフで、モデルの愛称を一人一人決める時に「響きが外国人っぽいし、いいんじゃない?」と簡単に決められたため、当時はダサいと思って気に入らなかった。『めざましテレビ』の「早耳トレンドNo.1」コーナーではVTR中、早耳ムスメがナレーターに下の名前で「○○ちゃん」と呼ばれるのが慣例だが、南の場合はそのまま「アッキーナ」と呼ばれた。『はねるのトびら』放送当時には必ずミユッキーナこと井森美幸のコンビでゲスト出演していた。また、木下優樹菜が対抗して「ユッキーナ」を自称したり、元木大介が「モッキーナ」、吉田明世(TBSアナウンサー)が「アッキーヨ」と呼ばれたりするなど幅広く浸透しており、本人も「『南さん』と呼ばれるより『アッキーナ』と呼ばれる方がしっくりくる」と話している。南明奈 フレッシュアイペディアより)

  • モッキーナ

    モッキーナから見た元木大介元木 大介

    モッキーナ フレッシュアイペディアより)

  • 東京読売巨人軍応援団

    東京読売巨人軍応援団から見た元木大介元木 大介

    元木大介(白地に黒で「おかえり元木」 2003年5月30日の元木の復帰戦で掲げた)東京読売巨人軍応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 南明奈のスーパーマイルドセブン

    南明奈のスーパーマイルドセブンから見た元木大介元木 大介

    同オーディションには『クイズ!ヘキサゴンII』の常連出演者からユニット参加希望者計23名が受けたとされており、合格者が発表された2009年2月4日放送分では合格者の他に、アンガールズ(田中卓志・山根良顕)、大沢あかね、さとう里香、品川庄司(品川祐、庄司智春)、スザンヌ、ダンディ坂野、野久保直樹、板東英二、ますだおかだ(増田英彦、岡田圭右)、水野裕子、元木大介、矢口真里、ラサール石井、渡辺正行といった面々のオーディションや結果発表を受け取るシーンが放送されている。この時点では、南明奈『の』スーパーマイルドセブンではなく、南明奈『と』スーパーマイルドセブンであった。南明奈のスーパーマイルドセブン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
123件中 1 - 10件表示

「元木大介」のニューストピックワード