123件中 111 - 120件表示
  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た元木大介元木 大介

    巨人の選手では、堀内恒夫、篠塚和典、元木大介の仲人を務めている。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 山田 親太朗

    山田親太朗から見た元木大介元木 大介

    2009年4月、『クイズ!ヘキサゴンII』に初出演。すぐに「おバカタレント」として常連出演者となり、同年初め頃から常連出演者となった元木大介、辻希美と合わせて「新おバカ御三家」と紹介されるようになる。特に歌手志望ではなかったが、番組からCDデビューすることとなり、自身と森公平(新選組リアン)、松岡卓弥の3人組ユニット・サーターアンダギーを結成、2010年2月10日にシングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でCDデビュー。同日、那覇市観光大使に就任する。サーターアンダギーでは、自身の作詞作曲によるソロ楽曲も発表している。山田親太朗 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た元木大介元木 大介

    2002年12月23日 - 読売ジャイアンツ(仁志、條辺、斉藤、元木、真田、阿部・6枚)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • CBCドラゴンズナイター

    CBCドラゴンズナイターから見た元木大介元木 大介

    2007年(対日本ハム)-全試合JRN全国中継を解説者派遣の上でネット受け(札幌ドームでの第1・2戦はHBC、ナゴヤドームでの第3?5戦はCBC制作)。第3戦と第4戦はJRN全国中継をCBC自社でも放送したため、TBSの解説者がCBCの地元向けの放送にも登場した(第3戦は牛島、第4戦は元木大介)。CBCドラゴンズナイター フレッシュアイペディアより)

  • 三萩野

    三萩野から見た元木大介元木 大介

    ただし、三萩野の町は交差点の東側に位置する。三丁目には北九州市民球場、北九州メディアドーム(小倉競輪場)、三萩野公園がある。なお、二丁目には「三萩野バッティングセンター」があり、世界最速レベル(230km/h)の打席がある(定期開催、通常時は最速200km/h)ことで有名である。230km/hの打席には日本全国はもとより、海外からも体験しに訪れるほどであり、現役引退後の元プロ野球選手である新庄剛志や元木大介、福岡ソフトバンクホークスで現役時の松田宣浩なども体験した。また、元福岡ダイエーホークスのカズ山本による野球教室が開催されている(要予約、毎月2回、第2・第4木曜日)。三萩野 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た元木大介元木 大介

    、原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者として新人の脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁を記録し、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ エキサイトベースボール

    TBSラジオ エキサイトベースボールから見た元木大介元木 大介

    元木大介(2006年 - 2017年。「長嶋さんが命名!曲者」「ミスターが命名!曲者」)※本番カード中心で、裏送り中継はCBC・RCC向けのみ時折出演。テレビではフリーのため、過去にフジテレビへの単発ゲスト出演がる一方、TBSテレビは地上波・衛星波ともにゲスト解説者としての出演実績がない(タレントとしての出演はあり)。TBSラジオ エキサイトベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ズームイン!!サタデー

    ズームイン!!サタデーから見た元木大介元木 大介

    広報部長 … 元木大介(2005年引退)ズームイン!!サタデー フレッシュアイペディアより)

  • フリーアナウンサー

    フリーアナウンサーから見た元木大介元木 大介

    大神いずみ(元日本テレビ→現:タレント。元読売巨人軍、現野球解説者の元木大介夫人。ケイダッシュ所属)フリーアナウンサー フレッシュアイペディアより)

  • 野球道 (フジテレビ系列)

    野球道 (フジテレビ系列)から見た元木大介元木 大介

    この他にも、上記以外のLF・QR/NRN/FNS各局解説者(西本聖・パンチ佐藤など)や本数契約のフリー解説者(元木大介・広澤克実・大沢啓二など)が単発ゲストとして出演したことがある。野球道 (フジテレビ系列) フレッシュアイペディアより)

123件中 111 - 120件表示

「元木大介」のニューストピックワード