119件中 31 - 40件表示
  • 2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た元木大介元木 大介

    実況:椎野茂、解説:元木大介、リポーター:戸崎貴広(両サイド兼務)2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平川健太郎

    平川健太郎から見た元木大介元木 大介

    同期入社アナウンサーは、野口敦史(現・報道局外報部)、大神いずみ(現・フリー。元巨人・元木大介夫人)、松本志のぶ(現・フリー)。平川健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • KONAMI Arcade Championship

    KONAMI Arcade Championshipから見た元木大介元木 大介

    BASEBALL HEROES 2011 - 元木大介(野球解説者)KONAMI Arcade Championship フレッシュアイペディアより)

  • マツイ日記は知っている!

    マツイ日記は知っている!から見た元木大介元木 大介

    元木(くせ者)(元木大介マツイ日記は知っている! フレッシュアイペディアより)

  • 1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た元木大介元木 大介

    またこの年は入団拒否も相次ぎ、ダイエー1位の元木大介は指名を拒否してハワイで浪人生活を送り、翌年のドラフトを経て志望球団の読売ジャイアンツに入団した。1989年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 定岡 正二

    定岡正二から見た元木大介元木 大介

    元木大介(「巨人で終わりたい」という理由で現役引退し、タレント・野球解説者に転身)定岡正二 フレッシュアイペディアより)

  • 村田真一

    村田真一から見た元木大介元木 大介

    4月9日には、斎藤隆(当時・横浜)から顔面に死球を受け、顔面骨折で入院した。見舞いに訪れた元木大介が言葉を無くすほど顔面が変形していたという。また、元木によると、清原和博が冗談のつもりで見舞い用果物としてバナナ1本を用意していったが、あまりの顔の変形のためにバナナを差し出すことができなかったという。本人は早く治すために、リスクは少ないが全快には時間がかかる全身麻酔を取りやめ、激痛が伴う部分麻酔で手術を行うことを要求したという。この時は「俺は顔を見せる商売じゃないんだから別にいいんだよ」と語ったが、さすがに顔の骨をドリルで削る音には耐えられず、後に「今度やるなら絶対に全身麻酔やな」と語っている。村田真一 フレッシュアイペディアより)

  • 小田幸平

    小田幸平から見た元木大介元木 大介

    一般的なタブロイド誌やバラエティを通した野球視聴者には清原和博を中心に元木大介や福井敬治などとともに「清原軍団舎弟その3」もしくは「清原一派の”子分”その2」などといった“配役”を当てられている「おとぼけ顔」のキャッチャーである。実像は岡島秀樹とともに、大先輩の桑田真澄の自主トレに毎年必ず同行している選手であり、自身研究熱心な桑田が打者研究の熱心さに舌を巻き、巨人・中日両球団で同僚であった川相昌弘が守備を絶賛した選手である。2012年には阿部ら巨人選手のハワイ自主トレに参加している様子がズームイン!!サタデーで取り上げられた。小田幸平 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎郁

    岡崎郁から見た元木大介元木 大介

    から一軍に定着。1987年には、失策2で守備率.994と遊撃手としてのシーズン守備率の日本記録(当時)を打ち立てるなど、レギュラークラスの働きを見せるも、規定打席到達は果たせないでいた。しかし入団10年目の、当時の監督藤田元司に勝負強いバッティングを見出され、キャンプではサードを中心にファーストもこなすなど、コンバートがなされた。オープン戦で首位打者を獲得し、開幕戦はファーストでスタメン出場。その後、中畑清のケガにより、サードに定着した。その後までは、サードのレギュラーポジションを守った。親友・駒田徳広との「恐怖の6・7番コンビ」は、第2のクリーンナップとして他球団から恐れられ、1989年の日本一、のリーグ優勝に貢献した。1989年からオールスターゲーム・4年連続セ・リーグ三塁手部門ファン投票選出、日本シリーズでは1989年優秀選手、1990年敢闘賞。には4番打者も務めた。以降は元木大介の成長、仁志敏久の入団もあり出場機会が減り、に現役引退。岡崎郁 フレッシュアイペディアより)

  • 小池 秀郎

    小池秀郎から見た元木大介元木 大介

    同年のドラフトではドラフト前から在京志向と球団フロントの充実を理由として「西武、ヤクルト、巨人以外ならプロ拒否」を表明していた(学校関係者には「ロッテと阪神以外なら交渉に応じるつもり」と話している)。ドラフトでは巨人は元木大介を1位指名。西武とヤクルトは小池を1位指名し、更に阪神、ロッテ、中日、広島、日本ハム、近鉄の6球団も小池を1位で強行指名した。その結果、1989年の野茂英雄と並ぶ8球団競合指名となった。抽選によりロッテが交渉権を得たが、小池は入団を拒否。松下電器に入社し、野球部でプレーすることになった。またドラフト当日ロッテは当初湯舟敏郎を指名する意向だったが、監督だった金田正一がチーフスカウトが書いた提出用の用紙を取り上げて小池を指名したという逸話がある(金田は前年のドラフトでも小宮山悟を指名する意向だったフロントに反して野茂英雄を指名している)。小池秀郎 フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示