119件中 41 - 50件表示
  • 徳光和夫の週刊ジャイアンツ

    徳光和夫の週刊ジャイアンツから見た元木大介元木 大介

    元木大介(TBSラジオプロ野球解説者)徳光和夫の週刊ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 豊中市立第十二中学校

    豊中市立第十二中学校から見た元木大介元木 大介

    元木大介 - 元プロ野球選手豊中市立第十二中学校 フレッシュアイペディアより)

  • きーぽん

    きーぽんから見た元木大介元木 大介

    元木大介が解説者として出演していたもので、きーぽんはウグイス嬢のアナウンスで出演。きーぽん フレッシュアイペディアより)

  • 前田 幸長

    前田幸長から見た元木大介元木 大介

    9月24日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で先発し、上原浩治、槙原寛己、木村龍治、平松一宏と投げ合い8回まで被安打5・無四球無失点と生涯最高のピッチング。しかし9回裏に先頭・元木大介、高橋由伸と二者連続でライト前ヒットを浴び降板。リリーフしたエディ・ギャラードが松井秀喜にもライト前ヒット、江藤智に同点満塁弾、更に二岡智宏からサヨナラホームラン浴び、巨人に4年ぶりをリーグ優勝を決められた。前田幸長 フレッシュアイペディアより)

  • 小川光明

    小川光明から見た元木大介元木 大介

    実況では声を張り上げるような手法は多用せず、落ち着いた語り口を基本スタイルとしているが、ドラマティックな場面に立ち会ったときはその限りではない。その好例として2000年9月24日の巨人対中日戦における実況が挙げられる。この試合で巨人が勝てばリーグ優勝という状況であったが、9回表が終わった時点で0-4と劣勢。長嶋監督の胴上げは翌日以降に持ち越しかと思われたが、9回裏、この日の中日の先発前田幸長と、守護神・エディ・ギャラードから元木大介、高橋由伸、松井秀喜(元タンパベイ・レイズ)の3連打で無死満塁。ドミンゴ・マルティネスは三振に倒れたが、江藤智(現:巨人二軍打撃コーチ)の満塁ホームランで同点に追いつくと、続く二岡智宏(現:北海道日本ハムファイターズ)がソロホームランを放ち、巨人はサヨナラ勝ちでリーグ優勝を決めた(解説は山本浩二と堀内恒夫)。この際の小川アナは「右へー!!どうだー!?入ったー!!ジャイアンツ優勝ー!!29回目、覇権を取りました!!とてつもないドラマ!!大変な事が起きました!!江藤の200号満塁ホームラン!!二岡のサヨナラホームラン!!ジャイアンツ優勝ー!!まさにドラマ!!2000年のペナントレースは大変なドラマです!!」と劇的な展開だったゆえに、彼にしては珍しい絶叫に次ぐ絶叫を繰り返したが、印象的な台詞を織り交ぜることも怠らなかった。二岡はこれまで6本のサヨナラホームランを打っているが(2010年現在)、そのうちの3本を実況している。不思議なことに実況した3回のうち2回が中日戦で(もう1本は2002年7月2日で、延長12回に決めた。そのときの相手は遠藤政隆)、残りの1本はプロ入り初サヨナラホームラン(1999年4月24日・対横浜戦)である。小川光明 フレッシュアイペディアより)

  • 平成の森

    平成の森から見た元木大介元木 大介

    その当時売り出し中の元木大介も当球場でプレーした。平成の森 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見た元木大介元木 大介

    12月30日 - 元木大介(大阪府、野球)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 坂元弥太郎

    坂元弥太郎から見た元木大介元木 大介

    翌になると開幕一軍メンバーに選ばれ、4月3日に一軍初登板。中継ぎで好投を続け、5月12日には初先発の座を勝ち取る。5月24日にプロ初勝利を記録したが、奇しくも同日は坂元自身の誕生日であった。その後は勝ち運に恵まれず、最終的には3勝9敗という結果に終わったものの、100奪三振・防御率3.68の好成績を残した。第15回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選出された。なお、6月13日の対読売ジャイアンツ戦では、8回一死まで無安打に抑えながら元木大介に本塁打を打たれてノーヒットノーランを逃した。なお、9月12日の阪神タイガース戦で先発登板に関しては、本来山部太が先発予定だった所、手違いから翌日登板予定の坂元の先発登板が告げられ、急遽登板する事になったものであった。坂元弥太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 恋のかま騒ぎ

    恋のかま騒ぎから見た元木大介元木 大介

    元木子(元木大介)チアガール恋のかま騒ぎ フレッシュアイペディアより)

  • 種田仁

    種田仁から見た元木大介元木 大介

    上宮高時代から注目された逸材で、当時の監督は「種田が9人いたら監督は要らない」とまで話している。同期にはお笑い芸人のほっしゃん。と元巨人の元木大介、元ロッテの小野寺在二郎。高校時代は元木とは対照的に親分肌で後輩に慕われていたと言われている。種田仁 フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示