119件中 61 - 70件表示
  • 高村祐

    高村祐から見た元木大介元木 大介

    2004年シーズン途中に巨人の元木大介との交換トレードが東京中日スポーツで報じられたが誤報であり、訂正記事が出された。同年9月24日、近鉄の本拠地・大阪ドーム主催最終戦(対西武戦)で先発投手となる。そのオフ、分配ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2005年オフに戦力外通告を受ける。高村祐 フレッシュアイペディアより)

  • 大越基

    大越基から見た元木大介元木 大介

    高校ではエースとして3年春の選抜大会に出場し、1回戦で13奪三振、2回戦では12奪三振と面白いように三振を取ってチームも勝ち進んだ。しかし上宮との準々決勝で元木大介に気圧され、竹田利秋監督の指示通りに内角を攻められず本塁打を打たれてチームも敗れた。上宮との再戦という明確な目標ができたことで大会以降は厳しい練習にも耐え、3年夏も2季連続で選手権大会に出場を果たした。大越基 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見た元木大介元木 大介

    10月3日 - 巨人の元木大介が現役引退を表明。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 日テレG+

    日テレG+から見た元木大介元木 大介

    2012年4月の改編で、通販番組を除くニュース・カルチャーの番組は全て終了され、基本的に日テレ制作のスポーツコンテンツを主としたものになり、ジャイアンツ色も強くなり、元木大介、定岡正二等他局で解説を務めるジャイアンツOBも出演するようなった。日テレG+ フレッシュアイペディアより)

  • 阪口慶三

    阪口慶三から見た元木大介元木 大介

    苦悩する鬼監督に転機が訪れたのは、久々に初戦突破した1988年。春の甲子園で、2年生左腕の山田喜久夫を擁し決勝まで進んだ東邦は、春初出場の宇和島東に敗れ、準優勝に終わる。上甲正典監督をはじめ、笑顔を絶やさずのびのびとプレーする宇和島東ナインに対し、帰名後に見た同試合のビデオテープに映っていた阪口は鬼の形相であったという。(バントを失敗した選手に対してものすごい勢いで怒ったりした。)「こんな顔をしていては選手が萎縮してしまう。」と悟った阪口は、試合中に笑顔を見せるよう努める(最初は手の平に書いた「笑」という文字を見るなどして無理矢理笑っていたらしい)などした結果、翌1989年の春の甲子園の決勝では元木大介、種田仁らを擁する上宮に延長10回逆転サヨナラ勝ちし、自身初の優勝を決める(サヨナラタイムリーを放った選手が打席へ向かう際に笑顔で打席へ送り出したという)。その試合後のインタビューでは「前年は、私のベンチでのマナーが悪くて優勝を逃してしまった。」と述べていた。阪口慶三 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回選抜高等学校野球大会決勝

    第61回選抜高等学校野球大会決勝から見た元木大介元木 大介

    第61回高等学校野球大会決勝は、山田喜久夫と原浩高のバッテリーとはじめとして前年の準優勝メンバーの主力を擁する東邦と、元木大介・種田仁・小野寺在二郎・宮田正直と後にプロ入りするメンバーを多く擁する上宮の、戦前から下馬評の高かったチーム同士の対戦となった。第61回選抜高等学校野球大会決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見た元木大介元木 大介

    2005年1月1日に入籍。4月22日 通算1000試合出場(401人目)を地元宮城県のフルキャストスタジアム宮城で達成。6月5日 通算250盗塁達成。以後、西岡剛、堀幸一らと共に二遊間を3人でローテーションするという独特のシステムの下(出場の試合は全て遊撃手)活躍し、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。ゴールデングラブ賞も受賞した。12月21日に金銭トレードで読売ジャイアンツへ移籍。ロッテで付けていた背番号1が巨人では永久欠番になっていたこともあり、同年に引退した元木大介の2を引き継ぐことになった。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た元木大介元木 大介

    2006年、ジャイアンツ一筋でプロ10年目を迎えた。この年から原が監督に復帰し、走力を重視する方針を採ったため外野のレギュラー争いで優位な立場となった。シーズン当初は代走での登場が多かったが、レギュラー中堅手だった高橋由伸の離脱後はスタメンで出場。シーズン後半からは監督の起用方針もあり、2番打者としてルーキー脇谷亮太と共に走力重視の1・2番を形成する。チームトップで自己最高(当時)の25盗塁をマークし、盗塁成功率も.862と走塁面では好成績を残した。またオフに行われた日米野球の試合で2安打1盗塁をマーク、単打と思われた当たりを快足を飛ばし二塁打にするなど活躍。米国人記者から「同じ鈴木だし、イチローの親戚か?」とのジョークも飛んだ。一方で課題である打撃面の改善が見られず、特に左投手との対戦成績が悪かった。その打開策として本来の利き手側である右打席で打撃を行うように原監督より通達され、異例のシーズン中のスイッチヒッター転向を試みることとなった。8月15日の試合でプロ入り後初めての右打席で押し出しの四球を選び大量得点の一翼を担った。最終的に打撃面は.241と低調な成績に終ったが、シーズン終盤には右打席にも慣れ、左打席.245、右打席.236と左右でほぼ変わらない成績を残した。12月11日に行われた契約更改にて、チーム全体で厳冬更改となる中、400万円増の2800万円で更改。同時に背番号が「12」に変更されることが決まった。『柴田勲が7番を付ける前に付けていた、盗塁王を3度記録した番号』という意味づけである。2005年も契約更改の場で「背番号2(この年引退した元木大介、かつての巨人の1番打者・松本匡史が着けていた背番号)を背負いたい」と直訴したが、時期尚早と判断され、背番号2は移籍してきた小坂誠に与えられた。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • 河村亮

    河村亮から見た元木大介元木 大介

    初のプロ野球実況は1994年6月3日の横浜戦。初実況でいきなり元木大介、岡崎郁、大久保博元の三者連続本塁打がおきた。河村亮 フレッシュアイペディアより)

  • 上宮中学校・高等学校

    上宮中学校・高等学校から見た元木大介元木 大介

    元木大介(元プロ野球選手)上宮中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示