前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示
  • 元木 大介

    元木大介から見た長嶋茂雄

    レギュラーを確保したシーズンは1998年と2001年の2シーズンしかないが、マスコミに取り上げられる機会が多く、チャンスに強い打撃、隠し球・併殺崩しなどの狡猾なプレースタイル、進塁打や味方の盗塁を助けるためにわざと空振りをするなどの自分を犠牲にしてチームを助けるプレーを出来ることから長嶋茂雄監督にクセ者と言われ、マスコミに好んで使われる愛称となった。このプレースタイルは、高校時代はホームランバッターのスター選手として活躍したものの、プロではこれでは生き残っていけないと悟った元木が、プロで生き残っていくために選んだものだった。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た槙原寛己

    横浜ベイスターズ戦で隠し球を試みるもすぐに見破られ、塁上の走者から「早くボールを投手に返せ」と言われた。この際に登板していた槙原寛己は後年、テレビ番組の中で「突然元木が隠し球を仕掛けようとしたので、何とか誤魔化そうとマウンド上で咳払いをしたが、それが余計不自然に見えてしまった」と述べている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た清原和博

    上宮高校で甲子園に3回出場。1989年の夏の甲子園では1試合2本塁打を放つなど注目された。同校では種田仁、小野寺在二郎、ほっしゃん。(お笑い芸人)とチームメイトである。高校通算24本塁打。甲子園通算6本塁打は清原和博に次いで歴代2位タイ(桑田真澄と同数)の記録である。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た桑田真澄

    上宮高校で甲子園に3回出場。1989年の夏の甲子園では1試合2本塁打を放つなど注目された。同校では種田仁、小野寺在二郎、ほっしゃん。(お笑い芸人)とチームメイトである。高校通算24本塁打。甲子園通算6本塁打は清原和博に次いで歴代2位タイ(桑田真澄と同数)の記録である。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た日本テレビ放送網

    2005年シーズンオフから日本テレビ系列のTHE・サンデーのスポーツコーナーにレギュラー出演、2006年よりTBSラジオ野球解説者、スポーツ報知評論家となった。30代半ばの時期は若いこともあり、中継の際は必ず年上・年下問わず「XX選手」と言うようにしていた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た中山秀征中山 秀征

    TVおじゃマンボウ - 東京ドームで行われる試合で司会の中山秀征と無言のやり取りをしていた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た伊原春樹

    2000年6月8日の阪神12回戦で三塁ベース付近で走者の平尾博司に後ろから抱きついたために走塁妨害と判定された。この時、阪神の三塁コーチだった伊原春樹に突き飛ばされている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た新井貴浩

    アグレッシブな走塁が裏目に出たケースもある。2001年、広島東洋カープ戦で1アウト1、3塁の場面でバッターがサードゴロを打ち、三塁手の新井貴浩が二塁へ送球し、二塁ベースにいたセカンドのエディ・ディアスが一塁へ投げようとした所に、一塁ランナーの元木が体当たりするように二塁ベースに滑り込んできたため、ディアスは一塁へ送球できず、これを不服とした当時の広島監督・山本浩二が抗議しようとしたが、山本が抗議する前に審判は守備妨害と判断し、併殺が成立した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た糸井重里

    高校時代にスラッガーとして活躍したため、入団当初はそのような期待を受けていたが、シーズン10本塁打以上したことはなかった。しかし、気のない空振りから一転してフルスイングするようなトリックプレーは相手に嫌われたが、全力でプレーしているように見えないのも「クセ者」としての一種の戦術であり、自ら「練習嫌い=天才肌」のイメージを広めたという。入団時の監督の藤田元司は「センスも素質も凄いから何でもできちゃう」と元木の能力を認めた上で、「ぼくは元木にああなってほしい」と、当時のチームリーダーだった川相昌弘のあとを背負うことを期待していた(2002年の糸井重里との対談より)。高校時代の監督も、たびたび元木以外のチームメイト(種田仁など)を擁護した発言をしている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たベニー・アグバヤニ

    同年のドラフト会議では読売ジャイアンツの指名を希望するが、巨人は大森剛を1位指名。福岡ダイエーホークスから野茂英雄の外れ1位で指名されるがこれを断り、1年間ハワイに野球留学する。実際にはハワイの環境では本格的な野球練習は出来ず、大学・社会人に進むと次回ドラフト指名まで年数がかかるためそれを避ける行動だったといわれる。この野球留学中、ベニー・アグバヤニ(元・千葉ロッテマリーンズ)とチームメイトになり、知り合いになったという。元木大介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
125件中 1 - 10件表示