125件中 21 - 30件表示
  • 元木 大介

    元木大介から見た中畑清

    元木の知識の薄さについては『クイズ!ヘキサゴンII』出演以前にも言及されており、プロ入り後、遠征時にスポーツ新聞を読みながら大久保博元に「デーブさん、苦手が伸び悩んでるってどういう意味ですか」と聞き、聞かれた大久保がその新聞に目をやったところ、「若手が伸び悩んでいる」と書いてあったという。大久保が引退後1995年にテレビのバラエティ番組に出演した際に、「名前は言えないが、関西出身の某M内野手」としてこのエピソードを話していた。中畑清に「漢字が読めないんだからスポーツ新聞じゃなくて普通の新聞を読め」と言われて読んだ翌日、知恵熱を出して休んだという。妻の大神いずみの話では、TV番組で「日本一大きな湖は?」という問いに、「日本海」と答えたとのこと。これらのエピソードに対して、明石家さんまは「野球で外にいるから炎天下の暑さで頭脳が壊れている」と述べている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た和田豊

    1999年、阪神タイガース戦で一塁ランナーの元木が内野ゴロで二塁ベースへ滑り込んだ際、二塁手の和田豊をなぎ倒す形で併殺崩しを行い、和田が元木に覆いかぶさるように倒れ込んだ。この時、普段温厚な和田にボールでヘルメットを叩かれた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た阿部慎之助

    阿部慎之助へのドッキリとして、番組の企画でメジャー移籍記者会見をした。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た前田幸長前田 幸長

    2000年9月24日東京ドームでの中日ドラゴンズ戦で「2番・左翼手」として先発出場し、8回まで被安打5・無四球無失点と、好投を続けていた前田幸長からライト前ヒットで出塁、2番手エディ・ギャラードから江藤智が同点満塁弾、二岡智宏がサヨナラホームランを放ち、巨人が4年ぶりにリーグ優勝を決定する口火を切った。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た山本昌

    1998年の得点圏打率.398はセ・リーグ1位。元阪神の矢野燿大も「元木君はやりづらかったですね。ランナーが出てる場面で彼に打順が回ってくると僕は彼の苦手なコースを要求してたんです。だけどそれをヒットやホームランにされた事が何度もあるので彼の打席の時はサインに迷いました」と語り、「巨人キラー」と言われていた中日の山本昌との対戦成績は5割を誇っていた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た広沢克己広澤 克実

    1996年オフに西武ライオンズからFA宣言し、読売ジャイアンツへ移籍した清原和博とは親交が深く、巨人時代から週刊誌や夕刊紙には清原の子分扱いされることが度々あった。清原は「広沢さんと元木がいなかったら自分はどうなっていたか」と語り、元木は親分と慕う仲である。ただし、プライベートの付き合いは少なく、巨人時代は年に2回ほど食事をする程度だったとのこと。清原が引退後も共に多くの番組にゲスト出演していて、クイズ番組などでは清原のサポート役に回ったこともある。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た王貞治

    幼少時代は南海ホークスファンで、たびたび大阪球場に足を運び、ホークス友の会に入会していた他、南海OBによって運営されていた少年野球チーム・ジュニアホークスにも入っていた。小学6年生の頃、当時巨人の監督だった王貞治と対面し、一緒に記念撮影をした際、「プロ野球に入るなら巨人に来いよ」と激励された事に感激して以来巨人ファンに転向したという。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たウィル・スミス

    ウィル・スミス - 「Party Starter」元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た仰木彬

    1989年10月15日に電車の中で当時の近鉄バファローズ監督・仰木彬と乗り合わせ、握手をしてもらっていた。当日は近鉄の優勝が決まるかというタイミングで仰木の出勤シーンを撮りにテレビのカメラマンがついてきており、その模様がニュースで放映されていた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た山本浩二

    アグレッシブな走塁が裏目に出たケースもある。2001年、広島東洋カープ戦で1アウト1、3塁の場面でバッターがサードゴロを打ち、三塁手の新井貴浩が二塁へ送球し、二塁ベースにいたセカンドのエディ・ディアスが一塁へ投げようとした所に、一塁ランナーの元木が体当たりするように二塁ベースに滑り込んできたため、ディアスは一塁へ送球できず、これを不服とした当時の広島監督・山本浩二が抗議しようとしたが、山本が抗議する前に審判は守備妨害と判断し、併殺が成立した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

125件中 21 - 30件表示