125件中 41 - 50件表示
  • 元木 大介

    元木大介から見た堀内恒夫

    2003年以降は度重なる故障に悩まされ、2005年は堀内恒夫監督のチーム若返りの方針により後半戦は戦力構想から外れて2軍生活を送ることとなり、活躍の場を失った。首脳陣への当てつけか、自軍ダグアウトのベンチ・椅子ではなく、階段に体育座りしていたようなところもあった。その年の9月に戦力外通告を受ける。オリックスや楽天などから入団の誘いがあったものの、浪人してまで巨人入団を1年待った経緯もあり、「ジャイアンツが好きだから、入団したときからこのチームでいらないと言われたら辞めようと決めていた」と33歳の若さで現役を引退。後藤孝志と共に自ら身を引く形となった。世代交代する巨人に迷惑をかけたくなかったという。最終戦で引退試合に出場した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た種田仁

    上宮高校で甲子園に3回出場。1989年の夏の甲子園では1試合2本塁打を放つなど注目された。同校では種田仁、小野寺在二郎、ほっしゃん。(お笑い芸人)とチームメイトである。高校通算24本塁打。甲子園通算6本塁打は清原和博に次いで歴代2位タイ(桑田真澄と同数)の記録である。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た渡辺伸彦

    初盗塁:1992年5月30日、対阪神タイガース11回戦(阪神甲子園球場)、4回表に二盗(投手:渡辺伸彦、捕手:山田勝彦)元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た北別府学

    初安打:1992年4月15日、対広島東洋カープ3回戦(東京ドーム)、8回裏に北別府学から中前安打元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た二岡智宏

    2000年9月24日東京ドームでの中日ドラゴンズ戦で「2番・左翼手」として先発出場し、8回まで被安打5・無四球無失点と、好投を続けていた前田幸長からライト前ヒットで出塁、2番手エディ・ギャラードから江藤智が同点満塁弾、二岡智宏がサヨナラホームランを放ち、巨人が4年ぶりにリーグ優勝を決定する口火を切った。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た藤田元司

    高校時代にスラッガーとして活躍したため、入団当初はそのような期待を受けていたが、シーズン10本塁打以上したことはなかった。しかし、気のない空振りから一転してフルスイングするようなトリックプレーは相手に嫌われたが、全力でプレーしているように見えないのも「クセ者」としての一種の戦術であり、自ら「練習嫌い=天才肌」のイメージを広めたという。入団時の監督の藤田元司は「センスも素質も凄いから何でもできちゃう」と元木の能力を認めた上で、「ぼくは元木にああなってほしい」と、当時のチームリーダーだった川相昌弘のあとを背負うことを期待していた(2002年の糸井重里との対談より)。高校時代の監督も、たびたび元木以外のチームメイト(種田仁など)を擁護した発言をしている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たドミンゴ・マルティネス

    2000年、中日ドラゴンズ戦で1アウト1、3塁の場面でバッターがショートゴロを打ち、併殺打かと思われたが、一塁ランナーの元木が二塁に滑り込んだ時、二塁ベースにいて一塁に送球しようとしていた二塁手の立浪和義を蹴ったため、立浪は一塁へ投げることが出来ず、三塁ランナーのドミンゴ・マルティネスがホームインした。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たエディ・ディアス

    アグレッシブな走塁が裏目に出たケースもある。2001年、広島東洋カープ戦で1アウト1、3塁の場面でバッターがサードゴロを打ち、三塁手の新井貴浩が二塁へ送球し、二塁ベースにいたセカンドのエディ・ディアスが一塁へ投げようとした所に、一塁ランナーの元木が体当たりするように二塁ベースに滑り込んできたため、ディアスは一塁へ送球できず、これを不服とした当時の広島監督・山本浩二が抗議しようとしたが、山本が抗議する前に審判は守備妨害と判断し、併殺が成立した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た山田勝彦

    初盗塁:1992年5月30日、対阪神タイガース11回戦(阪神甲子園球場)、4回表に二盗(投手:渡辺伸彦、捕手:山田勝彦元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た谷博

    広島市民球場での広島東洋カープ戦で、球審だった谷博にストライクカウントを間違えられ、2ストライクなのにストライクアウトとコールされたことがある。このことは『珍プレー・好プレー大賞』でも取り上げられた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示