125件中 61 - 70件表示
  • 元木 大介

    元木大介から見たカレー

    大神によると、大変に腹を壊しやすい。料理の内容に気をつけないとすぐトイレに入ってしまうという。また、子育てには一切関わらないという。カレーが嫌いで、大神はメニューに悩んだ際につい作ってしまい、慌てて肉じゃがに変更したりすることがあるという。現役時代、カレー好きの槙原寛己がカレーを食べている時に「人間の食いモンやないですよ」と言ってしまい、槙原に食べていたカレーを顔に付けられた上、1週間カレーの匂いをかがされた。槙原に「ジャイアンツには、変な人間が2人いた。元木と水野です。あの2人はカレーが嫌いだなんて、僕には理解できない」とビストロスマップで述べられた。槙原について元木は自伝「クセ者」の中で「兄弟盃を交わした仲」と述べている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た読売ジャイアンツ

    同年のドラフト会議では読売ジャイアンツの指名を希望するが、巨人は大森剛を1位指名。福岡ダイエーホークスから野茂英雄の外れ1位で指名されるがこれを断り、1年間ハワイに野球留学する。実際にはハワイの環境では本格的な野球練習は出来ず、大学・社会人に進むと次回ドラフト指名まで年数がかかるためそれを避ける行動だったといわれる。この野球留学中、ベニー・アグバヤニ(元・千葉ロッテマリーンズ)とチームメイトになり、知り合いになったという。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た滋賀県立八幡商業高等学校

    高校野球では全力疾走・全力プレーが基本とされているが、当時の元木は一塁まで走らないなどの「怠慢」と見なされてもおかしくないプレーを度々しており、当時の上宮高校・山上監督に殴られたことがあったという。1989年の夏の甲子園3回戦の対八幡商で内野フライを放ち、1塁へ走るのをやめたことがあった。ところが、そのフライを相手内野手が落球。走るのをやめてしまっていた元木は1塁でアウト。ベンチに戻ってきたところを山上監督に怒鳴られるシーンが全国に中継された。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た肉じゃが

    大神によると、大変に腹を壊しやすい。料理の内容に気をつけないとすぐトイレに入ってしまうという。また、子育てには一切関わらないという。カレーが嫌いで、大神はメニューに悩んだ際につい作ってしまい、慌てて肉じゃがに変更したりすることがあるという。現役時代、カレー好きの槙原寛己がカレーを食べている時に「人間の食いモンやないですよ」と言ってしまい、槙原に食べていたカレーを顔に付けられた上、1週間カレーの匂いをかがされた。槙原に「ジャイアンツには、変な人間が2人いた。元木と水野です。あの2人はカレーが嫌いだなんて、僕には理解できない」とビストロスマップで述べられた。槙原について元木は自伝「クセ者」の中で「兄弟盃を交わした仲」と述べている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た埼玉西武ライオンズ

    1996年オフに西武ライオンズからFA宣言し、読売ジャイアンツへ移籍した清原和博とは親交が深く、巨人時代から週刊誌や夕刊紙には清原の子分扱いされることが度々あった。清原は「広沢さんと元木がいなかったら自分はどうなっていたか」と語り、元木は親分と慕う仲である。ただし、プライベートの付き合いは少なく、巨人時代は年に2回ほど食事をする程度だったとのこと。清原が引退後も共に多くの番組にゲスト出演していて、クイズ番組などでは清原のサポート役に回ったこともある。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たドラフト会議

    同年のドラフト会議では読売ジャイアンツの指名を希望するが、巨人は大森剛を1位指名。福岡ダイエーホークスから野茂英雄の外れ1位で指名されるがこれを断り、1年間ハワイに野球留学する。実際にはハワイの環境では本格的な野球練習は出来ず、大学・社会人に進むと次回ドラフト指名まで年数がかかるためそれを避ける行動だったといわれる。この野球留学中、ベニー・アグバヤニ(元・千葉ロッテマリーンズ)とチームメイトになり、知り合いになったという。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た広島市民球場 (初代)

    広島市民球場での広島東洋カープ戦で、球審だった谷博にストライクカウントを間違えられ、2ストライクなのにストライクアウトとコールされたことがある。このことは『珍プレー・好プレー大賞』でも取り上げられた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たタレント

    元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。2010年現在は野球解説者、タレントなどとして活動中。所属事務所はアワーソングスクリエイティブ(ケイダッシュ系)。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たオリックス・バファローズ

    2003年以降は度重なる故障に悩まされ、2005年は堀内恒夫監督のチーム若返りの方針により後半戦は戦力構想から外れて2軍生活を送ることとなり、活躍の場を失った。首脳陣への当てつけか、自軍ダグアウトのベンチ・椅子ではなく、階段に体育座りしていたようなところもあった。その年の9月に戦力外通告を受ける。オリックスや楽天などから入団の誘いがあったものの、浪人してまで巨人入団を1年待った経緯もあり、「ジャイアンツが好きだから、入団したときからこのチームでいらないと言われたら辞めようと決めていた」と33歳の若さで現役を引退。後藤孝志と共に自ら身を引く形となった。世代交代する巨人に迷惑をかけたくなかったという。最終戦で引退試合に出場した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た千葉ロッテマリーンズ

    同年のドラフト会議では読売ジャイアンツの指名を希望するが、巨人は大森剛を1位指名。福岡ダイエーホークスから野茂英雄の外れ1位で指名されるがこれを断り、1年間ハワイに野球留学する。実際にはハワイの環境では本格的な野球練習は出来ず、大学・社会人に進むと次回ドラフト指名まで年数がかかるためそれを避ける行動だったといわれる。この野球留学中、ベニー・アグバヤニ(元・千葉ロッテマリーンズ)とチームメイトになり、知り合いになったという。元木大介 フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示