125件中 81 - 90件表示
  • 元木 大介

    元木大介から見たTHE・サンデー

    2005年シーズンオフから日本テレビ系列のTHE・サンデーのスポーツコーナーにレギュラー出演、2006年よりTBSラジオ野球解説者、スポーツ報知評論家となった。30代半ばの時期は若いこともあり、中継の際は必ず年上・年下問わず「XX選手」と言うようにしていた。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た隠し球

    レギュラーを確保したシーズンは1998年と2001年の2シーズンしかないが、マスコミに取り上げられる機会が多く、チャンスに強い打撃、隠し球・併殺崩しなどの狡猾なプレースタイル、進塁打や味方の盗塁を助けるためにわざと空振りをするなどの自分を犠牲にしてチームを助けるプレーを出来ることから長嶋茂雄監督にクセ者と言われ、マスコミに好んで使われる愛称となった。このプレースタイルは、高校時代はホームランバッターのスター選手として活躍したものの、プロではこれでは生き残っていけないと悟った元木が、プロで生き残っていくために選んだものだった。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た野球解説者

    元木 大介(もとき だいすけ、1971年12月30日 - )は、大阪府豊中市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。2010年現在は野球解説者、タレントなどとして活動中。所属事務所はアワーソングスクリエイティブ(ケイダッシュ系)。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たプロ野球珍プレー・好プレー大賞

    内野守備では隠し球を多く画策し、名手として知られた。しかし相手チームから警戒されたことで失敗した例も少なくなく、数々の逸話が残されている。プロ野球珍プレー好プレー大賞 で何度も取り上げられたことある。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た二塁手

    2000年、中日ドラゴンズ戦で1アウト1、3塁の場面でバッターがショートゴロを打ち、併殺打かと思われたが、一塁ランナーの元木が二塁に滑り込んだ時、二塁ベースにいて一塁に送球しようとしていた二塁手の立浪和義を蹴ったため、立浪は一塁へ投げることが出来ず、三塁ランナーのドミンゴ・マルティネスがホームインした。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たユーティリティープレイヤー

    1990年のドラフト会議で巨人より1位指名を受けて入団する。1992年から1軍で出場。バッテリーを除く全てのポジションを守れるユーティリティープレイヤーとして活躍する。オールスターでは、初出場の98年は遊撃手、翌99年は三塁手のファン投票で選ばれるも、98年は代打のみ、99年は二塁手で試合に出場した。この事について元木は「オールスターくらい選ばれた所で出たいよ」とトークショーなどで笑いながら語っている。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たキャデラック・エスカレード

    愛車はキャデラック・エスカレード。車内は改造して「走る応接室」と化している。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た元木大介のエキサイトサタデー

    元木大介のエキサイトサタデー - パーソナリティ元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見た体育座り

    2003年以降は度重なる故障に悩まされ、2005年は堀内恒夫監督のチーム若返りの方針により後半戦は戦力構想から外れて2軍生活を送ることとなり、活躍の場を失った。首脳陣への当てつけか、自軍ダグアウトのベンチ・椅子ではなく、階段に体育座りしていたようなところもあった。その年の9月に戦力外通告を受ける。オリックスや楽天などから入団の誘いがあったものの、浪人してまで巨人入団を1年待った経緯もあり、「ジャイアンツが好きだから、入団したときからこのチームでいらないと言われたら辞めようと決めていた」と33歳の若さで現役を引退。後藤孝志と共に自ら身を引く形となった。世代交代する巨人に迷惑をかけたくなかったという。最終戦で引退試合に出場した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

  • 元木 大介

    元木大介から見たダグアウト

    2003年以降は度重なる故障に悩まされ、2005年は堀内恒夫監督のチーム若返りの方針により後半戦は戦力構想から外れて2軍生活を送ることとなり、活躍の場を失った。首脳陣への当てつけか、自軍ダグアウトのベンチ・椅子ではなく、階段に体育座りしていたようなところもあった。その年の9月に戦力外通告を受ける。オリックスや楽天などから入団の誘いがあったものの、浪人してまで巨人入団を1年待った経緯もあり、「ジャイアンツが好きだから、入団したときからこのチームでいらないと言われたら辞めようと決めていた」と33歳の若さで現役を引退。後藤孝志と共に自ら身を引く形となった。世代交代する巨人に迷惑をかけたくなかったという。最終戦で引退試合に出場した。元木大介 フレッシュアイペディアより)

125件中 81 - 90件表示