前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 神戸製鋼コベルコスティーラーズ

    神戸製鋼コベルコスティーラーズから見た元木由記雄元木由記雄

    特に林敏之、大八木淳史、平尾誠二、元木由記雄、堀越正巳、萩本光威、大畑大介、大西一平、伊藤剛臣ら日本代表級の主力選手を多数擁したほか、当時現役オーストラリア代表であったイアン・ウィリアムス、日本代表にも選出されたアンドリュー・ミラーなど、外国人選手を他チームに先んじて活用し、日本を代表する名門ラグビーチームに成長していった。神戸製鋼コベルコスティーラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た元木由記雄元木由記雄

    開幕前日の12月26日深夜(日付上は27日未明)に今大会の注目選手やチームをとりあげた1時間の事前番組を放送。決勝戦で地上デジタル放送、ワンセグ放送向けの連動データ放送を開始。ただし音声多重放送がなくなり、中川家が完全に降板。その代わりハイライトはMBSアナウンサーの3名体制&大畑大介、元木由記雄など神戸製鋼現役ラグビー選手1名、プレー解説に吉田明、村田亙(7人制ラグビー男子日本代表監督)が日替わりで出演。大会キャラクターの小林さりも準々決勝ハイライトまでの出演。また中継テーマ曲として使われたAqua Timez「One」は同年の第81回選抜高校野球中継エンディング曲だったりと、経費削減ぶりが目立った。準決勝(1月5日)は23:59 - 1:23に録画中継。決勝戦(1月7日)は生中継(準決勝と決勝生中継はJNNネットセールス)。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤剛臣

    伊藤剛臣から見た元木由記雄元木由記雄

    W杯には2大会出場。日本代表のキャップ62は元木由記雄、小野澤宏時に次ぐ歴代3位。伊藤剛臣 フレッシュアイペディアより)

  • バーバリアンズ

    バーバリアンズから見た元木由記雄元木由記雄

    日本からは1992年に林敏之、1996年に元木由記雄が選ばれている。バーバリアンズ フレッシュアイペディアより)

  • 宿澤広朗

    宿澤広朗から見た元木由記雄元木由記雄

    宿沢のW杯での実績は全体的に賛否両論で、特に選手起用の方法には批判も集まった。宿沢はW杯の3試合とも、ほぼ同じメンバーで戦う。マスコミの論調は「最後のジンバブエ戦では圧勝できたのに、控えメンバーの若手は“試さ”ないのか」。宿沢はこうした意見に「われわれの目標はW杯で勝つ事だ。その目標の真っ只中にいるのに、今さら何を“試す”のか」と反論した(余談だが、第3回W杯の小籔監督は、吉田(義)を初戦メンバーからはずしそのことに関する記者からの質問へ「それはこっちが決めることだ!1戦1戦試していくんだから!!」と声を荒げ、指揮官としての危機感の無さを露呈した。)。しかし、控えのセンターだった元木由記雄はこの起用法に不満を持ち、コーチに対し「宿沢を殺す」と発言した。宿澤広朗 フレッシュアイペディアより)

  • 早明戦

    早明戦から見た元木由記雄元木由記雄

    長く大学ラグビー界の頂点を競った試合らしく、日本のラグビー界を担った数え切れないほどの名選手たちが早明戦の舞台で活躍した。同時代・ほぼ同学年にライバルが存在してしのぎを削るのも早明戦らしく、その時々の球趣を深くした。早明の力関係が逆転した1962年の早明戦は早稲田木本建治・明治北島治彦(北島忠治監督の子)とも主将・SOで激戦を演じたほか、1970年代には明治笹田学・松尾雄治に対し早稲田藤原優・石塚武生、1980年代前半には早稲田本城和彦・吉野俊郎と明治藤田剛・河瀬泰治、80年代後半から90年代初頭にかけては早稲田に清宮克幸・堀越正巳・今泉清・郷田正・増保輝則、明治には大西一平・太田治・永友洋司・吉田義人・元木由記雄らが在籍し、華を添えた。早明戦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邉大吾

    渡邉大吾から見た元木由記雄元木由記雄

    渡邉によると高校卒業後に競輪選手になることも考えたが、最終的には大学へ進学しラグビーを続ける道を選んだしかしその後も競輪選手になりたいという希望を抱き続け、大学在学時も密かに自転車を乗り込んでいたという。明治大学時代はウイング(後にフルバックも兼任)として1年生よりレギュラー選手として伝統の早明戦に出場した他、全国大学ラグビーフットボール選手権大会では1991年、1993年に優勝を経験。また、幾度か日本代表の候補にも上がったことがあった。当時の明治大学といえば、元木由記雄ら現役もしくは後の日本代表選手が多数いた時代であり、大学チーム相手にはほとんど負けたことがなかったばかりか、日本一の連覇街道を驀進中の神戸製鋼にも善戦できるほどのチーム力を持っていた。渡邉大吾 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田明

    吉田明から見た元木由記雄元木由記雄

    1994年、元木由記雄らとともに神戸製鋼に加入。1年目より元木とCTBのコンビを組み、同チームの全国社会人ラグビーフットボール大会及び日本ラグビーフットボール選手権大会のそれぞれ7連覇達成に貢献。また、1999年度及び2000年度の両大会優勝にも貢献した。吉田明 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山つとむのかめ友 Sports Man Day

    亀山つとむのかめ友 Sports Man Dayから見た元木由記雄元木由記雄

    2010年11月8日の放送では、女子バレーボール日本代表のセッターとして世界バレーに出場中の竹下に代わって、日本代表で竹下と同僚だった高橋みゆき(元・女子バレーボール選手)が初めて出演。同年12月27日には、前年度まで神戸製鋼に所属していた元・ラグビー選手で、「ミスターラグビー」と呼ばれた元木由記雄(大畑の元・チームメート、現・ラグビーU-20日本代表BKコーチ)が番組の途中からゲストで初めて登場した。亀山つとむのかめ友 Sports Man Day フレッシュアイペディアより)

  • ラグビーユニオン

    ラグビーユニオンから見た元木由記雄元木由記雄

    ラグビーは対抗戦の歴史であり、海外に遠征したり海外から招待したりして試合を行ってきた。その中でも、国を代表して行われる試合をテストマッチと呼んでいる。このテストマッチに出ることは名誉なこととされ、選手にはキャップが与えられる。日本代表では元木由記雄(明治大学→神戸製鋼)が現在キャップ数最多。ラグビーユニオン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「元木由記雄」のニューストピックワード

  • プチガトー クリスマス <ディズニー ツムツム> コレクション

  • ウエディングマルシェ クリスマススペシャル

  • AIRくまモン