69件中 21 - 30件表示
  • 電気二重層

    電気二重層から見た充電充電

    電解液に電極から電位が印加されると、電場によって電解液中のイオンが移動し、陽極にはアニオンが、陰極にはカチオンが集まり、最終的に電極との界面に整列する。この状態は誘電体に外部電位を与えた状態にも似ており、静電容量を持つことから、一定の電荷が充電されることになる。この現象は電気二重層コンデンサ(キャパシタ)に利用されている。電気二重層 フレッシュアイペディアより)

  • シニアカー

    シニアカーから見た充電充電

    充電を忘れ、出先でバッテリーが切れて身動きが取れなくなる事がある。シニアカー フレッシュアイペディアより)

  • 寄生容量

    寄生容量から見た蓄電充電

    これらの微少な容量に蓄電や放電をするための余分な電流が流れることになる。寄生容量 フレッシュアイペディアより)

  • SH005

    SH005から見た充電充電

    なお、本端末には卓上ホルダの設定自体が無く、直流給電用の外部接点は装備していない。このため、必然的に外部接続端子を使用して充電を行う必要がある。充電時には、防水機能を損なわない為にコネクタやキャップ類の破損に注意したい。SH005 フレッシュアイペディアより)

  • HAND MAID メイ

    HAND MAID メイから見た充電充電

    稼動エネルギーはバッテリー充電の他、人間同様に食物や水を経口摂取して消化吸収することでも得られる。メイの場合は、付属の純正充電器を壊してしまった和也が、破損パーツを元にUSBケーブル経由での充電を行えるようにしている。物語が終盤になると、等身大タイプには人間の女性同様のセックス機能だけでなく、その延長上にある妊娠や出産すら可能な生殖機能も搭載されていることが明かされる。これらの描写から、ロボットよりはむしろ人造人間に近い技術も投入されていることが窺える。HAND MAID メイ フレッシュアイペディアより)

  • 剃刀

    剃刀から見た充電充電

    電気シェーバーには、大きく分けて回転式と往復式の2種類がある。回転式のうち刃が鉛筆削りの刃と同じ形をしているものは「ロータリー式」といわれ、日立製作所の製品が有名。電源は乾電池式、充電式、交流電源式がある。剃刀 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道総研LH02形電車

    鉄道総研LH02形電車から見た充電充電

    新エネルギー・産業技術総合開発機構からの委託により、鉄道総研、東洋電機製造、ジーエス・ユアサコーポレーション、東急車輛製造、アルナ車両が共同で開発、製作した架線・バッテリーハイブリッドLRVである。架線から得る電力だけでなく、車両に搭載した600Vリチウムイオン二次電池に充電した電力を用いての走行もできる。鉄道線での走行も想定しており、架線電圧は直流600Vおよび直流1,500Vに対応、最高速度は70km/hである。バッテリーへの充電は、走行中・駅停車中に架線から行うほか、回生ブレーキによる蓄電も行う。1回の充電で30kmほどの走行が可能。急速充電が可能だが、バッテリー温度の上昇は一定の範囲内に抑えられている。鉄道総研LH02形電車 フレッシュアイペディアより)

  • SWIMO

    SWIMOから見た充電充電

    SWIMOは3両固定編成で、全長は15m。架線のある電化区間では一般的な電車同様、パンタグラフ集電により走行するが、非電化区間では川崎重工業が独自開発したニッケル・水素蓄電池である「ギガセル」の電力を使って走行する。また、回生ブレーキの発生電力や、電化区間でパンタグラフから得た電力の一部をこれらの充電用に充てることができる。5分間の充電で、平地の場合、40km/hで10km走行できる。SWIMO フレッシュアイペディアより)

  • トリクル充電

    トリクル充電から見た充電充電

    トリクル充電(とりくるじゅうでん) は二次電池の自然放電を補うために、負荷から切り離して絶えず微小電流を流しておく充電方法である。トリクル充電 フレッシュアイペディアより)

  • 吸熱反応

    吸熱反応から見た充電充電

    電気分解、蓄電池への充電(電気エネルギーによる)吸熱反応 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「充電スタンド」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画