65件中 11 - 20件表示
  • コロンビア (サウスカロライナ州)

    コロンビア (サウスカロライナ州)から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    コロンビアは秋・冬・春には温暖である。冬の夜に氷点下に下がることはあるが、寒い日が続くことは滅多にない。特にアザレアをはじめとするさまざまな花が咲く春が美しい。一方、夏はアメリカ合衆国南部の多くの都市同様蒸し暑く、光化学スモッグが発生しやすく、過ごしやすいとは言えない。アメリカ合衆国東部の多くの都市同様、ケッペンの気候区分ではCfa(温暖湿潤気候)に属する。コロンビア (サウスカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    中華人民共和国で環境破壊が深刻化し、特に2010年代に入ってから様々な問題が露呈している。日本では平成期になり三重県四日市市の四日市ぜんそくや首都圏の光化学スモッグなどの大気汚染による公害病被害が沈静化した。しかし中華人民共和国の首都である北京市などで北京咳が発生して、自動車の排気ガスや工場から排出される汚染物質によって大気汚染が深刻化した。その結果、PM2.5(浮遊粒子状物質)が日本列島にも飛来した。酸性雨や中国由来の海洋汚染の問題、内モンゴルの砂漠化で黄砂に含まれる汚染物質の日本列島への飛来が増大するなどが、日本を含む東アジア・東南アジアの周辺各国の環境にも影響を及ぼしている。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼル排気微粒子

    ディーゼル排気微粒子から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    ガソリンエンジンでは1970年代から三元触媒が用いられてきたが、ディーゼルエンジンではDPMが触媒表面を覆うように付着して十分な効果が安定して得られないことが一因となって、触媒を用いた排ガス浄化装置の実用化が遅れていた。したがって近年までのディーゼルエンジンは、光化学スモッグの発生原因となるNOxをそのままの濃度で排出する点も問題視されてきた。特に日本では、大都市圏を中心とした自治体によりディーゼル車由来の大気汚染を抑制する要求が強く、国により法規制が強化された。ディーゼル排気微粒子 フレッシュアイペディアより)

  • 警報

    警報から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    光化学スモッグ警報 - 大気汚染防止法第23条により地方自治体の環境担当部局が発令。警報 フレッシュアイペディアより)

  • エチルtert-ブチルエーテル

    エチルtert-ブチルエーテルから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    ETBE をガソリンに混合しても、蒸気圧が上昇せず、ガソリンからの燃料蒸発ガスを増加させないため、光化学スモッグの発生に影響を及ぼさない。エチルtert-ブチルエーテル フレッシュアイペディアより)

  • 暗闇三太

    暗闇三太から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    光化学スモッグから生まれた妖怪。体形や大きさを自在に変えることができる。第7話に登場。暗闇三太 フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    窒素酸化物は大気中で反応して硝酸となり、酸性雨の原因となったり呼吸器に影響を与えたりする他、太陽からの紫外線を受けることにより光化学反応物質が生成され、光化学スモッグの原因となる。また、花粉症は花粉と窒素酸化物が結合した物質によりアレルギーが引き起こされるとする説もある。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • クランクケースブリーザー

    クランクケースブリーザーから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1952年、カリフォルニア州パサデナのカリフォルニア工科大学に所属する教授は光化学スモッグの原因物質が未燃焼の炭化水素であることを発表し、当時の自動車用エンジンが原因であることを強く示唆した。1958年にGM Research LaboratoryのLloyd L. Withrow博士が幾多の路上調査を行い、未燃焼炭化水素の発生源が当時主流であったオープンタイプのクランクケースブリーザーであることを突き止めた。Withrow博士の報告を受けたゼネラルモーターズは直ちにクランクケースブリーザーの改良を行う必要性を認識し、傘下の各部門にクランクケースブリーザーの有効な改良策が無いかを調査させた。その結果、キャデラック部門が大戦中に戦車用エンジンに用いていた簡易な逆止弁を応用することで、クランクケース内のブローバイを効果的に吸い出せることが明らかになった。これが実用的なPCVバルブの始まりである。GMはPCVバルブの有効性を確認すると、(AMA)を通じて米国内の自動車産業に対して、PCVバルブの特許権を放棄し、ロイヤリティフリーとすることを発表した。これにより、AMAに所属する各社は連邦政府の具体的な法改正が無かった場合であっても1961年までにはカリフォルニア州で販売する自動車の全てにPCVバルブを導入、1962年にはアメリカ50州で販売する自動車の全てに導入を完了し、連邦政府が新たな法規制を導入することに合意した。クランクケースブリーザー フレッシュアイペディアより)

  • 坂本和彦 (環境化学者)

    坂本和彦 (環境化学者)から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    専門分野は環境化学(大気汚染、酸性雨、地球温暖化の制御)、エアロゾル科学(エアロゾル計測や除去)、環境制御工学。光化学スモッグや酸性雨の発現機構解明と汚染制御手法の開発、黄砂と硫黄酸化物の反応、石炭クリーン燃料化、循環型汚染制御技術の開発、光触媒等による空気浄化を研究。坂本和彦 (環境化学者) フレッシュアイペディアより)

  • スギ花粉症

    スギ花粉症から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    一方で近現代の日本の都市化により土地が土や草原からアスファルトやコンクリートなどの花粉が吸着・分解されにくい地盤となり、一度地面に落ちた花粉が風に乗り何度も舞い上がって再飛散するという状態が発生するようになった。加えて排気ガスや工場からの排気などの光化学スモッグなどを長期間吸引し続けることでアレルギー反応が増幅され、スギ花粉症を発症・悪化させるという指摘がありスギ花粉症 フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード