55件中 11 - 20件表示
  • 快晴

    快晴から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    日本では通常、夏季に太平洋高気圧の勢力範囲に収まった場合や、冬季に西高東低の気圧配置が緩み、大陸の高気圧が張り出してきた時によく生じる。一般に地表付近では風が弱くて空気が滞留しやすく、夜間に快晴状態が続いた場合は放射冷却現象により地上気温が大きく低下する。そのため冬季には路面凍結を引き起こし交通事故の遠因となることがある。また大気中に窒素酸化物や炭化水素が高い密度で含まれている場合、日光が光化学オキシダントの生成を促進して光化学スモッグを発生させることがある。快晴 フレッシュアイペディアより)

  • クランクケースブリーザー

    クランクケースブリーザーから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1952年、カリフォルニア州パサデナのカリフォルニア工科大学に所属するA. J. Haagen-Smit教授は、光化学スモッグの原因物質が未燃焼の炭化水素であることを発表した。これは当時の自動車用エンジンが原因であることを強く示唆するものであった。その後、1958年にはGM Research LaboratoryのLloyd L. Withrow博士が幾多の路上調査を行い、未燃焼炭化水素の発生源が当時主流であったオープンタイプのクランクケースブリーザーであることを突き止めた。クランクケースブリーザー フレッシュアイペディアより)

  • 死津喪比女

    死津喪比女から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    なお、『MISTERジパング』にて織田信長が構想する妖怪軍団にはなぜか、このバックベアードが含まれている(他の妖怪軍団のメンバーが椎名高志の作品のキャラクターであるのに自身も椎名高志の作品のキャラクターであるかのように平然と並んでいる)。また、光化学スモッグであるバックベアードが信長の時代に存在するはずもない(同様にまだ存在していないはずのコンプレックスという妖怪も含まれている)。死津喪比女 フレッシュアイペディアより)

  • そう言えば あの時このうた

    そう言えば あの時このうたから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    (東京の光化学スモッグによる公害問題・礼宮ご誕生・当時の山村の風景など)そう言えば あの時このうた フレッシュアイペディアより)

  • 堺泉北臨海工業地帯

    堺泉北臨海工業地帯から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    一方、この工業地帯の造成によって泉北地域の漁業はおおむね衰退。大浜・浜寺・高師浜・助松などの海水浴場をはじめ、白砂青松で知られた自然海浜が失われたことに対する批判も少なくなかった。なお、石津川 - 王子川間の沿岸部は浜寺水路によって泉北1区と切り離されているが、これは石油分野の立地が泉北1区に集中することへの安全対策の他に、浜寺公園の保存も大きく関与している。昭和40年代後半から大阪府南部で頻発した光化学スモッグとの関連を指摘する声もあるが、臨海工業地帯との因果関係は必ずしも明確ではない。堺泉北臨海工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 皇居の生物相

    皇居の生物相から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    皇居内のガの分布で、地衣類を主に食べるヒトリガ科のコケガが発見されなかったことも注目された。コケガは平地から高山帯までどこでも見かける普通種であるが、1970年代の光化学スモッグの影響で東京都区内の地衣類は壊滅的な打撃を蒙ったと考えられ、その結果地衣類を食べるコケガも大打撃を受けたとみられる。1980年代以降東京都区内の大気汚染は改善傾向を見せ、地衣類も回復してきた。その結果自然教育園などではコケガが確認されるようになり、東京都区内にコケガが戻り始めてきたことがわかったが、周囲を濠に囲まれた皇居では濠が障害となってコケガの回復が遅れているものと考えられた。そして平成13年度(2001年)から平成17年度(2005年)まで続けられたモニタリング調査の中で皇居内でコケガが確認され、ようやく皇居にもコケガが戻り始めたことが明らかとなった。皇居の生物相 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷中央病院

    倉敷中央病院から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    その後、1973年(昭和48年)から始まった全面的な増改築により多くの病棟が近代的な建物に変わって行き、喘息塔は水島コンビナートによる光化学スモッグのため、鉄塔程度の高度では清浄な空気とはいえなくなり、撤去されてしまった。一方、病棟の外観は旧病棟に合わせ赤い屋根に統一し、外来棟と臨床検査棟の間に設立当時のものを再現した温室が作られ、外来患者の憩いの場となっている。開業当時のエレベータは若干の改造と塗装をした後、2002年(平成14年)に増築された外来棟の電話ボックスとして利用されているなど、往時の面影も残されている。倉敷中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • ゴース

    ゴースから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    薄いガス状の生命体。ガスには毒成分が含まれており、インドゾウも2秒で倒れてしまうほど強力。獲物の近くに浮遊し、ガスで徐々に弱らせる。廃墟や洞窟、心霊スポットなどに生息するため、写真を撮ると必ず写っている。ゴースの系統はムウマやカゲボウズなどと違いどくタイプを併せ持つ。これはゴースが死者の魂や人間の感情から産まれた幽霊ではなく、図鑑の説明通りにガス状の物質的な生命体であることを示している。壁も通り抜けるため、研究者の間では光化学スモッグであるという説と超次元の生命体だという説に分かれる。ゴース フレッシュアイペディアより)

  • 熱波

    熱波から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    熱波に特徴的な天候が、長期間安定した晴天である。そのため朝夜の放射冷却では大気を冷ましきれずに気温が底上げされ気温が日に日に上昇し、熱波の収束前に気温のピークを迎えることが多い。また雨が少なくなり、湿度も下がって乾燥傾向になる。風も穏やかとなるため大気汚染物質が浄化されにくくなり大気汚染の被害、特に光化学スモッグによる被害が発生しやすくなる。熱波 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア (サウスカロライナ州)

    コロンビア (サウスカロライナ州)から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    コロンビアは秋・冬・春には温暖である。冬の夜に氷点下に下がることはあるが、寒い日が続くことは滅多にない。特にアザレアをはじめとするさまざまな花が咲く春が美しい。一方、夏はアメリカ合衆国南部の多くの都市同様蒸し暑く、光化学スモッグが発生しやすく、過ごしやすいとは言えない。アメリカ合衆国東部の多くの都市同様、ケッペンの気候区分ではCfa(温暖湿潤気候)に属する。コロンビア (サウスカロライナ州) フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード