55件中 21 - 30件表示
  • 警報

    警報から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    光化学スモッグ警報 - 大気汚染防止法第23条により地方自治体の環境担当部局が発令。警報 フレッシュアイペディアより)

  • バックベアード

    バックベアードから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    バックベアードは、アメリカの妖怪。巨大な黒い円形に枝のような物が放射状に生えており、中心に目が付いた姿をしている。夕方、ビル街に出現する。その巨大な一つ目で睨まれると強烈な目眩を起こすため、ビルの屋上などにいると落されてしまう。光化学スモッグのようなものが正体だと指摘する書籍もある。バックベアード フレッシュアイペディアより)

  • 燃料タンク (自動車)

    燃料タンク (自動車)から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    材質は一般的に鋼板または樹脂で、ガソリンや軽油などの危険物を蓄えるための対策が行われている。鋼板製タンクでは錆を防ぐめっき鋼板が用いられ、隙間のできないシーム溶接で組み立てられ、外側には塗装が施されている。樹脂製タンクは貫通や破壊強度で鋼板製にやや劣る場合もあるが、錆の発生が無く軽量であるほか、複雑な造形でも低コストで量産できるメリットがあるため広く普及した。かつて樹脂製タンクは神経障害や光化学スモッグの主原因とされる燃料成分の透過が課題となっていたが、材料技術や成形技術が進み、多種の樹脂を何層も重ねて成形することで克服している。また、タンク内部にゴムなどの伸縮素材で作られた袋を入れて、燃料蒸気の発生を抑制しながら内圧の変化にも対応できるブラダータンクも考案されている(ブラダーとは膀胱の意)。燃料タンク (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • ディーゼル排気微粒子

    ディーゼル排気微粒子から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    ガソリンエンジンでは古くから三元触媒が用いられてきたが、ディーゼルエンジンではDPMが触媒表面を覆うように付着して十分な効果が得られないことが一因となって、触媒を用いた排ガス浄化装置の実用化が遅れていた。したがって近年までのディーゼルエンジンは、光化学スモッグの発生原因となるNOxをそのままの濃度で排出する点も問題視されてきた。近年では燃料噴射方式の改善により燃焼過程でのDPM生成を抑えたり、DPF(ディーゼル微粒子フィルター)で除去することで、酸化触媒や尿素SCRシステムといった触媒が実用化され始めている。ディーゼル排気微粒子 フレッシュアイペディアより)

  • 東京立正中学校・高等学校

    東京立正中学校・高等学校から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1970年 光化学スモッグで生徒43名が光化学スモッグ障害を発症。東京立正中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村防災行政無線

    市町村防災行政無線から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    気象警報や光化学スモッグ注意報等の告知市町村防災行政無線 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所2号機の建設

    福島第一原子力発電所2号機の建設から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    その直後、原子炉格納容器から蒸気タービンに蒸気を通す系統に設置した蒸気逃し弁が規格に合わない不具合が発見され交換を必要としたこと、核燃料支持金具の再調整が必要となったことで、営業運転開始は夏を越し、9月までずれ込むとも報じられた。この不具合による運転開始遅延の影響は毎月12-13億円、4ヶ月で約50億円程度となると見込まれたため、逃がし弁を担当したGEのペナルティー問題に発展する可能性が取り沙汰された。この問題は秋になっても解消せず、その一方で、1974年の夏期は電力需要の増加の他、光化学スモッグ規制の強化で湾内火力の運転が抑制されると見込まれたため、本機も新鋭機として供給力に計上している事情があり、1974年夏の運転開始を予定した。福島第一原子力発電所2号機の建設 フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・タイプ2

    フォルクスワーゲン・タイプ2から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1989年、高地ゆえ、排気ガスによる光化学スモッグの被害が深刻なメキシコシティーを抱えるメキシコ向けとして、安定した燃焼環境で、汚染物質の排出量を低減させるべく、空冷ガソリンエンジンを止め、アウディ・80用で、サンタナとも共通の、1.6L・直列4気筒・水冷ガソリンエンジンに変更したモデルの生産が始まった。一般的な水冷エンジンとなったことで、エンジンを他社製に換装する例も見られ、メキシコでは、アウディエンジンを修理せず、現地に工場があり部品も豊富な日産製エンジンに積み換えたものも見られる。フォルクスワーゲン・タイプ2 フレッシュアイペディアより)

  • 大気化学

    大気化学から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    窒素酸化物は大気中で反応して硝酸となり、酸性雨の原因となったり呼吸器に影響を与えたりする他、太陽からの紫外線を受けることにより光化学反応物質が生成され、光化学スモッグの原因となる。また、花粉症は花粉と窒素酸化物が結合した物質によりアレルギーが引き起こされるとする説もある。大気化学 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ車

    アメリカ車から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    エンジンの排ガス対策や燃焼効率改善に世界でいち早く取り組んだのも本来はアメリカ車であることはあまり知られていない。現在ほぼ全ての自動車に排ガス対策機器として装着されているPCVバルブは、1960年代に光化学スモッグ対策としてアメリカ車に全車装着が義務付けられたことに普及の端を発する。ロータリーエンジンがマスキー法突破に利用したサーマルリアクターは、元々は1966年にエアインジェクションリアクターとしてアメリカ車に搭載されたエアポンプ式二次空気導入装置である。また、1970年代からはチャコールキャニスターのあらゆる車両への装着も義務付けられ、これはホンダ・スーパーカブなどの小排気量輸入オートバイであっても例外ではなかった。燃費を重視した車体作りも早くは1960年代中盤から始まっており、通常モデルで10:1などの高圧縮比のエンジンを8.5:1などの低圧縮比としてレギュラーガソリンの利用を許容した上で、スポーツモデルで4.33などの最終減速比を2.05など極端にハイギアードとすることで燃費とランニングコストを稼ぐエコノミーモデルが散見された。アメリカ車 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード