65件中 31 - 40件表示
  • 侵略!イカ娘

    侵略!イカ娘から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    「イカ娘」は種族名にして彼女自身の固有名でもある。同族の存在は不明だが、イカ帽子を被っていると彼女から「同胞」の扱いを受ける。一応家族はいるらしく、原作第69話で父親(と思われる)の存在を示唆している。人間には症例のない、種族特有の病気(ゲソニンムルゴボング病、イカモスロップソン病)に罹ってしまうことがある。また、しゃっくりを30回すると触手がグロテスクな形に変形して無差別に周囲の人を襲う(らしい)。熱中症や光化学スモッグ障害、虫歯など人間の病気にもかかり、そのために何度か倒れているため実は虚弱なのではと栄子に疑われている。侵略!イカ娘 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    スモッグ(smog) - 煤煙の混じった霧(ロンドン型スモッグ)、または排気ガスが変質した煙霧(光化学スモッグ、ロサンゼルス型スモッグ)。気象 フレッシュアイペディアより)

  • 中国の環境問題

    中国の環境問題から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    酸性雨とは、広義には酸性化した雨とガスとエアロゾル(気体中に浮遊する微粒子)のことで、雨だけに限っていえば自然の川や湖水の水素イオン指数が5.6以下の場合をいう。これは、大気中に濃度350ppm程度含まれる二酸化炭素(CO2)が溶け込んだ川や湖水が炭酸化してpH値が5.6程度になるからである。酸性雨の原因物質は、硫黄酸化物(SOx)と窒素酸化物(NOx)である。この中ではNOxは光化学スモッグの原因物質でもある。酸性雨原因物質の発生源は、火山などの自然発生源と、発電所や工場、自動車などの人為発生源がある。2000年に公刊された定方後掲書によれば、公刊当時の日本においては、桜島などの火山からの発生量が全体の50パーセント近くを占めていたが、同時期の中国では、人為発生源のものからのものが大部分であった。中国の環境問題 フレッシュアイペディアより)

  • バードン

    バードンから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    古代にケムジラを死滅させたとされる。大熊山の火口で長い眠りに就いていたところ、火山活動の影響で復活して同じく復活したケムジラを貪っていく。その残存個体が巨大化してウルトラマンタロウと対峙した際には割って入り、まずタロウを圧倒してエネルギー切れによる絶命に追い込む。戦場からの逃走を図ったケムジラとの格闘の際には「イエローガス」を吹きかけられるも、捕食して飛び去る。さらに病院への襲撃を阻止しようとするZATのトリモチ作戦をしのぎ、ゾフィーの不意打ちにも耐えて返り討ちにするほか、光化学スモッグの成分に似た毒素を放ち、大熊山の周辺住民の視力を奪う。その後、さらなる被害拡大を懸念したZATによって全国から食肉や家畜を隠されたためにマンモス団地を襲撃し、そこの住民たちを女子供を問わず次々と捕食していくが、ウルトラの母によって復活したタロウに阻まれたうえ、退散した先の大熊山では火口にあった同族の卵をZATに破壊され、タロウと3度目の激戦を繰り広げる。最後は、空中でタロウを追跡中にキングブレスレットの分身能力で撹乱されて大熊山の火口へ墜落し、その噴火によって爆死する。バードン フレッシュアイペディアより)

  • 噴射ポンプ

    噴射ポンプから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    日本に於いては過去光化学スモッグが社会問題化した事から、1992年に制定された自動車NOx・PM法に基づき、段階的にNOxとPMを低減させるべく政策を取っており、その集大成を平成10年排出ガス規制(一部の大型車は平成11年規制)とした。以前の規制値では機械式噴射ポンプと噴射ノズルの改良、噴射時期の遅角でクリアする事が可能であったが、この規制では当時のガソリン車と同程度以下のNOx排出量が求められた。噴射ポンプ フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・タイプ2

    フォルクスワーゲン・タイプ2から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1989年には高地であるため排気ガスによる光化学スモッグの被害が深刻なメキシコシティーの存在するメキシコ向けとして、安定燃焼を実現して汚染物質の排出量を低減させるべく、空冷ガソリンエンジンを廃止し、アウディ・80やサンタナと共通の1.6 L直列4気筒水冷ガソリンエンジンに変更したモデルの生産が始まった。一般的な水冷エンジンとなったことで、エンジンを他社製に換装する例も見られ、メキシコでは純正の水冷エンジンを修理せず、現地に工場があり部品流通も豊富な日産製エンジンに換装した車両も散見される。フォルクスワーゲン・タイプ2 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の原子力政策

    日本の原子力政策から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1972年当時の日本の原子力発電の状況は、5基182万3000kW、全体の発電量の3%以下であったがまだまだ小規模な運転停止が多く、渇水による水力発電の発電量の低下と、火力発電所から発生する光化学スモッグが社会的問題となっていた。また長引く中東戦争の影響で、石油の価格も不安定であった。日本の安定的なエネルギー確保を目的として、燃料確保からエネルギー効率の向上まで日本のエネルギー政策を一元化するために1973年7月、通産省の鉱山石炭局と公益事業局が協力して、資源エネルギー省が誕生する。その年の11月第四次中東戦争が勃発してアラブ石油輸出国機構(OPEC)が原油価格を70%も引き上げたことから日本にも深刻なオイルショックが到来し、国際的にも国内的にも代替エネルギーとして原子力発電の重要性が高まった。日本の政策として原子力が優先されたために、1975年には原子力の発電量は10基530万kWに拡大し、日本は(ソ連を除いて)アメリカ、イギリスに次ぐ3番目の原発大国に成長した。日本の原子力政策 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコシティ

    メキシコシティから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    市内には高層ビルやホテルが林立し、道路はいつも車で埋め尽くされている。しかし排気ガス規制が緩く、その上4000メートルを超える山々に囲まれている盆地に位置するため汚染された空気が拡散しにくく、高地による空気の薄さとあいまって1990年代以降、自動車の排気ガスによる大気汚染が深刻な問題となっている。乾期には、光化学スモッグが問題となっていたが、ディーゼル車の制限や排気ガス点検の義務化によって改善に向かっている。ただし、世界的にみれば環境の質は未だに悪く、非営利の環境団体「ブラックスミス研究所」は、2007年度の世界最悪の大気汚染都市と指摘している。メキシコシティ フレッシュアイペディアより)

  • 公害

    公害から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1970年 光化学スモッグが東京で初めて確認され、以降、注目されるようになった。公害 フレッシュアイペディアより)

  • エアロゾル

    エアロゾルから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    世界的な工業の発展と大量のエネルギー消費は新たな大気汚染問題を引き起こし、エアロゾル学の中でも、ガスの粒子転換・二次的生成汚染物の制御が重要課題となった。アメリカ・ロサンゼルスにおける光化学スモッグを対象とする研究プロジェクトは、大気エアロゾルのキャラクタリゼーション、発生源推定手法の開発など大きな成果をもたらした。エアロゾル フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード