55件中 31 - 40件表示
  • エアロゾル

    エアロゾルから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    世界的な工業の発展と大量のエネルギー消費は新たな大気汚染問題を引き起こし、エアロゾル学の中でも、ガスの粒子転換・二次的生成汚染物の制御が重要課題となった。アメリカ・ロサンゼルスにおける光化学スモッグを対象とする研究プロジェクトは、大気エアロゾルのキャラクタリゼーション、発生源推定手法の開発など大きな成果をもたらした。エアロゾル フレッシュアイペディアより)

  • スギ花粉症

    スギ花粉症から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    一方で近現代の日本の都市化により土地が土や草原からアスファルトやコンクリートなどの花粉が吸着・分解されにくい地盤となり、一度地面に落ちた花粉が風に乗り何度も舞い上がって再飛散するという状態が発生するようになった。加えて排気ガスや工場からの排気などの光化学スモッグなどを長期間吸引し続けることでアレルギー反応が増幅され、スギ花粉症を発症・悪化させるという指摘がありスギ花粉症 フレッシュアイペディアより)

  • 杉並区

    杉並区から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    光化学スモッグ事故。はじめて光化学スモッグによる大規模な被害が出た(東京立正女子高等学校)。杉並区 フレッシュアイペディアより)

  • 7月18日

    7月18日から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1970年 - 東京都杉並区で日本初の光化学スモッグ公害。7月18日 フレッシュアイペディアより)

  • 7月27日

    7月27日から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1970年 - 東京都で光化学スモッグ注意報・警報の発令体制が開始。7月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 窒素酸化物

    窒素酸化物から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    これらは、光化学スモッグや酸性雨などを引き起こす大気汚染原因物質である。窒素酸化物 フレッシュアイペディアより)

  • 気象

    気象から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    スモッグ(smog) - 煤煙の混じった霧(ロンドン型スモッグ)、または排気ガスが変質した煙霧(光化学スモッグ、ロサンゼルス型スモッグ)。気象 フレッシュアイペディアより)

  • オゾン

    オゾンから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    大気の中で成層圏に存在するものはオゾン層と呼ばれ、生命にとって有害な紫外線が地上に降り注ぐ量を和らげている。しかし、地上付近に存在するオゾンは、光化学スモッグの際に生成し大気汚染物質でもある。成層圏中のオゾン量はドブソン単位で表される。工業で用いられる場合、ppmや容量パーセント濃度または重量パーセント濃度で表される。オゾン フレッシュアイペディアより)

  • 自動車排出ガス規制

    自動車排出ガス規制から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    PCVバルブ - 1960年代初頭に北米で光化学スモッグ対策のために導入。日本では昭和45年9月からブローバイガス還元装置としてPCVバルブまたはシールド式クランクケースブリーザーの装着が義務付けられる。自動車排出ガス規制 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコシティ

    メキシコシティから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    市内には高層ビルやホテルが林立し、道路はいつも車で埋め尽くされている。しかし排気ガス規制が緩く、その上4000メートルを超える山々に囲まれている盆地に位置するため汚染された空気が拡散しにくく、高地による空気の薄さとあいまって1990年代以降、自動車の排気ガスによる大気汚染が深刻な問題となっている。乾期には、光化学スモッグが問題となっていたが、ディーゼル車の制限や排気ガス点検の義務化によって改善に向かっている。ただし、世界的にみれば環境の質は未だに悪く、非営利の環境団体「ブラックスミス研究所」は、2007年度の世界最悪の大気汚染都市と指摘している。メキシコシティ フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード