55件中 41 - 50件表示
  • モータリゼーション

    モータリゼーションから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    大気汚染・騒音などが、特に幹線道路の周辺において深刻である。特に日本では、ディーゼルエンジンの排気ガスに対する規制が軽視されて来たこともあり、大型トラックが公害の大きな原因となっている。現状では、世界一厳しい排出ガス規制などで対応するなどしているが、通行量そのものの増大もあり、まだまだ改善されているとは言いがたい。たとえば、以前は光化学スモッグは大都市のみの公害と思われているが、今は関東平野全域にまで及んでいる。モータリゼーション フレッシュアイペディアより)

  • 市原市

    市原市から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    戦後になると東京湾岸の埋め立てが進み市原市は千葉港の一角に組み込まれた。市原市では特に石油産業などの化学工業を主とする企業の進出が多い。これらの工場から発せられる煙によって光化学スモッグが発生することがしばしばあったが、近年、光化学スモッグは減少傾向にある。市原市 フレッシュアイペディアより)

  • 煙害

    煙害から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    煙害は、様々な行為によって発生した煙によって生じる不都合・被害(社会問題、健康問題、環境問題など)のことである。公害の一種であり、四日市ぜんそく(工場の煤煙が原因とされる)や光化学スモッグ(車の排気ガスが原因とされる)などは煙害とされる。大規模な焼畑農業や稲藁焼き等、農業によって発生することもある。煙害 フレッシュアイペディアより)

  • 公害

    公害から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1970年 光化学スモッグが東京で初めて確認され、以降、注目されるようになった。公害 フレッシュアイペディアより)

  • 通天閣

    通天閣から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    二代目通天閣に建替えられた1956年(昭和31年)は10月28日の開業日に10,496人の入場を記録するなど人気を博し年間入場者が155万人を越えていたものの、1965年(昭和40年)に100万人を割込み、大阪万博のあった1970年(昭和45年)には一時的に持ち直したものの、光化学スモッグ等の環境汚染等も要因となって1975年(昭和50年)には20万人前後へと激減した。通天閣 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力発電

    原子力発電から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    酸性雨や光化学スモッグなど大気汚染の原因とされる窒素酸化物や硫黄酸化物を排出しない。原子力発電 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県

    千葉県から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    経済発展の一方で、千葉県では急激な開発と行政の無策のため、生活排水や工業排水、農薬などが垂れ流しにされ、干拓や埋め立て、護岸による湿地帯・干潟の衰退があいまって、県内各地の河川や湖沼の水質は著しく悪化した。東京湾でも、水質汚染が一時、深刻な問題となり、漁業権を放棄する漁業協同組合が相次いだ。特にこの時期は利根川水系の生態系が大きく毀損され、この地域の内水面漁業は壊滅状態となった。また、天然ガス採掘や地下水を過剰汲み上げしたことによる地盤沈下が深刻化し、船橋市では1974年(昭和49年)に「地盤沈下非常事態宣言」を発令する。モータリゼーションによる排気ガスの増加や、工場などから排出される煙などによる、光化学スモッグ、ゴミ焼却によるダイオキシン問題等の大気汚染も深刻化した。近年においては、産業廃棄物や感染性医療廃棄物、硫酸ピッチなどが農地や山林に埋められるなど、不法投棄も問題になっている。このため、千葉県では、環境系のNPOや市民団体を積極的に支援したり、2008年(平成20年)に千葉県環境基本計画を制定するなど、環境方面に力を入れる傾向が見られる。千葉県 フレッシュアイペディアより)

  • スモッグ

    スモッグから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1940年代から、自動車の排気ガスの増加に伴い、従来の黒色のスモッグとは異なる白色のスモッグが現れるようになった。アメリカ・ロサンゼルスでは1944年頃から発生し始め、目・鼻・気道への刺激を特徴としていた。後に、ガソリンの原料である石油に多く含まれる硫黄分に由来する硫黄酸化物、排気に含まれる窒素酸化物と炭化水素が太陽光中の紫外線を受けて反応して生成される光化学オキシダントの2つが、その主成分であることが分かった。従来のスモッグは煤煙を主体とし霧を伴っていたが、このスモッグは晴れた日の昼間に発生し霧を伴わなかったのが特徴で、従来のものと区別して「白いスモッグ」「光化学スモッグ」、また初めて大規模な発生が報告されたロサンゼルスの名をとって「ロサンゼルス型スモッグ」と呼ぶようになった。スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 煙霧

    煙霧から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    また大気汚染による煙霧は「スモッグ」とも呼ばれる。スモッグ(smog)は煙(smoke)と霧(fog)を合成したことばであり、元来は燃焼物に由来する煙と自然に発生する霧の混合したものを指していたが、現在は排気ガスの変質により人体に有害な気体成分を含むものを「光化学スモッグ」と呼ぶようになった。そのため、初めてそれが問題となった地域の名前を冠して、前者を「ロンドン型スモッグ」、後者を「ロサンゼルス型スモッグ」と呼ぶ。両者とも固体の微粒子成分を含むが、「ロンドン型スモッグ」は液体成分が多いため気象観測上「霧」や「もや」に分類される。「ロサンゼルス型スモッグ」は固体成分が多いため気象観測上は「煙霧」に分類される。煙霧 フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラ対ヘドラ

    ゴジラ対ヘドラから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    こうした中、プロデューサーの田中友幸は「もう一度ゴジラを考えよう」と、日本万国博覧会(1970年)の「三菱未来館」の企画や、『日本海大海戦』(丸山誠治監督、1969年)での実景撮影などで円谷組の補佐を務めた坂野義光に企画を依頼した。坂野は「何でもいい」と言われたので、前年に起きた光化学スモッグ事件(校庭にいた女子高生が集団で倒れた)をきっかけに本作の企画を考え、「『いま最もポピュラーな悪は公害だから、公害の怪獣でもいいですか』と田中プロデューサーに聞いたら『いいよ』との答えだったので、ここから企画が始まった」と述べている。ゴジラ対ヘドラ フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード