65件中 41 - 50件表示
  • ヒッポリト星人

    ヒッポリト星人から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    200メートルもの自身の虚像を光化学スモッグに投影して都市を攻撃させ、ウルトラマンA(以下、エース)の引き渡しを要求。本体は都市部から遠く離れた山岳地帯に陣取っており、ヒッポリトカプセルを通して自分の姿を投影しているため、TACの武器も受け付けない。エースの人形の首を折って姿を消し、本体がいる場所を通りかかったトラック運転手の男性が息子・ヒロシのために用意したエースの人形の首も取る。北斗星司と南夕子が男性を発見したことで仕掛けを見破られ、エースとの戦ではあらかじめ用意していたカプセルにエースをはじめ、救援に駆けつけたゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックのウルトラ4兄弟を閉じ込め、ヒッポリトタールを流し込んでブロンズ像に変えると、秘密を暴いて攻撃を仕掛けてきたTACの戦闘機を全機撃墜して火炎攻撃で苦しめる。駆け付けたウルトラの父との戦いでは、最初は圧倒されてエースのタールもウルトラシャワーで洗い流されてしまうが、地球に向かう途中の長旅でエネルギーを消耗していた隙を突いて倒す。しかし、ウルトラの父が命と引き換えにしたエネルギーでエースの復活を許してしまい、エースとTACによる猛攻を受けた末、メタリウム光線で粉砕される。ウルトラ4兄弟も元に戻り、エースがエネルギーを分け与えたことで息を吹き返す。ヒッポリト星人 フレッシュアイペディアより)

  • 煙害

    煙害から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    煙害は、様々な行為によって発生した煙によって生じる不都合・被害(社会問題、健康問題、環境問題など)のことである。公害の一種であり、足尾鉱毒事件、四日市ぜんそく(工場の煤煙が原因とされる)、光化学スモッグ(車の排気ガスが原因とされる)などは煙害とされる(足尾はこれに鉱毒水も加わる)。大規模な焼畑農業の野焼きや稲藁焼き等、農業によって発生することもある。煙害 フレッシュアイペディアより)

  • オゾン

    オゾンから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    オゾンは光化学オキシダントの主成分である。近年、日本では、光化学スモッグ注意報を発令する都道府県の数が増加しているが、これは、中国大陸からの越境大気汚染によって広域化していると考えられている。また、オゾンの強力な酸化性のため、植物や農業に対する悪影響が憂慮されている。オゾン フレッシュアイペディアより)

  • 皇居の生物相

    皇居の生物相から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    皇居内のガの分布で、地衣類を主に食べるヒトリガ科のコケガが発見されなかったことも注目された。コケガは平地から高山帯までどこでも見かける普通種であるが、1970年代の光化学スモッグの影響で東京都区内の地衣類は壊滅的な打撃を蒙ったと考えられ、その結果地衣類を食べるコケガも大打撃を受けたとみられる。1980年代以降東京都区内の大気汚染は改善傾向を見せ、地衣類も回復してきた。その結果自然教育園などではコケガが確認されるようになり、東京都区内にコケガが戻り始めてきたことがわかったが、周囲を濠に囲まれた皇居では濠が障害となってコケガの回復が遅れているものと考えられた。そして平成13年度(2001年)から平成17年度(2005年)まで続けられたモニタリング調査の中で皇居内でコケガが確認され、ようやく皇居にもコケガが戻り始めたことが明らかとなった。皇居の生物相 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    日本各地で真夏日を記録した暑さの影響により、22都府県で光化学スモッグ注意報発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 東京立正中学校・高等学校

    東京立正中学校・高等学校から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    1970年 光化学スモッグで生徒43名が光化学スモッグ障害を発症。東京立正中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 通天閣

    通天閣から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    二代目通天閣に建替えられた1956年(昭和31年)10月28日の開業日に10,496人の入場を記録するなど人気を博し、年間入場者も155万人を超えていたが、1965年(昭和40年)に100万人を割込み、大阪万博のあった1970年(昭和45年)にやや持ち直したものの、光化学スモッグ等の環境汚染が要因となって1975年(昭和50年)には20万人前後へと激減した。通天閣 フレッシュアイペディアより)

  • 市原市

    市原市から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    戦後になると東京湾岸の埋め立てが進み市原市は千葉港の一角に組み込まれた。市原市では特に石油産業などの化学工業を主とする企業の進出が多い。これらの工場から発せられる煙によって光化学スモッグが発生することがしばしばあったが、近年、光化学スモッグは減少傾向にある。1980年3月31日に防災行政無線が開局している。市原市 フレッシュアイペディアより)

  • そう言えば あの時このうた

    そう言えば あの時このうたから見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    (東京の光化学スモッグによる公害問題・礼宮ご誕生・当時の山村の風景など)そう言えば あの時このうた フレッシュアイペディアより)

  • 燃料タンク (自動車)

    燃料タンク (自動車)から見た光化学スモッグ光化学スモッグ

    材質は一般的に鋼板または樹脂で、ガソリンや軽油などの危険物を蓄えるための対策が行われている。鋼板製タンクでは錆を防ぐめっき鋼板が用いられ、隙間のできないシーム溶接で組み立てられ、外側には塗装が施されている。樹脂製タンクは貫通や破壊強度で鋼板製にやや劣る場合もあるが、錆の発生が無く軽量であるほか、サスペンション、駆動系、排気管とのクリアランスを最小限とする複雑な造形でも低コストで量産できるメリットがあるため、広く普及した。かつて樹脂製タンクは神経障害や光化学スモッグの主原因とされる燃料成分(炭化水素)の透過が問題となっていたが、材料技術や成形技術が進み、多種の樹脂を何層も重ねて成形することで克服している。また、タンク内部にゴムなどの伸縮素材で作られた袋を入れて、燃料蒸気(ベーパー)の発生を抑制しながら内圧の変化にも対応できるブラダータンクも考案されている(ブラダーとは膀胱の意)。燃料タンク (自動車) フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード