73件中 11 - 20件表示
  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た気管支喘息

    特に、気管支喘息の罹患者や既往者、乳幼児、高齢者、病弱な方は、健康な成人よりも影響を受けやすい可能性があり、注意を要する。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た高齢者

    特に、気管支喘息の罹患者や既往者、乳幼児、高齢者、病弱な方は、健康な成人よりも影響を受けやすい可能性があり、注意を要する。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見たうがい

    目や喉、皮膚などに光化学スモッグ障害の症状が現れた場合、軽症であれば、洗眼やうがいをしたり、皮膚を洗い流したりすることで対処可能。洗浄後、清浄な空気の室内で安静にしていれば概ね症状は消失する。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た西日本

    1970年の初報告以来、日本国内では光化学スモッグが多数報告されるようになった。光化学スモッグ注意報などの発表延べ日数は、1973年(昭和48年)に300日を超えてピークに達している。その後減少し、1984年(昭和59年)には100日以下となる。しかし、再び増加して1980年代後半以降は100-200日前後を推移し、2000年と2007年には200日を超えている。光化学オキシダントの濃度も、2006年から2010年の5年間で環境基準を達成している地点は0.2-0%とほとんどなく、平成24年の環境白書でも「依然として低い水準」とされている。また2000年前後から、対馬などの離島や西日本、日本海側などで大陸(主に中国)から越境輸送された汚染物質が影響したと推定される光化学オキシダントの高濃度事例が発生して問題となっている。2002年には千葉県で国内で18年ぶり(千葉県内では28年ぶり)となる光化学スモッグ警報が発表されている。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た気象

    「光化学スモッグ注意報」は、光化学オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上かつ気象条件などからみて今後もその状態が継続すると考えられる場合に発令する。また地域によっては、1時間値が0.12ppm以上になると予想される場合に「光化学スモッグ予報」が発令される。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た皮膚

    光化学オキシダントの諸成分によって、目や喉、皮膚などに刺激症状が引き起こされる。これらの症状を光化学スモッグ障害と呼ぶ。主な症状は以下の通り。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た流涙

    目がチカチカする、異物感、流涙、痛み。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見たオゾン層

    オゾン層が有害な紫外線から地球を守っている事などから「オゾンは体に良い」という誤解があるが、オゾンが殺菌・消毒に用いられることからもわかるように、生物にとっては有害である。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見たヒートアイランド

    日本での発生件数は1970年代をピークに減少傾向にあるが、ヒートアイランドや中国からの大気汚染物質の流入などの影響により増加している大都市地域もある。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

  • 光化学スモッグ

    光化学スモッグから見た大気汚染

    光化学スモッグ(こうかがくスモッグ)とは、オゾンやアルデヒドなどからなる気体成分の光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩などからなる固体成分の微粒子が混合して、周囲の見通し(視程)が低下した状態をいう。光化学オキシダントを主成分とするスモッグ。健康に影響を及ぼすことがある大気汚染の一種。光化学スモッグ フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「光化学スモッグ」のニューストピックワード