139件中 11 - 20件表示
  • 浦川泰幸

    浦川泰幸から見た児玉清児玉清

    2011年4月17日より、長年司会を務めた児玉清(俳優)が体調不良のため収録を欠席した『パネルクイズ アタック25』(2011年3月31日収録、4月17日・24日放送)の代理司会を急遽担当することになる。当初はこの2回のみの代理出演の予定であったが、その後も児玉の体調が回復せず、5月11日には児玉が無期限休養することが発表され、5月15日放送分(5月12日収録)まで引き続き浦川が代理司会を務めた。浦川泰幸 フレッシュアイペディアより)

  • 世界びっくり旅行社

    世界びっくり旅行社から見た児玉清児玉清

    この番組シリーズのコンセプトは、俳優の児玉清が社長・オーナーを務める架空の旅行代理店「児玉トラベル」を舞台に、海外旅行に出かけようとする人を対象に、世界各国の法律やルール・マナーについて解説する、というものである。世界びっくり旅行社 フレッシュアイペディアより)

  • 博多華丸

    博多華丸から見た児玉清児玉清

    華丸の十八番。この物真似をする際は、「ばってん室見川」と名乗ることもある。地元・福岡では児玉清よりこちらの物真似の方が浸透しており、彼の代表ネタとして考えられている。博多華丸 フレッシュアイペディアより)

  • 板東英二

    板東英二から見た児玉清児玉清

    1984年に、児玉清が盲腸の破裂による急性腹膜炎で入院した結果、司会を務める『パネルクイズ アタック25』(朝日放送)に出演できなくなった時、板東が代理司会として10月14日と28日の2週にわたり、抜擢されたことがある。その他、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(日本テレビ)でも、当時胃ガンで休養→死去した逸見政孝の代理司会を担当したこともある。板東は後年『クイズ!紳助くん』(朝日放送)で行われた「アタック25」のパロディに解答者として出演している。板東英二 フレッシュアイペディアより)

  • タカアンドトシ

    タカアンドトシから見た児玉清児玉清

    また中盤から終盤まではモジったツッコミボケをする(「子供か!」のツッコミに対して「衣か!」や「児玉か!」「コモドか!」など)。この形式でのネタを作る際は、ツッコミのフレーズ(「○○か!」の○○の部分)を先に作ってから、それに合ったボケを付けるという形をとっている。タカアンドトシ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た児玉清児玉清

    16日 - ニッポン放送の『テレフォン人生相談』などに出演していた俳優の児玉清が、胃がんのため東京都内の病院で逝去(享年77)。これにより、ニッポン放送など各局で対応に追われた。2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビ (日本)

    2011年のテレビ (日本)から見た児玉清児玉清

    朝日放送・テレビ朝日系『パネルクイズ アタック25』司会の俳優・児玉清が体調不良により、この日の放送より番組を欠席。児玉の番組欠席は1984年10月に虫垂炎で入院して以来27年ぶり(当時は板東英二が2週代役で司会を務めた)で、代役司会は朝日放送アナウンサー浦川泰幸が担当。また、児玉はNHK BSプレミアムの書評番組『週刊ブックレビュー』の4月9日放送分の出演も欠席していた。2011年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ポール・リンゼイ

    ポール・リンゼイから見た児玉清児玉清

    彼の熱心なファンのひとりに児玉清がいる。児玉氏は「覇者」にて解説をつとめている。ポール・リンゼイ フレッシュアイペディアより)

  • あいうえお作文

    あいうえお作文から見た児玉清児玉清

    博多華丸:R-1ぐらんぷり2006で、児玉清のモノマネをしながらあいうえお作文を披露して優勝した。あいうえお作文 フレッシュアイペディアより)

  • SHAKE HIP GROOVIN'

    SHAKE HIP GROOVIN'から見た児玉清児玉清

    前もってクロスカーが発表する場所へリスナーに集まってもらい、集まってもらったリスナーの中から1人を選びスタジオから出されるクイズに答えてもらうコーナー。クイズに正解したリスナーにはプレゼントが渡される他、毎年2回のキャンペーンウィークの際には集まったリスナーに同局のステッカーが配られた。このコーナーでは華丸がまずクイズのジャンルを4つ程紹介し、その中から回答者に1つを選んでもらって出題したが、そのスタイルはテレビ朝日の番組「パネルクイズ アタック25」をモチーフにしており、コーナー中でもこの番組のフィルムクイズのBGMが使用され、正解者に対して正解だった場合の「その通り!」というかけ声と、正解に関する説明については華丸が、この番組の司会者である児玉清のものまねでやっていた。このものまねが後に彼の代表的なレパトーリーとなっている。また始まった当初、ジャンルの中には必ずと言っていいほど「歴史」が登場し、そのたびに華丸が「・・・、・・・、・・・、そして溺死」(歴史の駄洒落)と言って武田直子とリスナーを笑わせていた。SHAKE HIP GROOVIN' フレッシュアイペディアより)

139件中 11 - 20件表示

「児玉清」のニューストピックワード