159件中 21 - 30件表示
  • ラブホリック

    ラブホリックから見た児玉清児玉清

    (株)ユニバーサルフーズ新商品開発部の社員。22歳。お酒に弱く、酔うと鼻がつまったり、服を脱いで見せ魔になる。「優駿」という名の朝比奈を馬並み、ノーロー(歯槽膿漏)をソーロー、ちんすこうをちんこすうと言ってしまったりと、少しぬけたところがある(特に下ネタがらみ)。「別マ」の愛読者。理想の上司は児玉清。夢は、自分の商品が店頭に並ぶことと、オフィスでチュー。ラブホリック フレッシュアイペディアより)

  • 花は花よめ

    花は花よめから見た児玉清児玉清

    ・神楽坂の芸者から指導を受け、また花柳梅静門下で日本舞踊の稽古も行った。また、吉永と児玉清は、本作スタートの前年1970年に同じ日本テレビ系のドラマ『おふくろの味』で共演。その縁もあって、吉永は児玉との再共演を望んでいたといい、本作で再びの顔合わせが実現した。花は花よめ フレッシュアイペディアより)

  • 赤ちゃん誕生

    赤ちゃん誕生から見た児玉清児玉清

    三田光男 …………… 児玉清赤ちゃん誕生 フレッシュアイペディアより)

  • SHAKE HIP GROOVIN'

    SHAKE HIP GROOVIN'から見た児玉清児玉清

    前もってクロスカーが発表する場所へリスナーに集まってもらい、集まってもらったリスナーの中から1人を選びスタジオから出されるクイズに答えてもらうコーナー。クイズに正解したリスナーにはプレゼントが渡される他、毎年2回のキャンペーンウィークの際には集まったリスナーに同局のステッカーが配られた。このコーナーでは華丸がまずクイズのジャンルを4つ程紹介し、その中から回答者に1つを選んでもらって出題したが、そのスタイルはテレビ朝日の番組「パネルクイズ アタック25」をモチーフにしており、コーナー中でもこの番組のフィルムクイズのBGMが使用され、正解者に対して正解だった場合の「その通り!」というかけ声と、正解に関する説明については華丸が、この番組の司会者である児玉清のものまねでやっていた。このものまねが後に彼の代表的なレパトーリーとなっている。また始まった当初、ジャンルの中には必ずと言っていいほど「歴史」が登場し、そのたびに華丸が「・・・、・・・、・・・、そして溺死」(歴史の駄洒落)と言って武田直子とリスナーを笑わせていた。SHAKE HIP GROOVIN' フレッシュアイペディアより)

  • 山本和夫 (テレビプロデューサー)

    山本和夫 (テレビプロデューサー)から見た児玉清児玉清

    京都府京都市生まれ。京都府立洛北高校を1974年に卒業、1979年に慶應義塾大学文学部ドイツ文学科を卒業後、讀賣テレビ放送(よみうりテレビ)に入社。最初はバラエティ番組のADを務めていたが、1983年、ドラマ制作部に転属。木曜ゴールデンドラマ『ガラスの中の幸福』(1986年)で正ディレクターに昇進。夫(児玉清)の浮気と娘の拒食症に苦悩するヒロイン・岸惠子を演出した。その後、朝の連続ドラマを経て、1992年春の改編で新設された連続ドラマ(実際には木曜ゴルドラ編成で終了した1980年春の改編以来12年ぶりの復活)のプロデュースとメイン監督を任される。第1作となった『悪女』では、石田ひかりふんする新人類OLが大当りする。以後は同社の東京支社制作部チーフプロデューサーとして活動。山本和夫 (テレビプロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • 遊撃警艦パトベセル 〜こちら首都圏上空青空署〜

    遊撃警艦パトベセル 〜こちら首都圏上空青空署〜から見た児玉清児玉清

    警偉庁青空警際署所属。「パトベセル」通信担当。階級は警武補。ヒカリから「ももちー」と呼ばれている。普段はちょっと天然が入ったのんびりした少女だが、通信担当=パトベセルへのお怒りの言葉への応対という羽目になり、さらにヒカリの命令に振り回される日々。通信士にも関わらず、慌てるとカミまくる。格闘技好きで、目の前で技を使われると我を忘れて実況アナウンサーと化すことも。柔道五段の腕前で武装した警官を軽々と投げ飛ばせるほど。得意技はつかみ技から投げ技に転じること。ヒカリや空はおろか主人公も有段者ということは知らなかった。一応得意なのは児○清のモノマネ。遊撃警艦パトベセル 〜こちら首都圏上空青空署〜 フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン清水港

    サラリーマン清水港から見た児玉清児玉清

    法印(同上):児玉清サラリーマン清水港 フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン忠臣蔵

    サラリーマン忠臣蔵から見た児玉清児玉清

    岡野欣哉(「赤穂産業」社員):児玉清サラリーマン忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • NSファーファ・ジャパン

    NSファーファ・ジャパンから見た児玉清児玉清

    1995年(平成7年)には、俳優や司会者として活躍した児玉清をナレーターに起用したテレビCMを放送。そのCMに当時の役員3人が出演し、役員の一人が言うセリフ「広告するのをころっと忘れてました」は語り草である(舞台は徐行中の軽トラック荷台、同社ロゴを表記した横断幕を掲げ、役員らはスーツにエプロン姿だった)。CMでは児玉によるナレーションで「誠実一筋、清潔一筋」と宣伝されていた。また当時『パネルクイズ アタック25』(ABC)の番組スポンサーもつとめていた。NSファーファ・ジャパン フレッシュアイペディアより)

  • ポール・リンゼイ

    ポール・リンゼイから見た児玉清児玉清

    彼の熱心なファンのひとりに児玉清がいる。児玉氏は「覇者」にて解説をつとめている。ポール・リンゼイ フレッシュアイペディアより)

159件中 21 - 30件表示

「児玉清」のニューストピックワード