159件中 41 - 50件表示
  • 蓮見圭一

    蓮見圭一から見た児玉清児玉清

    秋田県秋田市出身。立教大学卒。雑誌編集者や新聞記者を経て、2001年に大阪万博をテーマにした『水曜の朝、午前三時』で作家としてデビュー。同作は児玉清の推薦文が付いたこともあり、ベストセラーになった。記者時代に埼玉愛犬家連続殺人事件を取材し、共犯者の一人の手記を代筆した経験がある。その手記を改題・加筆修正したのが『悪魔を憐れむ歌』である。蓮見圭一 フレッシュアイペディアより)

  • 江原達怡

    江原達怡から見た児玉清児玉清

    俳優・児玉清の著作「負けるのは美しく」の中に、児玉が新人時代に喫茶店でサインを求められたとき、同席していた既にスターだった年下の俳優が「この人は雑魚だから、もらっても意味がない」と当時なりの悪意のない発言をするエピソードがあり、前後の関係から江原のことと推察される(同書には江原の実名はない)。江原達怡 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・バーカー

    ボブ・バーカーから見た児玉清児玉清

    ワシントン州ダーリントン出身。大学在学中にアメリカ海軍の戦闘機パイロットに召集される。その後KTTS-FMに入社。1956年、Truth or Consequencesの司会に抜擢。1967年から20年間、ミス・ユニバース世界大会、ミスUSAの司会、さらに1972年から35年間、『ザ・プライス・イズ・ライト』の司会を務めた(他のクイズ番組で30年以上司会を務めた例では、『ジョパディ』の司会を務めるアレックス・トレベックが1984年から30年間(2014年現在)、日本ではパネルクイズアタック25を1975年スタート当初から36年間務めた児玉清が該当する)。ボブ・バーカー フレッシュアイペディアより)

  • テレビでドイツ語

    テレビでドイツ語から見た児玉清児玉清

    文化コーナー:児玉清、イゾルデ浅井、ヴェルナー・シャウマン(Werner Gustav Schaumann)(児玉清のドイツおもしろ本さがし)テレビでドイツ語 フレッシュアイペディアより)

  • 黒岩重吾

    黒岩重吾から見た児玉清児玉清

    出演:小川真由美、児玉清、滝田裕介、市原悦子、野際陽子黒岩重吾 フレッシュアイペディアより)

  • 超大ヒット人気番組ぜ〜んぶ見せます!スペシャル

    超大ヒット人気番組ぜ〜んぶ見せます!スペシャルから見た児玉清児玉清

    第4位 パネルクイズ アタック25(ABC。700回記念大会と児玉清のものまねをする博多華丸が出演した2007年末の芸能人大会を紹介)超大ヒット人気番組ぜ〜んぶ見せます!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 古山高麗雄

    古山高麗雄から見た児玉清児玉清

    長寿TV番組「パネルクイズ アタック25」の司会を務めた児玉清とも手紙を交わす仲であった。古山高麗雄 フレッシュアイペディアより)

  • 第25回日本レコード大賞

    第25回日本レコード大賞から見た児玉清児玉清

    名物司会者だった高橋圭三がこの年を最後に降板、以降は審査委員になった(尚、1977年以降、参議院議員としての活動を優先させた影響から高橋は細部進行にはあまり関わらず、番組構成全体を統括する総合司会のポジションで番組に参加する形を採っていた(細部進行は別の男性司会者(久米宏、渡辺謙太郎(ともに当時TBSアナウンサー、児玉清と女性司会者(黒柳徹子、檀ふみ、中田喜子、竹下景子が担当)が、この年は再選を狙って出馬した選挙に落選した影響もあってか、久々に企画段階より番組製作にも参加(1977年以降、予選会の司会からも降りていたが、この年は久々に予選会の司会も担当している)、前々年からの女性司会者である竹下とのコンビで細部進行も担当した)。第25回日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大いなる西部

    大いなる西部から見た児玉清児玉清

    演出:佐藤敏夫、翻訳:木原たけし、効果:TFCグループ、調整:前田仁信、製作:東北新社、配給:ユナイテッド・アーチスツ・テレビジョン、解説:児玉清、プロデューサー:植木明大いなる西部 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2011年5月

    訃報 2011年5月から見た児玉清児玉清

    5月16日 - 児玉清、日本の俳優、司会者(* 1933年)訃報 2011年5月 フレッシュアイペディアより)

159件中 41 - 50件表示

「児玉清」のニューストピックワード