139件中 51 - 60件表示
  • 女と味噌汁

    女と味噌汁から見た児玉清児玉清

    1966年8月7日 - 女と味噌汁 その5≪白黒放送≫:児玉清、加藤嘉、塩沢とき、小林勝彦女と味噌汁 フレッシュアイペディアより)

  • 小池清

    小池清から見た児玉清児玉清

    児玉清(朝日放送『パネルクイズ アタック25』の初代司会者で、出身地が小池と同じ。2011年5月に77歳で没)小池清 フレッシュアイペディアより)

  • 白い巨塔 (1978年のテレビドラマ)

    白い巨塔 (1978年のテレビドラマ)から見た児玉清児玉清

    関口仁:児玉清 - 第1審原告側・控訴審控訴人側弁護士、関口法律事務所所長白い巨塔 (1978年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 山本和夫 (テレビプロデューサー)

    山本和夫 (テレビプロデューサー)から見た児玉清児玉清

    京都府立洛北高校を1974年に卒業、1979年に慶應義塾大学文学部ドイツ文学科を卒業後、讀賣テレビ放送(よみうりテレビ)に入社。最初はバラエティ番組のADを務めていたが、1983年、ドラマ制作部に転属。木曜ゴールデンドラマ『ガラスの中の幸福』(1986年)で正ディレクターに昇進。夫(児玉清)の浮気と娘の拒食症に苦悩するヒロイン・岸惠子を見事に演出した。その後、朝の連続ドラマを経て、1992年春の改編で新設された連続ドラマ(実際には木曜ゴルドラ編成で終了した1980年春の改編以来12年ぶりの復活)のプロデュースとメイン監督を任される。第1作となった『悪女』では、石田ひかりふんするブッ飛んだ新人類OLが大当りする。以後は同社の東京支社制作部チーフプロデューサーとして活躍。山本和夫 (テレビプロデューサー) フレッシュアイペディアより)

  • 朝日出版社

    朝日出版社から見た児玉清児玉清

    1991年には写真家の篠山紀信と組み、日本初のヘアヌード写真集『water fruit』(モデルは樋口可南子)が話題になった。続いて、宮沢りえ写真集『Santa Fe』が記録的な売り上げを見せたのをきっかけに、葉月里緒菜、大竹しのぶ、荻野目慶子、高岡早紀、かでなれおんなどのヌード写真集も多数出版。2003年には原と同じ学習院大学独文科の卒業生で長く交流のあった児玉清の切り絵本『たったひとつの贈り物』を出版。ほかにロングセラーの小林カツ代『料理の辞典』、歴史家の中野京子による西洋絵画についてのエッセー『怖い絵』『怖い絵?』、『スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ&プレゼン』(『CNN English Express』編集部)や、『がんばらない健康法』(鎌田實著)、電子辞書『E-DIC』がある。朝日出版社 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2011年 5月

    訃報 2011年 5月から見た児玉清児玉清

    5月16日 - 児玉清、日本の俳優、司会者(* 1933年)訃報 2011年 5月 フレッシュアイペディアより)

  • 江原達怡

    江原達怡から見た児玉清児玉清

    俳優・児玉清の著作「負けるのは美しく」の中に、児玉が新人時代に喫茶店でサインを求められたとき、同席していた既にスターだった年下の俳優が「この人は雑魚だから、もらっても意味がない」と当時なりの悪意のない発言をするエピソードがあり、前後の関係から江原のことと推察される(同書には江原の実名はない)。江原達怡 フレッシュアイペディアより)

  • トップキャスター

    トップキャスターから見た児玉清児玉清

    柴田 勝俊(59):児玉清トップキャスター フレッシュアイペディアより)

  • コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

    コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-から見た児玉清児玉清

    田所 良昭(たどころ よしあき) - 児玉清〈特別出演〉コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- フレッシュアイペディアより)

  • クイズの扉

    クイズの扉から見た児玉清児玉清

    全編『アタック25』のパロディー。博多華丸は終始、児玉清のものまねで進行を続ける。パネルは3×3で、読み問題とパネルに隠された映像を当てる問題で構成。読み問題はすべて福岡に関するものとなっている。クイズの扉 フレッシュアイペディアより)

139件中 51 - 60件表示