前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た篠沢秀夫

    小学生の頃、群馬県・四万温泉に集団疎開した経験を持つ。東京都立工芸高等学校を経て、一浪して学習院大学文学部ドイツ文学科入学後、演劇部に入部。当初は道具係だったが、上背があるということで無理矢理舞台に上がらされたという。その後、1年先輩でフランス文学科の篠沢秀夫(現・学習院大学名誉教授)に見出され、篠沢が企画していた仏語劇『ブリタニキュス』(ラシーヌ作)の主役に抜擢される。フランス語はまったく知らなかったが、見事に演じ切り高い評価を得た。とはいえ、児玉は本来は役者志望ではなく、大学卒業後は学者になるため、大学院進学を目指していた。だが、学部卒業式の当日、母の急死により就職先を探さねばならなくなる。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た福山雅治

    児玉の死去に伴い、ABCでは5月22日の『アタック25』の通常放送を休止し、追悼特別番組『さようなら児玉清さん 〜パネルクイズ アタック25特別番組〜』を放送。5月19日に収録が行われ、浦川と加藤が司会を担当。収録後、浦川は「病床の児玉さんから『浦川君なりのアタックをやってくれたらいいよ』とメッセージを頂きました」と振り返った。ABCサイドの話によると、病床で浦川の司会する『アタック25』を見ながら、物真似をしていたという。番組では『アタック25』における児玉の数々の名場面・名語録集のみならず、俳優として出演したテレビドラマなどの映像、VTR出演という形で石坂浩二と福山雅治が登場して故人との想い出を語るなど、人間・児玉清に焦点を当てた内容構成であった。また、腸捻転時代の毎日放送(MBS)制作の『東リクイズ・イエス・ノー』のスチール写真や、ABCの創立30周年記念特番(1980年3月15日放送)で落語を披露する児玉の映像も紹介された。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た東宝

    1958年 - 東宝映画第13期ニューフェイスに合格、芸能界入り。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た朝日放送

    1964年8月、東宝専属の中堅女優だった北川町子と結婚。まもなく彼女が女優を辞めたため、会社ばかりかベテラン女優の賀原夏子からも残念がられ、彼女が復帰する際は知らせてほしいと言われめげる。結局、1967年に東宝を退社してフリーとなり、テレビドラマに活動の場を移す。水前寺清子主演の『ありがとう』で一躍人気を得て、以後ホームドラマなどで活躍する。しかし、テレビドラマも機器の向上と演出方法の変化によりカット割りが多くなり、通しでの演技ができなくなったことや、時代と共にホームドラマの制作も減少の一途を辿ったために、徐々に仕事を減らすようになった。1975年に朝日放送のクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、36年にわたり司会を行った(詳細は後述)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た板東英二

    1984年秋、深夜に激しい腹痛を覚え、盲腸の破裂に因る急性腹膜炎を起こし3週間入院した。この折『アタック25』の司会代役を務めたのは、タレントの板東英二(元プロ野球中日ドラゴンズ投手)である。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た石坂浩二石坂 浩二

    児玉の死去に伴い、ABCでは5月22日の『アタック25』の通常放送を休止し、追悼特別番組『さようなら児玉清さん 〜パネルクイズ アタック25特別番組〜』を放送。5月19日に収録が行われ、浦川と加藤が司会を担当。収録後、浦川は「病床の児玉さんから『浦川君なりのアタックをやってくれたらいいよ』とメッセージを頂きました」と振り返った。ABCサイドの話によると、病床で浦川の司会する『アタック25』を見ながら、物真似をしていたという。番組では『アタック25』における児玉の数々の名場面・名語録集のみならず、俳優として出演したテレビドラマなどの映像、VTR出演という形で石坂浩二と福山雅治が登場して故人との想い出を語るなど、人間・児玉清に焦点を当てた内容構成であった。また、腸捻転時代の毎日放送(MBS)制作の『東リクイズ・イエス・ノー』のスチール写真や、ABCの創立30周年記念特番(1980年3月15日放送)で落語を披露する児玉の映像も紹介された。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た坂本龍馬

    2010年には19年ぶりのNHK大河ドラマとなる『龍馬伝』に出演し、主人公・坂本龍馬の父・八平を演じ、これが遺作となる。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た山本一力

    朝日新聞出版の主催する公募文学賞『朝日時代小説大賞』の選考委員を務め、その関連で、山本一力・縄田一男との共著『ぼくらが惚れた時代小説』(朝日新書、2007年)や、その二人と共選で『人生を変えた時代小説傑作選』(文春文庫、2010年)を出している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た浦川泰幸

    2011年4月、緊急の肝機能障害による入院のため、3月17日(4月3・10日の放映分)の収録を最後に、2度目の休業に入った。また、4月17日以降の放送分では代役として、ABCアナウンサーの浦川泰幸が司会を務めてきた。なお、5月9日に、早ければ5月12日の収録(15日・22日放送分)より復帰することが報道で明らかにされたものの、5月11日、体調が戻らないことから「しばらく休ませてほしい。復帰の際は事務所から発表します」とABCに連絡があり、無期限休養に入ったことが明らかにされた。ABCサイドは「児玉さん(の復帰)を待ちたい」と、司会交代については否定していた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た加藤明子

    また、自ら制作した切り絵の作品によるカレンダー(非売品)を毎年制作しており、親しい知人や関係者に配布されていた。『アタック25』で問題読みを担当する加藤明子(ABCアナウンサー)曰く、毎月捲るのが楽しみだったという。児玉清 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
303件中 1 - 10件表示

「児玉清」のニューストピックワード