303件中 91 - 100件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た著作権

    2006年『文藝春秋』7月号での「首相靖国神社に参拝に関するアンケート」という特集記事に寄稿している。内容は「自国の存立と繁栄を願って尊い命を投げ打った人間を祀る靖国神社に首相が参拝することは当然」とし「A級戦犯合祀ついては戦犯は戦勝国による烙印」にすぎない上に、彼らは死を以って贖罪は済ませているので、参拝の障害にならないと首相参拝を支持している。大戦に関しては「過去に過ちのない個人もいないように、過去に過ちのない国もない」と日本を擁護。「(中国の)反日運動こそ謀略だ」とし、中国の李肇星外相の発言や中国の著作権問題に言及して「滅茶苦茶な国の何たる妄言暴言か」と激しく非難している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たPlayStation (ゲーム機)

    富士通パソコンシステムズ「パネルクイズ アタック25」(1998年) - プレイステーション版およびパソコン版のゲームソフト。児玉が映像と声で出演した。当時の出題者である相馬宏美も児玉と同様に映像と声で出演したほか、パッケージに児玉・相馬の写真が掲載されている。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たゲオルク・フォン・トラップ

    サウンド・オブ・ミュージック(1982年、日生劇場) - トラップ大佐児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た日焼け

    日焼けして読めなくなった古い文庫をやむなく捨てたところ、その本が絶版になり強く悔やんだ経験から、それ以来本を捨てないようになった。しかし1万冊以上の蔵書をかかえ、その重みで家の床が傾く等の問題が現実化したことから、誰かに預かってもらうことを検討していた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た汐留

    食べる事も好きで、東京・汐留のパークホテル東京にある日本料理店によく通っていた。必ずと言って良いほどステーキ定食を注文していたが、料理長に刺身もリクエストするなど、ささやかに接していた。ちなみに児玉は中トロと貝が好物であった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たNHK大河ドラマ

    2010年には19年ぶりのNHK大河ドラマとなる『龍馬伝』に出演し、主人公・坂本龍馬の父・八平を演じ、これが遺作となる。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たカレンダー

    また、自ら制作した切り絵の作品によるカレンダー(非売品)を毎年制作しており、親しい知人や関係者に配布されていた。『アタック25』で問題読みを担当する加藤明子(ABCアナウンサー)曰く、毎月捲るのが楽しみだったという。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た鹿男あをによし

    鹿男あをによし(2008年、フジテレビ) - リチャード役児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た博多

    東宝専属となったもののいわゆるエキストラとしてセリフのない通行人役が長らく続く。1959年封切「鉄腕投手 稲尾物語」に通行人役として出演、それまで撮影所の掲示板に貼り出される仕出しの仕事を無為にこなす日々を送っていたが、この作品は児玉にとって不本意だった俳優業に興味が沸き始める転機となった。それは当作品のロケで博多に滞在していたある夜、宿舎で年下のスター俳優に誘われ立ち寄った喫茶店で、サインを求めてきたウエイトレスが児玉も人気俳優だと思い込み色紙を差し出したところ、年下のスター俳優が「この人は雑魚だからサインを貰っても意味ないよ!」と言ったことに一念発起、「10年間は俳優として頑張ろう!」と心に誓う。その後は次第にセリフのある役柄を得るようになってはいたが、相変わらず端役が続いていた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た葬儀

    通夜は5月20日、葬儀・告別式は5月21日に護国寺(東京都文京区)で営まれ、多くの芸能・放送関係者が弔問に訪れた。法名は「修讀院釋清優(しゅうとくいんしゃくしょうゆう)」。遺体は、新宿区の落合斎場で荼毘に付された。児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 91 - 100件表示

「児玉清」のニューストピックワード