335件中 91 - 100件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た中日ドラゴンズ

    1984年秋、深夜に激しい腹痛を覚え、盲腸の破裂に因る急性腹膜炎を起こし3週間入院した。この折『アタック25』の司会代役を務めたのは、タレントの板東英二(元プロ野球中日ドラゴンズ投手)である。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た太平洋戦争

    実際の出生日は1933年12月26日だが、当時は数え年で年齢がカウントされていた(数え年は、生まれ年を1歳とするため、左記の場合生誕6日後には年が明け2歳になる。法律上は1902年に満年齢を使用する事が定められていたが、慣習上太平洋戦争後まで使われていた)ため、1週間足らずで2歳になるのを嫌った親が出生日「1月1日」で出生届を出したという。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た政治家

    また「われらは何をなすべきか」のひと月前、同じく『文藝春秋』の4月号にも寄稿し「誰もビジョンを示さない」「目先のことだけしか頭にない」と政治家たちを批判している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たMr.サンデー

    最後の仕事となったNHK BSプレミアムのPR用映像 には、読書家であり『週刊ブックレビュー』の司会も務めた児玉を象徴するかのように、古書店の店主役で出演した。この映像では、古書店を訪れた女子高生2人に児玉がBSプレミアムを薦める、というものであり、生前の代表作の一つ『アタック25』(後述)のノリも少し入っていた。後日、2011年5月28日『週刊ブックレビュー』の児玉の追悼企画「児玉清さん〜本と歩いた18年」、2011年6月26日『Mr\.サンデー』の特集「初公開…愛蔵本伝える児玉清さん"遺言"」 でも映像が紹介。2011年10月にはハヤカワミステリマガジン協力、紀伊国屋書店製作の「英語で楽しむミステリ小説フェア 児玉清さんが愛した小説たち」と言う無料小冊子を配布した。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た著作権

    2006年『文藝春秋』7月号での「首相靖国神社に参拝に関するアンケート」という特集記事に寄稿している。内容は「自国の存立と繁栄を願って尊い命を投げ打った人間を祀る靖国神社に首相が参拝することは当然」とし「A級戦犯合祀ついては戦犯は戦勝国による烙印」にすぎない上に、彼らは死を以って贖罪は済ませているので、参拝の障害にならない」と首相参拝を支持している。大戦に関しては「過去に過ちのない個人もいないように、過去に過ちのない国もない」と日本を擁護。「(中国の)反日運動こそ謀略だ」とし、中国の李肇星外相の発言や中国の著作権問題に言及して「滅茶苦茶な国の何たる妄言暴言か」と激しく非難している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たPlayStation (ゲーム機)

    富士通パソコンシステムズ「パネルクイズ アタック25」(1998年) - PlayStation版およびパソコン版のゲームソフト。児玉が映像と声で出演した。当時の出題者である相馬宏美も児玉と同様に映像と声で出演したほか、パッケージに児玉・相馬の写真が掲載されている。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た日焼け

    日焼けして読めなくなった古い文庫をやむなく捨てたところ、その本が絶版になり強く悔やんだ経験から、それ以来本を捨てないようになった。しかし1万冊以上の蔵書をかかえ、その重みで家の床が傾く等の問題が現実化したことから、誰かに預かってもらうことを検討していた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た汐留

    食べる事も好きで、東京・汐留のホテルにある日本料理店によく通っていた。必ずと言って良いほどステーキ定食を注文していたが、料理長に刺身もリクエストするなど、ささやかに接していた。ちなみに中トロと貝が好物であった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たカレンダー

    また、自ら制作した切り絵の作品によるカレンダー(非売品)を毎年制作しており、親しい知人や関係者に配布されていた。『アタック25』で問題読みを担当する加藤明子(ABCアナウンサー)曰く、毎月捲るのが楽しみだったという。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た博多

    東宝専属となったもののいわゆるエキストラとしてセリフのない通行人役が長らく続く。1959年封切『鉄腕投手 稲尾物語』に通行人役として出演、それまで撮影所の掲示板に貼り出される仕出しの仕事を無為にこなす日々を送っていたが、この作品は児玉にとって不本意だった俳優業に興味が沸き始める転機となった。当作品のロケで博多に滞在していたある夜、宿舎で年下のスター俳優に誘われ立ち寄った喫茶店で、サインを求めてきたウエイトレスが児玉も人気俳優だと思い込み色紙を差し出したところ、年下のスター俳優が「この人は雑魚だからサインを貰っても意味ないよ!」と言ったことに一念発起、「10年間は俳優として頑張ろう!」と心に誓ったのだという。その後は次第にセリフのある役柄を得るようになってはいたが、相変わらず端役が続いていた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

335件中 91 - 100件表示

「児玉清」のニューストピックワード