303件中 11 - 20件表示
  • 児玉清

    児玉清から見たフジテレビジョン

    また、解答者がクイズに正解した場合、「正解」ではなく「結構!」または「その通り!」と言うのが大きな特徴であったが、2007年6月頃から「正解!」とも言うようになった。これは「博多華丸が児玉の物真似をするようになってから、バラエティー番組で執拗に「その通り!」を連発するようになり、客席からクスクス笑い声が時々聞こえたことを意識し、それを言い続けると逆に自分がそれを真似ているのかもしれないという思いで変更した」と、フジテレビ『森田一義アワー 笑っていいとも!』2007年9月5日放送の「テレフォンショッキング」にゲスト出演した際に語っていた。晩年は、「正解」「結構」が半々ぐらいの割合で聞かれることが多く「その通り」は回数が少なくなった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た日本テレビ放送網

    なお、最後の仕事は、2011年3月23日に収録されたNHK BSプレミアムPR用映像(後述)。テレビ出演は同年4月30日放送の『ワーズハウスへようこそ』(日本テレビ)が最後となった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たテレビ朝日

    「俳優として売れないころ、何か作って(生活の)足しになればと思って始めた」のがきっかけで、長年切り絵を趣味としていた。テレビ朝日『徹子の部屋』などのインタビュー番組への出演時にもその腕前が紹介された。また、死去直前に入院した際にも、切り絵の道具を病室に持ち込んでいたほどである。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た東リ

    2003年には自身の切り絵作品を紹介した『たったひとつの贈りもの わたしの切り絵のつくり方』(朝日出版社)を出版した。2008年には竹内まりやのシングル『幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)』のジャケットとして、切り絵作品を制作し提供した。また、かつて『アタック25』のスポンサーであった東リから、児玉の切り絵を原画にしたラグとマット「HOOK RUG & MAT with KIYOSHI KODAMA」も発売された。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た集英社

    しかし時季は4月目前、就職先が決まらず結局、知人が手を回して応募してくれていた東宝映画第13期ニューフェイス(新人俳優の募集)の面接試験に臨み、合格した。試験当日の朝は1時間前に急に思い立ち、世田谷区岡本の自宅そばにあった停留所にたまたま東宝撮影所行きのバスが停車、すかさず飛び乗り向かったこともあり、水着持参であることも知らず水着審査で下着のパンツ一枚で参加し審査員から奇異の目にさらされるも、質問にウィットあふれる回答を返し、逆に歓心を買った、という逸話がある。この逸話は『トリビアの泉』や著書『負けるのは美しく』(集英社)で明かされている。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たYOU (タレント)

    T.M.Revolutionの西川貴教から「理想の父親」として尊敬されており、ニッポン放送『西川貴教のオールナイトニッポン』に度々出演した。タレントのYOUも番組などで好みの男性として名をあげるのも有名な話。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た柳葉敏郎

    日本コカ・コーラ、大豆ノススメ(2005年) - 柳葉敏郎と共演児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た司葉子司 葉子

    しかし、1961年4月封切の『別れていきるときも』で司葉子の初恋の相手役に抜擢されたことをきっかけに、頭角を現していく。黒澤明監督作『悪い奴ほどよく眠る』に出演した際は、「とにかく目立とう」と必要以上に大げさな演技やフレームインを繰り返し、激怒した黒澤にいじめ抜かれる。友人にそそのかされた児玉は「世界のクロサワ」を殴ることを決意するまでに至ったが、なんとか踏みとどまり、実行には移さずに出番を終える。のちに黒澤が自分のことを陰で「あの血気盛んさを10年持ち続ければものになる」と評価していたことを聞き、腰が砕けたと語っている。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た西川貴教西川 貴教

    T.M.Revolutionの西川貴教から「理想の父親」として尊敬されており、ニッポン放送『西川貴教のオールナイトニッポン』に度々出演した。タレントのYOUも番組などで好みの男性として名をあげるのも有名な話。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た沢木美佳子

    デジキューブ「パネルクイズ アタック25」(2002年) - プレイステーション2版。ゲーム内に登場する児玉はCGで、声は児玉本人によるもの。当時の出題者である沢木美佳子も児玉と同様にCGと声で出演したほか、パッケージに児玉・沢木の写真が掲載されている(バックはパネルボード)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 11 - 20件表示

「児玉清」のニューストピックワード