303件中 21 - 30件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た宮本輝

    宮本輝『天の夜曲』(新潮文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た水前寺清子水前寺 清子

    1964年8月、東宝専属の中堅女優だった北川町子と結婚。まもなく彼女が女優を辞めたため、会社ばかりかベテラン女優の賀原夏子からも残念がられ、彼女が復帰する際は知らせてほしいと言われめげる。結局、1967年に東宝を退社してフリーとなり、テレビドラマに活動の場を移す。水前寺清子主演の『ありがとう』で一躍人気を得て、以後ホームドラマなどで活躍する。しかし、テレビドラマも機器の向上と演出方法の変化によりカット割りが多くなり、通しでの演技ができなくなったことや、時代と共にホームドラマの制作も減少の一途を辿ったために、徐々に仕事を減らすようになった。1975年に朝日放送のクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、36年にわたり司会を行った(詳細は後述)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た北方謙三

    北方謙三『鬼哭の剣』(新潮社文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た林真理子

    林真理子(小説家)が児玉を成田国際空港で見かけた際に、児玉のハンドキャリー荷物は洋書1冊だけで、その1冊を検査機に通し、ピックアップする姿が非常に颯爽としていたことに感じ入ったと書き記している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た黒澤明

    しかし、1961年4月封切の『別れていきるときも』で司葉子の初恋の相手役に抜擢されたことをきっかけに、頭角を現していく。黒澤明監督作『悪い奴ほどよく眠る』に出演した際は、「とにかく目立とう」と必要以上に大げさな演技やフレームインを繰り返し、激怒した黒澤にいじめ抜かれる。友人にそそのかされた児玉は「世界のクロサワ」を殴ることを決意するまでに至ったが、なんとか踏みとどまり、実行には移さずに出番を終える。のちに黒澤が自分のことを陰で「あの血気盛んさを10年持ち続ければものになる」と評価していたことを聞き、腰が砕けたと語っている。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た百田尚樹

    百田尚樹『永遠の0』(講談社文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たT.M.Revolution

    T\.M\.Revolutionの西川貴教から「理想の父親」として尊敬されており、ニッポン放送『西川貴教のオールナイトニッポン』に度々出演した。タレントのYOUも番組などで好みの男性として名をあげるのも有名な話。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た城山三郎

    城山三郎『そうか、もう君はいないのか』(新潮文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た菅直人

    2011年3月、児玉が緊急入院する直前『文藝春秋』5月特別号の東日本大震災に関する特集記事「われらは何をなすべきか」に寄稿していた。内容は「この国の危機管理のお粗末さに日々唖然」から始まり、「"決死で頑張る"とか精神論を披歴するだけ、まるで昔の旧軍人総理となんら変わらない幼稚さ」であると、菅直人首相(当時)の震災への対応について厳しく批判。さらに東京電力による福島第一原子力発電所事故に対する対応についても「日本は完全に幼稚化した人間たちがリーダーシップを握っていることを露呈」などと綴ったものであった。また「被災地へヘリコプターで物資を投下」といった提言も行っている。原稿は手書きでFAXを使って寄稿されており、後に編集部に対し「内容に満足できないので、ボツでも構いません。ご判断をお任せします。必要とあれば書き直します」と電話で伝えてきたといわれる。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た宮部みゆき

    宮部みゆき『孤宿の人』(上下、新潮文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 21 - 30件表示