303件中 31 - 40件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た日本たばこ産業

    日本たばこ産業、ディライト・ファクトリー(2006年)ナレーション児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た松竹

    妖婆(1976年10月16日、松竹児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たアルインコ

    アルインコ - 一時期『アタック25』の提供スポンサーであった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た東京電力

    2011年3月、児玉が緊急入院する直前『文藝春秋』5月特別号の東日本大震災に関する特集記事「われらは何をなすべきか」に寄稿していた。内容は「この国の危機管理のお粗末さに日々唖然」から始まり、「"決死で頑張る"とか精神論を披歴するだけ、まるで昔の旧軍人総理となんら変わらない幼稚さ」であると、菅直人首相(当時)の震災への対応について厳しく批判。さらに東京電力による福島第一原子力発電所事故に対する対応についても「日本は完全に幼稚化した人間たちがリーダーシップを握っていることを露呈」などと綴ったものであった。また「被災地へヘリコプターで物資を投下」といった提言も行っている。原稿は手書きでFAXを使って寄稿されており、後に編集部に対し「内容に満足できないので、ボツでも構いません。ご判断をお任せします。必要とあれば書き直します」と電話で伝えてきたといわれる。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た新潮社

    寝ても覚めても本の虫(新潮社、2001年、ISBN 4104495018 / 新潮文庫、2007年)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た毎日放送

    小池清 - 元毎日放送アナウンサー・『アップダウンクイズ』2代目司会者で、出身地が児玉と同じ。2012年4月に80歳で没。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た朝日新聞出版

    朝日新聞出版の主催する公募文学賞『朝日時代小説大賞』の選考委員を務め、その関連で、山本一力・縄田一男との共著『ぼくらが惚れた時代小説』(朝日新書、2007年)や、その二人と共選で『人生を変えた時代小説傑作選』(文春文庫、2010年)を出している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た講談社

    芸能界きっての読書家としても知られ、多くのエッセー・書評も執筆している。年に数回海外旅行に行く際には、飛行機内で分厚い英語原文の小説を読むことが楽しみであったという。なお大好きなポール・リンゼイ『覇者』(講談社刊)の解説では、お気に入りの『FBI物語』とそのほかの作品を比べ、熱く述べている。また、NHKの書評番組『週刊ブックレビュー』の進行役を週替わりで務めた他に、日本図書館協会などが主宰するシンポジウムのコメンテーターも務めたことがある。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た岩波書店

    『図書』(岩波書店の書店配布冊子)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た博多華丸

    また、解答者がクイズに正解した場合、「正解」ではなく「結構!」または「その通り!」と言うのが大きな特徴であったが、2007年6月頃から「正解!」とも言うようになった。これは「博多華丸が児玉の物真似をするようになってから、バラエティー番組で執拗に「その通り!」を連発するようになり、客席からクスクス笑い声が時々聞こえたことを意識し、それを言い続けると逆に自分がそれを真似ているのかもしれないという思いで変更した」と、フジテレビ『森田一義アワー 笑っていいとも!』2007年9月5日放送の「テレフォンショッキング」にゲスト出演した際に語っていた。晩年は、「正解」「結構」が半々ぐらいの割合で聞かれることが多く「その通り」は回数が少なくなった。児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 31 - 40件表示

「児玉清」のニューストピックワード