303件中 41 - 50件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た坂本直足

    2010年には19年ぶりのNHK大河ドラマとなる『龍馬伝』に出演し、主人公・坂本龍馬の父・八平を演じ、これが遺作となる。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た飛行機

    芸能界きっての読書家としても知られ、多くのエッセー・書評も執筆している。年に数回海外旅行に行く際には、飛行機内で分厚い英語原文の小説を読むことが楽しみであったという。なお大好きなポール・リンゼイ『覇者』(講談社刊)の解説では、お気に入りの『FBI物語』とそのほかの作品を比べ、熱く述べている。また、NHKの書評番組『週刊ブックレビュー』の進行役を週替わりで務めた他に、日本図書館協会などが主宰するシンポジウムのコメンテーターも務めたことがある。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た隠し砦の三悪人

    1958年12月28日 - 映画『隠し砦の三悪人』で、芸能界デビュー。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たNHK教育テレビジョン

    テレビでドイツ語(2008年・2009年・2010年、NHK教育児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た日曜劇場

    東芝日曜劇場「霧のサンフランシスコ」(1974年、TBS)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たニッポン放送

    1990年代から本業だったテレビドラマの仕事に消極的だったが、2001年のドラマ『HERO』の出演依頼を断った際に、療養中の娘から説得され一転して引き受けたという。2002年、娘は当時4歳の息子を残し、胃癌により36歳で亡くなった。この頃より俳優としての出演も増え、若い世代からも人気を得るようになった。一方、同年12月にニッポン放送の『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』出演が好評だったことから、2003年6月から『テレフォン人生相談』のパーソナリティを担当するようになった。児玉の実体験を交えて悩みに回答するなど、リスナーからも親しまれていた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た田宮二郎

    田宮二郎 - 学習院時代の同期で、『白い巨塔』で共演した。児玉と同様、俳優であると同時にテレビ司会者としても活躍していた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た守屋浩

    守屋浩の三度笠シリーズ 泣きとうござんす(1961年7月23日、東宝)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た賀原夏子

    1964年8月、東宝専属の中堅女優だった北川町子と結婚。まもなく彼女が女優を辞めたため、会社ばかりかベテラン女優の賀原夏子からも残念がられ、彼女が復帰する際は知らせてほしいと言われめげる。結局、1967年に東宝を退社してフリーとなり、テレビドラマに活動の場を移す。水前寺清子主演の『ありがとう』で一躍人気を得て、以後ホームドラマなどで活躍する。しかし、テレビドラマも機器の向上と演出方法の変化によりカット割りが多くなり、通しでの演技ができなくなったことや、時代と共にホームドラマの制作も減少の一途を辿ったために、徐々に仕事を減らすようになった。1975年に朝日放送のクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、36年にわたり司会を行った(詳細は後述)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た北川大祐 (モデル)

    息子は北川大祐で、一時期「児玉大輔」や「北川大輔」、本名でタレントとして活動していたが、後に引退して会社員をしている。娘は前述の死去までマネージャーを務めていた。児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 41 - 50件表示