303件中 51 - 60件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た北川町子

    1964年8月、東宝専属の中堅女優だった北川町子と結婚。まもなく彼女が女優を辞めたため、会社ばかりかベテラン女優の賀原夏子からも残念がられ、彼女が復帰する際は知らせてほしいと言われめげる。結局、1967年に東宝を退社してフリーとなり、テレビドラマに活動の場を移す。水前寺清子主演の『ありがとう』で一躍人気を得て、以後ホームドラマなどで活躍する。しかし、テレビドラマも機器の向上と演出方法の変化によりカット割りが多くなり、通しでの演技ができなくなったことや、時代と共にホームドラマの制作も減少の一途を辿ったために、徐々に仕事を減らすようになった。1975年に朝日放送のクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、36年にわたり司会を行った(詳細は後述)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た朝日出版社

    2003年には自身の切り絵作品を紹介した『たったひとつの贈りもの わたしの切り絵のつくり方』(朝日出版社)を出版した。2008年には竹内まりやのシングル『幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)』のジャケットとして、切り絵作品を制作し提供した。また、かつて『アタック25』のスポンサーであった東リから、児玉の切り絵を原画にしたラグとマット「HOOK RUG & MAT with KIYOSHI KODAMA」も発売された。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たTBSテレビ

    前述の通り『アタック25』の司会者で有名な児玉だったが、TBS『クイズダービー』にゲスト解答者として出演した時(篠沢秀夫が1枠レギュラーになる前)、解答できずに「わからず」と書いたこともあった。解答できなかった問題は「戦時中英語は敵性語とされ日本語に置き換えられたが、『あてこすり』といえばいったい何であるか?」だった(ちなみに正解はマッチ)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たABCテレビ

    児玉はABCテレビ『パネルクイズ アタック25』の初代司会を、1975年4月6日の放送開始から2011年の死去直前の第1795回まで36年間にわたって務めた(この期間中、1984年、虫垂炎による入院のため収録を1度欠席、通算1793回である)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た日本放送協会

    芸能界きっての読書家としても知られ、多くのエッセー・書評も執筆している。年に数回海外旅行に行く際には、飛行機内で分厚い英語原文の小説を読むことが楽しみであったという。なお大好きなポール・リンゼイ『覇者』(講談社刊)の解説では、お気に入りの『FBI物語』とそのほかの作品を比べ、熱く述べている。また、NHKの書評番組『週刊ブックレビュー』の進行役を週替わりで務めた他に、日本図書館協会などが主宰するシンポジウムのコメンテーターも務めたことがある。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た遠藤展子

    遠藤展子『父・藤沢周平との暮らし』(新潮文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た徳川家康

    大河ドラマ「黄金の日日」(1978年、NHK) - 徳川家康児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た上橋菜穂子

    上橋菜穂子『神の守り人』(上下、新潮文庫)児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た相馬宏美

    富士通パソコンシステムズ「パネルクイズ アタック25」(1998年) - プレイステーション版およびパソコン版のゲームソフト。児玉が映像と声で出演した。当時の出題者である相馬宏美も児玉と同様に映像と声で出演したほか、パッケージに児玉・相馬の写真が掲載されている。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た佐伯泰英

    総兵衛見参!(新潮文庫の「新・古着屋総兵衛」の書店配布小冊子、2010年11月29日、佐伯泰英と東京・青山にて特別対談)児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 51 - 60件表示

「児玉清」のニューストピックワード