303件中 81 - 90件表示
  • 児玉清

    児玉清から見た中日ドラゴンズ

    1984年秋、深夜に激しい腹痛を覚え、盲腸の破裂に因る急性腹膜炎を起こし3週間入院した。この折『アタック25』の司会代役を務めたのは、タレントの板東英二(元プロ野球中日ドラゴンズ投手)である。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た太平洋戦争

    実際の出生日は1933年12月26日だが、当時は数え年で年齢がカウントされていた(法律上は1902年に満年齢を使用する事が定められていたが、慣習上太平洋戦争後まで使われていた)ため、1週間足らずで2歳になるのを嫌った親が出生日「1月1日」で出生届を出したという。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た政治家

    また「われらは何をなすべきか」のひと月前、同じく『文藝春秋』の4月号にも寄稿し「誰もビジョンを示さない」「目先のことだけしか頭にない」と政治家たちを批判している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た連続テレビ小説

    連続テレビ小説「ファイト」(2005年、NHK) - 駒田隆行(疎開した四万温泉の旅館の主人)役児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た大阪市

    児玉は入院中も、担当医師に「大阪まで行くのに、飛行機と新幹線のどちらがいいか」と尋ねたり、ピンクのスカーフを巻くなどおしゃれに気を使いつつ、復帰に意欲を見せていた。また、見舞いに訪れた加藤明子(ABCアナウンサー、2009年より問題読み担当)には「去年(2010年)の10月に胃カメラ飲んどけば良かったんだなぁ」と、病気の早期発見が出来なかったことを悔やむ言葉を漏らしていたという。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たMr.サンデー

    最後の仕事となったNHK BSプレミアムのPR用映像には、読書家であり『週刊ブックレビュー』の司会も務めた児玉を象徴するかのように、古書店の店主役で出演した。この映像では、古書店を訪れた女子高生2人に児玉がBSプレミアムを薦める、というものであり、生前の代表作の一つ『アタック25』(後述)のノリも少し入っていた。後日、2011年5月28日『週刊ブックレビュー』の児玉の追悼企画「児玉清さん〜本と歩いた18年」、2011年6月26日『Mr\.サンデー』の特集「初公開…愛蔵本伝える児玉清さん"遺言"」でも映像が紹介。2011年10月にはハヤカワミステリマガジン協力、紀伊国屋書店製作の「英語で楽しむミステリ小説フェア 児玉清さんが愛した小説たち」と言う無料小冊子を配布した。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見た弁護士

    白い巨塔(1978年、フジテレビ)- 関口弁護士児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たタレント

    児玉 清(こだま きよし、1934年1月1日 - 2011年5月16日)は、日本の俳優、タレント、司会者、作家。本名、北川 清(きたがわ きよし)。出生名及び旧芸名、小玉 清(こだま きよし)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たA級戦犯

    2006年『文藝春秋』7月号での「首相靖国神社に参拝に関するアンケート」という特集記事に寄稿している。内容は「自国の存立と繁栄を願って尊い命を投げ打った人間を祀る靖国神社に首相が参拝することは当然」とし「A級戦犯合祀ついては戦犯は戦勝国による烙印」にすぎない上に、彼らは死を以って贖罪は済ませているので、参拝の障害にならないと首相参拝を支持している。大戦に関しては「過去に過ちのない個人もいないように、過去に過ちのない国もない」と日本を擁護。「(中国の)反日運動こそ謀略だ」とし、中国の李肇星外相の発言や中国の著作権問題に言及して「滅茶苦茶な国の何たる妄言暴言か」と激しく非難している。児玉清 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉清

    児玉清から見たクイズダービー

    前述の通り『アタック25』の司会者で有名な児玉だったが、TBS『クイズダービー』にゲスト解答者として出演した時(篠沢秀夫が1枠レギュラーになる前)、解答できずに「わからず」と書いたこともあった。解答できなかった問題は「戦時中英語は敵性語とされ日本語に置き換えられたが、『あてこすり』といえばいったい何であるか?」だった(ちなみに正解はマッチ)。児玉清 フレッシュアイペディアより)

303件中 81 - 90件表示